トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 米澤穂信

米澤穂信

米澤穂信さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

米澤 穂信|よねざわ ほのぶ|1978年 - は、日本の小説家、推理作家。岐阜県出身。岐阜県立斐太高等学校、金沢大学文学部卒業。男性。
物心ついた頃から漠然と作家業を志すようになる。11歳でハーバート・ジョージ・ウェルズ『宇宙戦争』の続篇という形で二次創作を書き米澤穂信、綾辻行人、他|2013|p=18、中学2年生あたりからオリジナルの小説を書き始めた。金沢大学文学部の2年生から、ウェブサイトでネット小説サイト「汎夢殿」(はんむでん)を運営し、作品を発表し始める(デビューが決まった後「汎夢殿」は一旦閉鎖され、これらの作品は現在読むことが出来ない米澤穂信、綾辻行人、他|2013|p=20。
大学卒業後は、「2年間だけ小説の夢にチャレンジしたい」と両親を説得して、岐阜県高山市で書店員をしながら執筆を続ける。そして2001年、『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞してデビュー。『氷菓』は「汎夢殿」で発表した作品の中で反響が大きかったのを受けて応募を決めた米澤穂信、綾辻行人、他|2013|p=29。この賞に応募した理由として、ライトノベルとミステリーの組合せに未来を感じたことと、また別の賞の締切りに遅れてしまったこと、の2つをあげている。そして『〈古典部〉シリーズ』である『氷菓』が角川スニーカー文庫内に新たに立てられた「スニーカー・ミステリ倶楽部」の第1回配本として、続いて『愚者のエンドロール』が刊行された。
ところが、〈古典部〉シリーズ3作目にして完結編として執筆されていた『さよなら妖精』の出版がレーベルの傾向との違いにより困難となった、2004年、推理小説に強い東京創元社から出版される運びとなる。架空の国から、米澤の卒業論文のテーマであったユーゴスラヴィア米澤穂信、綾辻行人、他|2013|p=22へと舞台を変え、ノンシリーズ作品として出版された本作米澤穂信、綾辻行人、他|2013|p=13は、2005年版の『このミステリーがすごい!』(宝島社)の国内部門で20位となり、米澤穂信の名を広く世に広める結果となった。同年には〈古典部〉シリーズと同じく日常の謎を主に扱う〈小市民〉シリーズの第一作『春期限定いちごタルト事件』(創元推理文庫)を刊行した。この年の頃、岐阜から東京へ引越した。
2008年に刊行した『儚い羊たちの祝宴』(新潮社)の頃からミステリの謎解き部分だけでなく物語の味わいそのものにも目配りした作品作りを心がけるようになり米澤穂信、綾辻行人、他|2013|p=23、2010年発表のファンタジーテイストを取り入れた本格推理小説『折れた竜骨』(東京創元社)は日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門を受賞した。
2012年に〈古典部〉シリーズが『氷菓』という題名で京都アニメーション制作によりアニメ化され人気を博し、米澤の名はアニメファンにも知れ渡るようになった。2013年よりミステリーズ!新人賞の選考委員を務めている。
2014年に刊行した短篇集『満願』は「ミステリが読みたい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」の国内部門1位で史上初のミステリ・ランキング3冠に輝くとともに、第27回山本周五郎賞を受賞し、第151回直木三十五賞の候補作にもなった。
2015年に刊行した『王とサーカス』も「ミステリが読みたい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」の国内部門1位となり、『満願』に続いて2年連続でミステリーランキング3冠に輝いた。
2016年、英語圏最大の文芸誌『Granta』日本語版でGranta Best of Young Japanese Novelistsに選出される。
2021年、『黒牢城』で第12回山田風太郎賞を受賞した。また、同作で「ミステリが読みたい!」「週刊文春ミステリーベスト10」「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」の国内部門1位となり、史上初となるミステリ・ランキング4冠を達成した。さらに『週刊朝日』の「2021年歴史・時代小説ベスト3」で1位に選出された。
2022年、同作で第166回直木三十五賞、第22回本格ミステリ大賞小説部門を受賞。

受賞歴

米澤穂信関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

米澤穂信関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sRejHQcGFaftYLG@mysteryshiori ぺきょさん、栞さんこんにちは!はひふへほということなのでひー米澤穂信氏の氷菓、ふーフロスト始末(フロスト警部シリーズの中の1冊です。) この2冊は以前あべしいさんが動画の中で紹介していました。
chibimaro1203夏季限定トロピカルパフェ事件 / 米澤穂信 #読了 シリーズ2冊目。 https://t.co/sYsOIm4KZU
thebooksglow『追想五断章』 米澤穂信著 集英社文庫叔父の古本屋に居候している休学大学生芳光は、死んだ父の残した五つの「結末のない物語」を探して欲しいと依頼される。リドルストーリーに隠された秘密が示すものとは?『氷菓』の作者が描く精密な本格ミステリ。読むうちに広がるじわじわとした恐怖!
sstk_760okシャーロックホームズはミステリーのなかで最高の味なのよね 空間とか伏線について理解しながら読むのは難しいけどそこに隠れた人間ドラマが絶妙なテイストなんよ 米澤穂信先生が日本作家では好きなんだけどドイルとは違う ミステリーでも違うから面白いよね
mizuaki_yu米澤穂信/本と鍵の季節 を読み終えた
sontyahanメニューを見ると「アヴォカドのクリーミーサンドウィッチ」なるものがあるらしい。正直に言ってクリーミーなサンドウィッチという語感には食欲減退を覚えるけれど、コーヒーセットがあるし、何より安い。(『秋季限定栗きんとん事件』米澤穂信)
nonbe743インシテミル/米澤穂信#読了「時給112,000円」あり得ないほど高額なアルバイト誤植や詐欺ではないかと疑いながらも参加したのは男女12人7日間の隔離生活を送る上で与えられたのはそれぞれ異なった凶器そんな中で… https://t.co/CkBvS7jw91
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
米澤穂信さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)