トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 米澤穂信 > 折れた竜骨

折れた竜骨(米澤穂信)

折れた竜骨(著者:米澤穂信)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)
  • 著者:米澤 穂信
  • ページ数:338
  • 出版社:東京創元社
  • ISBN-10:4488017657
  • ISBN-13:9784488017651

折れた竜骨関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

米澤穂信のその他受賞歴(候補含む)

折れた竜骨関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

makaidaibouken4ファミ通コミッククリアで連載中の『折れた竜骨』(原作 米澤穂信先生 東京創元社)第4巻が12月15日発売予定です。現在加筆修正など単行本作業を進めております。連載と合わせて読んで頂けると嬉しいです! https://t.co/PFTzeionAd
qmaLSbot169、次のうち、推理作家・米澤穂信の小説を1つ選びなさい○ インシテミル、折れた竜骨、追想五断章× 容疑者Xの献身、マレー鉄道の謎、邪魅の雫、シャドウ、Another
innocent0228正直現在の推理小説は警察というか科学捜査がチートすぎてストーリークムの難しいだろうなぁと思う。 その点、米澤穂信先生の折れた竜骨は見事だった。 ファンタジーの世界にミステリーを混ぜつつ成功させたこの作品はすごい。
arrn_artn10.古典部シリーズ(氷菓)米澤穂信の代表シリーズの1つ。日常の謎に分類される学園ミステリー。原作(小説)、アニメ、コミック、どれも良い。ホント良い。マジで良い。米澤穂信だと他に折れた竜骨なんかもオススメ。 https://t.co/GgsTc0HBT7
wlb922『折れた竜骨』米澤穂信/自然要塞ソロン諸島。そこに住むアミーナはある日、放浪の騎士とその従士の少年に出会う。騎士はアミーナの父に、御身は魔術の使い手の暗殺騎士に命を狙われている、と告げた。魔術や呪いが交差する世界で推理の力は果たして真相に辿り着くことができるのか。
kotowari_yasusi読書記録『折れた竜骨』 著:米澤穂信 東京創元社 文庫版 上下巻中世イングランドを舞台としたミステリーもしくはファンタジーミステリも、あんまり論理を複雑にしすぎると、読んでるこっちが混乱するので、これぐらいがちょうどいい感じ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)