トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 米澤穂信 > インシテミル

インシテミル(米澤穂信)

インシテミル(著者:米澤穂信)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:インシテミル
  • 著者:米澤 穂信
  • ページ数:447
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4163246908
  • ISBN-13:9784163246901

米澤穂信新刊

  • 発売日
    2018年12月14日
  • 書名
    本と鍵の季節
  • 発売日
    2018年8月31日
  • 書名
    王とサーカス 太刀洗万智シリーズ (創元推理文庫)
  • 発売日
    2018年8月30日
  • 書名
    王とサーカス (創元推理文庫)

インシテミル関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.7.7 青春は優しいだけじゃない。「放課後ライトノベル」第99回は『ふたりの距離の概算』が気になります!

    気がつけば,今年もあっという間に上半期が過ぎ去ってしまい,クールが変わって新アニメの時期ですが,皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

  • 2010.9.28 映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」公開記念インタビュー 米澤穂信の本棚

    2010年10月16日に公開される映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」の原作者でもあり、「さよなら妖精」や「小市民」シリーズなどミステリーファンを唸らせる作品を多く手がけ、「このミステリーがすごい!」第1位(2010年/作家別)に輝いた、ブクログでも大人気な推理作家・米澤穂信さんに、好きな本や最近気に入った映画や漫画についてお聞きしました。

  • 2009.8.1 きらら著者インタビュー 米澤穂信『追想五断章』

    ミステリであることと、謎が解き明かされたときに誰かの気持ちが浮かび上がるという手法は、今後も追求していきたい。 謎解きの醍醐味を存分に堪能できる仕掛け、読み手の共感を呼ぶ登場人物、そして予測できない着地点。古典部シリーズや小市民シリーズで若い読者に支持されている米澤穂信さんが、新境地を開いた『追想五断章』で、やってくれた。本好きの心をくすぐる設定と読む者を夢中にさせる魅力的な作中作、その後に訪れる読後感には、ひと言で語れない、奥深いものがある。

米澤穂信のその他受賞歴(候補含む)

インシテミル関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

acedia419542441千八百万円! 結城は、あごが落ちるかと思った。それは彼の目的に照らすと、充分インシテミル/米澤穂信
mizukitikiti_タイトルに惹かれて読み進めた なかなか面白くていい……米澤穂信のインシテミルを何故だか思い出した https://t.co/fUvIuXVmwQ
1151_dustダンロンなんか米澤穂信のインシテミルと山田悠介のパズルみたいな感じやんええでええで
kaito_31iceインシテミルは原作が米澤穂信さんだから確実に面白いよ氷菓とかもいいけどこっちも読んで
siiiiinome好きな小説インシテミル(米澤穂信)夜市(恒川光太郎)神様のカルテ(夏川草介)江戸川乱歩傑作集あと神永学の作品がすき。八雲シリーズは読んだことないけど基本ホラーとかミステリーとか読むマンガの方は特に下二つを知ってる人い… https://t.co/ehKquSqBqD
hajime_WT@wt_senkou 米澤穂信作品好きですよ〜氷菓とか小市民とかインシテミルとか読んだのは結構前なので、久々ですが!ありがとうございます!積んでるので少し先にはなりそうですが絶対読みますね!
tanteisanbotノックスの十戒を使った作品に、米澤穂信の「インシテミル」がある。11人の男女が閉じ込められて、殺し合いをする話だな。ちなみにこの作品、映画と原作は全くの別物だから、ぜひ見比べてみてほしい
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)