トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山田正紀

山田正紀

山田正紀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山田 正紀(やまだ まさき、1950年1月16日 - )は、日本の作家。
愛知県名古屋市生まれ。明治大学政治経済学部卒業。日本推理作家協会会員。本格ミステリ作家クラブ会員。日本冒険作家クラブ元会員。
日本SF作家クラブでは第12代会長を務めたが、2014年現在は退会している。
子供時代は漫画家を目指していた。大学を1年間休学して、イスラエルのキブツで暮らすなど海外放浪。帰国して大学卒業後、同人誌『宇宙塵』で作品を発表していたが、編集人であった柴野拓美に託した中編小説が柴野によって『SFマガジン』に手渡されることになり、1974年、中編「神狩り」が『SFマガジン』誌に掲載され作家デビューすることになる。デビュー後、「百科事典の出版社」に正式入社するが、半年で退職。
『SFマガジン』には、立て続けに「流氷民族」(単行本化時に『氷河民族』に改題)を連載して、大物新人SF作家としての地位を固めた。かんべむさし、堀晃らとともに、星新一、小松左京、筒井康隆らの日本SF第一世代に続く、第二世代と呼ばれる。その後、冒険小説、ミステリなどにも発表ジャンルを広げる。
SFにおいては、骨太なアイデアで構成する難解で本格的な作品(デビュー時から「想像できないことを想像する」ことが信条であると発言している)からエンターテイメントに徹した作品まで幅広い。またロストワールドもの(「魔境物語」など)や、ジョン・W・キャンベルへのオマージュ「物体X」など、古典的な題材を取り上げることも多く、マニアックなファン層にもアピールしている。学生時代に中近東を放浪した経験があり、作品世界にも影響を与えている。
デビュー当初は『神狩り』『弥勒戦争』『神々の埋葬』など神をテーマにした作品が多く、これらは「神シリーズ」と呼ばれる。
SF系の作品では未完のものが多いが、『機械獣ヴァイブ』のように、17年の空白期間を経て完結した作品もある(『機械獣ヴァイブ〈4〉獣転生篇』が1988年6月刊行、改題・増補された『未来獣ヴァイブ』が2005年8月刊行)。
ミステリ界での「新本格」胎動後は、ミステリに大きく軸足を移し、近年はミステリ作品を数多く発表している。
『イノセンス After The Long Goodbye』で、ノベライズ初挑戦。(原作:押井守監督映画「イノセンス」) 映画の前日譚にあたる近未来ハードボイルド。

山田正紀新刊

  • 発売日
    2018年5月25日
  • 書名
    バットランド

受賞歴

山田正紀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

山田正紀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

abogard_ausfB #日本SF読者クラブ 草野原々「最後にして最初のアイドル」読了。謎の感動。「SFとはめまいだ」というテーゼがあって(山田正紀の文章より援用)、なんか久しぶりにそういうものを読まされた気分。一見バカSFのようだけれど、このテーマでこ… https://t.co/YU2bE6mpWo
kurotuki_3川又千秋- 宇宙船∞号の冒険山田正紀- 顔のない神々谷甲州- 軌道傭兵 https://t.co/aiKQKWISIx
miltutu日向旦「世紀末大バザール 六月の雪」(東京創元社)読了。選考会上で物議を醸した末(山田正紀先生の解説に詳しい)に第15回鮎川哲也賞佳作に選ばれた異色作。ノストラダムスの予言の日が近づいた1999年5月、何となく大阪に向かった本多巧… https://t.co/qf4zIE1RcG
satosiTS短編部門賞候補雲の中の悪魔(「BATLAND」収録) 山田正紀エターナル・レガシー(「超動く家から」収録) 宮内悠介ディレイ・エフェクト(「ディレイ・エフェクト」収録) 宮内悠介宇宙ラーメン重油味(SFマガジン月号収録) 柞刈湯葉
rairen_bot1:日本のSF作家 2:宝石泥棒 3:最後の敵 4:機神兵団 A:山田正紀
Shugetsu_Shu>RT小説『神狩り』ハルキ文庫版にある大森望氏の解説で、『山田正紀の"神"三部作の影響を強く受けて、『南海奇皇』を企画したという脚本家の會川昇は、「ゴジラをはじめとする日本の怪獣は、本来、神の眷属だった」と語る。』とあったのを思い出しますね。
kijiro_bot『謀殺のチェス・ゲーム』が昭和五一年に書かれていることに注目。この年は日本冒険小説元年といっていいほど、この手の作品が多く世に出た年で、田中光二『失われたものの伝説』も同年に書かれている。つまりこの小説は、そういう時代に山田正紀があえて放った自信の一冊なのである。*k6
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山田正紀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)