トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 米澤穂信

米澤穂信

米澤穂信さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

米澤 穂信(よねざわ ほのぶ、1978年 - )は、日本の小説家、推理作家。岐阜県出身。岐阜県立斐太高等学校、金沢大学文学部卒業。男性。
物心ついた頃から漠然と作家業を志すようになる。11歳でハーバート・ジョージ・ウェルズ『宇宙戦争』の続篇という形で二次創作を書き米澤穂信、綾辻行人、他|2013|p=18、中学2年生あたりからオリジナルの小説を書き始めた。金沢大学文学部の2年生から、ウェブサイトでネット小説サイト「汎夢殿」(はんむでん)を運営し、作品を発表し始める(デビューが決まった後「汎夢殿」は一旦閉鎖され、これら作品は現在読むことが出来ない米澤穂信、綾辻行人、他|2013|p=20。
大学卒業後は、「2年間だけ小説の夢にチャレンジしたい」と両親を説得して、岐阜県高山市で書店員をしながら執筆を続ける。そして2001年、『氷菓』で第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞してデビュー。『氷菓』は「汎夢殿」で発表した作品の中で反響が大きかったのを受けて応募を決めた米澤穂信、綾辻行人、他|2013|p=29。この賞に応募した理由として、ライトノベルとミステリーの組合せに未来を感じたことと、また別の賞の締切りに遅れてしまったこと、の2つをあげている。そして『〈古典部〉シリーズ』である『氷菓』が角川スニーカー文庫内に新たに立てられた「スニーカー・ミステリ倶楽部」の第1回配本として、続いて『愚者のエンドロール』が刊行された。
ところが、〈古典部〉シリーズ3作目にして完結編として執筆されていた『さよなら妖精』の出版がレーベルの傾向との違いにより困難となった。苦境に陥ったが、推理作家の笠井潔の推薦もあって、2004年、推理小説に強い東京創元社から出版される運びとなる。架空の国から、米澤の卒業論文のテーマであったユーゴスラヴィア米澤穂信、綾辻行人、他|2013|p=22へと舞台を変え、ノンシリーズ作品として出版された本作米澤穂信、綾辻行人、他|2013|p=13は、2005年版の『このミステリーがすごい!』(以下「このミス」、宝島社)の国内部門で20位となり、米澤穂信の名を広く世に広める結果となった。同年には〈古典部〉シリーズと同じく日常の謎を主に扱う〈小市民〉シリーズの第一作『春期限定いちごタルト事件』(創元推理文庫)を刊行した。この年の頃、岐阜から東京へ引越した。2008年に刊行した『儚い羊たちの祝宴』(新潮社)の頃からミステリの謎解き部分だけでなく物語の味わいそのものにも目配りした作品作りを心がけるようになり米澤穂信、綾辻行人、他|2013|p=23、2010年発表のファンタジーテイストを取り入れた本格推理小説『折れた竜骨』(東京創元社)は日本推理作家協会賞を受賞した。2014年に刊行した短篇集『満願』は第27回山本周五郎賞を受賞し、また第151回直木三十五賞の候補作にもなった。
2012年に〈古典部〉シリーズが『氷菓』という題名で京都アニメーション制作によりアニメ化され人気を博し、米澤の名はアニメファンにも知れ渡るようになった。2013年よりミステリーズ!新人賞の選考委員を務めている。
2016年、英語圏最大の文芸誌『Granta』日本語版でGranta Best of Young Japanese Novelistsに選出される。

米澤穂信新刊

  • 発売日
    2018年12月14日
  • 書名
    本と鍵の季節 (単行本)
  • 発売日
    2018年8月31日
  • 書名
    王とサーカス 太刀洗万智シリーズ (創元推理文庫)
  • 発売日
    2018年8月30日
  • 書名
    王とサーカス (創元推理文庫)

受賞歴

米澤穂信関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

米澤穂信関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akito0526#私の創元推理文庫神7春期限定いちごタルト事件/米澤穂信夏期限定トロピカルパフェ事件/米澤穂信秋期限定栗きんとん事件(上)/米澤穂信秋期限定栗きんとん事件(下)/米澤穂信英雄たちの朝/ジョー・ウォルトン暗殺のハムレッ… https://t.co/I1shlFpPtV
gyunabegyunabeギュウ・ナーベル賞2016「文化賞」二つ目大刀洗町図書館・米澤穂信あの米澤穂信先生が福岡県で講演会を行った。この歴史的な出来事を実現させた方々にこの賞を贈ります
izumi54336672万が一の時に浴びる社会的な批判を恐れ、危険地帯での取材には報道機関の社員ではなくフリーの人間を送り出すという傾向が生まれた。米澤穂信『王とサーカス』
kusutanitasuku魔法×ミステリといえばやっぱり米澤穂信先生の『折れた竜骨』だよね。あれがぼくは本当に大好きで……。このテーマで書くなら絶対に読んでおいて損はないぞ! とカクヨム勢に念を送っておこう……。あと主従やショタ萌えの人にもおすすめ(赤毛少年従者のニコラくんという最高すぎるキャラが出ます)
tamae3y『本と鍵の季節』(米澤穂信著)読みました……。彼ら2人が誰かの「解いて欲しいけど暴かないで」という謎を解決していく……だけだと思っていたけどラスト2話で(やっぱ来るよな……)って思った。し、ラスト数行これほど(やめて、言わないで)って思わせる文章も無い。
FumikiH好きなものと好きなものを組み合わせた企画が!ワクワク。もちろん真っ先に思い出したのは米澤穂信さんの「折れた竜骨」。 https://t.co/a2a385RBtE
rei8est米澤穂信『折れた竜骨』ヨーロッパの外れの島で領主である父を殺された少女と、事件の解決を任された旅の騎士。容疑者は傭兵、魔術師、吟遊詩人などいかにも怪しげな8人。魔術と呪いの残る世界で繰り広げられる中世ファンタジーでありミステリー… https://t.co/Yonmj4ddoY
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
米澤穂信さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)