トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 道尾秀介 > ラットマン

ラットマン(道尾秀介)

ラットマン(著者:道尾秀介)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ラットマン
  • 著者:道尾 秀介
  • ページ数:290
  • 出版社:光文社
  • ISBN-10:4334925936
  • ISBN-13:9784334925932

ラットマン関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2011.4.1 きらら熱烈インタビュー 第70回 道尾秀介さん

    作家ができる唯一の恩返しは、いい本を書くことしかない。 『月と蟹』で第144回直木賞を受賞した道尾秀介さん。

  • 2010.12.1 bestseller's interview 第22回 道尾 秀介さん

    気鋭の小説家・道尾秀介さんの新作長編『月と蟹』がついにドロップした。今作の主人公は道尾作品にとって久しぶりとなる「子ども」。小学5年生の慎一と春也はどうして神様を創り出したのか? 大人の眼からは見えない子どもの純粋で残酷な世界を描いた今作について、道尾さんにインタビューを行った。

  • 2010.10.28 著者インタビュー - 道尾秀介さん『月と蟹』

    小学生の慎一と春也はある日、ヤドカリを使った"ヤドカミ様"なる願い事遊びを考え出す。百円が欲しい、いじめっ子をこらしめたい――他愛のない儀式にやがて母を亡くした同級生の鳴海も加わり、子供たちのやり場のない"祈り"は周囲の大人たち、さらには彼ら自身に暗い刃を向けていく……。今年5月に『光媒の花』で第23回山本周五郎賞を受賞、また『向日葵の咲かない夏』が「2009年最も売れた文庫本」になるなど、注目度No.1の作家・道尾秀介さん。最新作『月と蟹』は、誰もが通り過ぎた10歳の頃の微妙な心情を瑞々しい筆致で描いた1冊です。少年と少女の思いが切なく胸に迫る、この小説の創作の裏側を道尾さんに伺いました。

道尾秀介のその他受賞歴(候補含む)

ラットマン関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

novel_uta@pocket_book123 道尾秀介さんの「ラットマン」、似鳥鶏んの「彼女の色に届くまで」ですかね〜
snowflake_blue一日一集合体。最近読んだ本紹介。道尾秀介 ラットマン https://t.co/ZagPNWrkXi
mysterybot2取り戻せないのだろうか。人は、何も取り戻せないのだろうか。(『ラットマン』/道尾秀介)
wordsinbooksbot大きな過ちに気がついたのだ。(道尾秀介著、ラットマン)
fumichi_book道尾秀介さん『ラットマン』#読了 です✨人が誰かに抱く疑惑や猜疑。その感情が膨らんでいくにつれて、人間は醜い生き物になっていく。誰かを傷つけてでも「相手が悪いんだ」と自分を正そうとする。その先に残るのは嫌悪感だけ…のはずだ… https://t.co/whOoRJgecN
boobookwords一生懸命に真似をすればその人の本当にやりたかったことが分かる。(『ラットマン』道尾秀介p96)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)