トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 打海文三

打海文三

打海文三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

打海 文三(うちうみ ぶんぞう、1948年8月4日 - 2007年10月9日)は、日本の作家。本名、荒井 一作(あらい いっさく)。
東京都出身。早稲田大学政治経済学部を卒業後、映画の助監督、農業を経て1992年に「灰姫 鏡の国のスパイ」で第13回横溝正史ミステリ大賞優秀作を受賞し、作家デビュー。2002年「ハルビン・カフェ」で第5回大藪春彦賞受賞。2007年、心筋梗塞にて逝去。歳没。2008年10月、「裸者と裸者」、「愚者と愚者」に続く近未来の日本での内戦を描く『応化戦争記シリーズ』の完結編となるはずだった「覇者と覇者」が上下巻合本で未完(下巻の第3章まで)のまま刊行された。
=
灰姫 鏡の国のスパイ
*角川書店 1993年5月 ISBN 9784048727594
時には懺悔を
*角川書店 1994年9月 ISBN 404872813X
*角川文庫 2001年9月 ISBN 4043615019
そこに薔薇があった
*集英社 1994年4月 ISBN 4087744078
*中公文庫 2005年7月 ISBN 4122045541
兇眼
*徳間書店 1996年11月 ISBN 419860598X
*徳間文庫 2005年6月 ISBN 4198922527
されど修羅ゆく君は
*徳間書店 1996年5月 ISBN 9784198926571
*徳間文庫 2003年3月 ISBN 4198912726
ピリオド
*幻冬舎 1997年10月 ISBN 4877281835
Rの家
*マガジンハウス 2001年1月 ISBN 4838712839
ハルビン・カフェ
*角川書店 2002年4月 ISBN 4048733486
*角川文庫 2005年7月 ISBN 4043615027
愛と悔恨のカーニバル
*徳間書店 2003年3月 ISBN 419861654X
*徳間文庫 2007年9月 ISBN 9784198926571
一九七二年のレイニー・ラウ
*小学館 2004年12月 ISBN 4093875359
*小学館文庫 2008年10月 ISBN 9784094083163
ロビンソンの家
*中央公論新社 2004年2月 ISBN 412500837X
*中公文庫 2005年10月 ISBN 4122045959
ぼくが愛したゴウスト
*中央公論新社 2005年4月 ISBN 4120036324
苦い娘
*中公文庫 2005年4月 ISBN 4122045134
ドリーミング・オブ・ホーム&マザー
*光文社 2008年2月 ISBN 9784334925970

受賞歴

打海文三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.1.16 元自衛官が小説家デビュー 山形在住の斎藤順一さん 「焔火(ほむらび)」で小説現代長編新人賞を受賞

    陸上自衛隊施設科の元3曹で、現在、山形県南陽市職員の斎藤順一さん(44)=筆名・吉村龍一=が書いた小説「焔火(ほむらび)」が講談社主催の「第6回小説現代長編新人賞」に選ばれ、1月5日、同社から出版された。吉村さんは第2作として元自衛官たちが主人公の冒険小説を準備中で、昨年12月に陸自20普連(神町)で現職のレンジャー隊員を取材。自身の部隊勤務経験も生かし、「国民の見えないところで汗を流す"漢(おとこ)"の姿を描きたい」と話している。

打海文三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Hussain0825@ofuro13 打海文三を読んでくれ。ファンを増やしたい。
penguin3_hb打海文三が応化って言ってたし次の元号は応化やな(適当)
Kaworu911打海文三は全部読破しようかな。
coma2619あと、打海文三「灰姫」の冒頭だけ読み返したい(前も書いた)。ウラジオストク。
esukiesuji相変わらず記憶が曖昧だけど、たしかこの本で内海文三さん(後の打海文三さん)の「わが青春のウルトラマンタロウ」が紹介されていたような…… https://t.co/uNUJ0C0VTq
inagaquilala作家の打海文三さんが突然この世を去ってから10年たつ。最初にこの小説集を編んだのは2004年なので、それからは15年近く。本書に収録した「路環(コロアネ)島にて」は、ここマカオを舞台にした小説だ。生前、この街によく足を運んでいた打… https://t.co/MhdTDzQTKF
nidosino打海文三「裸者と裸者」。日本が経済的に崩壊して貧困戦争の舞台になるという話。数字やエミュレートの緻密さもさるものながら、淡々と温かみをもって紡がれる少年兵と戦争の境目がどうしても最後まで読ませてくる
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
打海文三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)