トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 貴志祐介

貴志祐介

貴志祐介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

貴志 祐介(きし ゆうすけ、男性、1959年1月3日 - )は、日本の小説家。日本推理作家協会、日本SF作家クラブ会員。過去には岸 祐介(きし ゆうすけ)名義で作品を投稿していた。
=
大阪府大阪市出身。幼い頃から読書に親しみ、中学生時代からミステリやSFを読み始める。1日で7冊読んだこともあったという。清風南海高等学校、京都大学経済学部卒業。大学4年生の頃に投稿をはじめた。大学卒業後、朝日生命保険に入社した当初は小説を書くのを断念していたが、数年後に意欲が芽生えて執筆を再開している。1986年に第12回ハヤカワ・SFコンテストに「岸祐介」名義で応募した、後の『新世界より』の原点となる短編「凍った嘴」が佳作入選する。1987年に「夜の記憶」が早川書房『S-Fマガジン』に掲載された。

受賞歴

貴志祐介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.1.24 【今週はこれを読め! エンタメ編】出版業界の裏側が垣間見られるミステリー〜両角長彦『困った作家たち』

    世にさまざまな職業小説はあれど、本好きならばやはり気になるのは編集者という仕事について書かれたものではないだろうか。"昔手書き原稿だった頃、たいへんなくせ字の作家の文字を解読できる技術を編集者は身に付けていた""例えば作家を囲む会などが催されると、ライバル出版社の担当編集者たちは「あいつより先には絶対帰らない」ということで、全員が朝までご一緒する"など、興味深い逸話には事欠かない気がする。

  • 2017.6.21 作家の読書道 第184回:朝比奈あすかさん

    2006年に『憂鬱なハスビーン』で群像新人文学賞を受賞してデビュー、以来、現代社会のなかでいきる大人の女性の姿から少年や少女の世界まで、さまざまな設定・テーマで作品を発表している朝比奈あすかさん。その作風の幅広さは、幼い頃からの幅広い読書体験、さらには一時期アメリカに住んでいた頃の体験が影響している模様。ではその具体的な作品・作家たちとは?

  • 2017.2.16 【書評】『恐怖小説 キリカ』澤村伊智 - 横丁カフェ

    日本ホラー小説大賞はその選考が厳しいことで知られている。

貴志祐介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

y53k_tw今日読み終わった本貴志祐介「雀蜂」ジャンル的にはホラーということになるのかな。冬の山荘で雀蜂に襲われた一人の男を描く小説。オバケより全然怖いよガクガクブルブル。しかし、話の畳み方には少し期待外れ感があった。普通に終わっても良かった。★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)
rei4_@mo_keshi ホラーとグロは苦手ですが貴志祐介きになります!!!新世界よりは読みました(╹◡╹)!
friends_sokuhuフレンズ速報 : 貴志祐介とかいう作家wwww https://t.co/I43atu3uCj
pippikun121貴志祐介の『新世界より』を読みました。本当に良かった。
Pirosiki_@mikeneko0380 ちょい前の作品になりますが、自分は「硝子のハンマー」「新世界より」あたりが好きです。貴志祐介に限らず、良い作品があれば教えてくださいねー!
mori_345@miho_No310 乙一さん好き!ミステリー好き!ホラーサスペンス好き!!辻村深月の冷たい校舎の時は止まるとか上下巻で好きです!あと貴志祐介の青の炎は少年犯罪の倒叙型ミステリーなので良いです……!みほさんもおすすめあったら是非知りたいです〜!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
貴志祐介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)