トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 米澤穂信 > 追想五断章

追想五断章(米澤穂信)

追想五断章(著者:米澤穂信)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:追想五断章
  • 著者:米澤 穂信
  • ページ数:240
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:4087713040
  • ISBN-13:9784087713046

米澤穂信新刊

  • 発売日
    2020年1月31日
  • 書名
    巴里マカロンの謎 (小市民シリーズ) (創元推理文庫)
  • 発売日
    2020年1月30日
  • 書名
    巴里マカロンの謎 (創元推理文庫)
  • 発売日
    2019年12月5日
  • 書名
    妖し (文春文庫)

追想五断章関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.1.9 【今週はこれを読め! エンタメ編】図書委員2人の推理物語〜米澤穂信『本と鍵の季節』

    主役は高校生の男子ふたり。ひとりは顔もよくスポーツもできる。ひとりは人から頼られるタイプ。

  • 2010.10.1 きらら熱烈インタビュー 第63回 米澤穂信さん

    シリーズものでは文章の軽妙を目指して、ギアを変えた作品では枯淡を目指していきたい。 日常の謎解きミステリ「古典部」シリーズでがっちり読者をつかんでいた米澤穂信さん。話題となった『追想五断章』では本格ミステリファンを唸らせ、本読みのプロからも熱い支持を集めている。

  • 2009.8.1 きらら著者インタビュー 米澤穂信『追想五断章』

    ミステリであることと、謎が解き明かされたときに誰かの気持ちが浮かび上がるという手法は、今後も追求していきたい。 謎解きの醍醐味を存分に堪能できる仕掛け、読み手の共感を呼ぶ登場人物、そして予測できない着地点。古典部シリーズや小市民シリーズで若い読者に支持されている米澤穂信さんが、新境地を開いた『追想五断章』で、やってくれた。本好きの心をくすぐる設定と読む者を夢中にさせる魅力的な作中作、その後に訪れる読後感には、ひと言で語れない、奥深いものがある。

米澤穂信のその他受賞歴(候補含む)

追想五断章関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

marchenicamm【読了】『追想五断章 (集英社文庫)』米澤穂信 https://t.co/L510d4m0mY #booklog
thebooksglow『追想五断章』 米澤穂信著 集英社文庫叔父の古本屋に居候している休学大学生芳光は、死んだ父の残した五つの「結末のない物語」を探して欲しいと依頼される。リドルストーリーに隠された秘密が示すものとは?『氷菓』の作者が描く精密な本格ミステリ。読むうちに広がるじわじわとした恐怖!
ynGVrw3QF2BqfAT@Beniyama_Shin ぼなぁらさんおすすめミステリーそうです! こういうのを待っていたんです!今なんとなくオススメしたいミステリーということで!1位 米澤穂信『追想五断章』2位 初野晴『向こう側の遊園』3位 逸木裕『虹を待つ彼女』
KOUHAIki@AwaveDaemon 米澤穂信さんの追想五断章とかボトルネックとかオススメです
woKGZFK4HYYgvwr米澤穂信氏の『追想五断章』を読み終えました。いやぁ、私はミステリ・ファンというわけではないし、むしろミステリ小説についてはかなり疎い方なのですが、氏の表現力には毎度驚かされる。軽すぎず重すぎず、絶妙な加減を心得ている方なの… https://t.co/DYyqmCMOIa
hhhh05311#わたしのおすすめ本10選1:百物語/杉浦日向子2:その日のまえに/重松清3:オロロ畑でつかまえて/荻原浩4:追想五断章/米澤穂信5:教団X/中村文則6:蜜蜂と遠雷/恩田陸7:たゆたえども沈まず/原田マハ8:横道世… https://t.co/EqQOkVI9xM
izumi54336672この世は所詮、濁世です。かの地でも人を殺すことは罪ですが、それはただ、殺されるのを防ぐための実際的な処置に過ぎません。人が人を殺した場合、殺人者は命を奪われ、もって償いとされます米澤穂信『追想五断章』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)