トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 朱川湊人

朱川湊人

朱川湊人さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

朱川 湊人 (しゅかわ みなと、1963年1月7日 - ) は、日本の小説家、大阪府出身。
5歳の時に両親が離婚して以降は父と2人の兄と生活を共にし。慶應義塾大学文学部卒業。
小学生の頃から江戸川乱歩やシャーロック・ホームズシリーズなどを読んでいたが、中学生になると太宰治に憧れ、太宰を真似た作品を書き始める。そして高校3年生の時に放送局の公募文芸賞に応募して佳作に入選し、小説家を志す。大学時代も新人賞に応募するなどしていたが、大学卒業後は美術雑誌を発行する出版社に就職する。しかし夢を諦めきれず27歳の時に退社。結婚して娘や息子が生まれ、公務員の妻が働き自分は家で小説を書く生活を続けるが、新人賞は落選続きだった。しかし作風を変え、開き直ってホラー作品を執筆したところ、2002年に「フクロウ男」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。2003年に「白い部屋で月の歌を」で日本ホラー小説大賞短編賞を受賞した。
2005年、42歳の時に『花まんま』で直木賞受賞。
2006年、特撮・アニメ好きがきっかけで『ウルトラマンメビウス』の第32話「怪獣使いの遺産」他2本の脚本を手がけ、後に小説版『ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント』の執筆を担当した。

朱川湊人新刊

  • 発売日
    2019年1月4日
  • 書名
    わたしの宝石 (文春文庫)
  • 発売日
    2018年9月19日
  • 書名
    アンドロメダの猫

受賞歴

朱川湊人関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

朱川湊人関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

piece_b0t何かもらえると思ってやって来る、彼らの期待に満ちた目を裏切るのは苦痛です。 by『ひかり猫』朱川湊人
boobookwords哀しい出来事が消えてなくなるはずはない。それはただ隠されただけでずっとそこにあるのです。(『わくらば日記』朱川湊人p227)
ehonfbot私の前には名物の電気ブランデー、雪華の前にはブドウ酒のグラスがある。「よく、そんなに強い酒が呑めますね。口に入れただけで、舌が焼けるようですよ」「だからこそ電気なんだろう」(鏡の偽乙女 薄紅雪華模様 朱川湊人)
hit4boy朱川湊人『花まんま』市井の人々にスポットをあてた日常における不思議系の短編集。怪異譚とまではいかない絶妙のバランスが特徴的です。昭和なノスタルジーが良いですね。苦しむ人々へ言葉によって安楽死をもたらす老婆「送りん婆」がオススメ。直… https://t.co/Dzb7kSI852
honmusi0330_02『水銀虫』 朱川湊人世にも奇妙な物語にて映像化された「クリスマスの怪物」(原作:薄氷の日)の原作を知りたくて購入しました。日常の中に潜む非日常、静かな狂気、忍び寄る惨劇。どれも短く、余韻の残る終わり方で物語の先を考えてしまいま… https://t.co/IheRBcgAV8
vivi_darkhollow眠れないので夜の端っこで無駄話世に奇妙の録画してたやつみてたのよこの前の18秋のやつね朱川湊人先生の映像化だったのなーリアルタイムで見てなくて
R_L_bot_3小説『花まんま』で第133回直木賞を受賞しました朱川湊人(ライエフェ)→しゅかわみなと
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
朱川湊人さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)