トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 光原百合

光原百合

光原百合さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

光原 百合(みつはら ゆり、1964年5月6日 - )は、日本の小説家。本名同じ。尾道市立大学芸術文化学部日本文学科教授。絵本・詩・翻訳も手掛けている。
広島県尾道市生まれ。1982年広島県立尾道東高等学校卒業。1987年大阪大学文学部英文科卒業。1996年同大学院博士後期課程単位取得満期退学(英語学専攻)。
1980年代から「詩とメルヘン」に投稿を続けて童話や詩集を発表し、1990年代からは吉野桜子名義で推理小説の短編も発表していた。1998年、『時計を忘れて森へいこう』で推理小説界に公式デビューした。以降、寡作ではあるが日常の謎系の推理作品を発表し続け、2002年には短編小説「十八の夏」で第55回日本推理作家協会賞短編部門を受賞した。その頃より演劇にも興味を持ち、『最後の願い』の舞台として小劇団をとりあげている。
尾道短期大学講師、同助教授、尾道大学芸術文化学部講師、尾道市立大学芸術文化学部教授。英語を教えるほか、専門演習などで創作指導をしており、推理小説研究部の顧問として後進を指導している。

光原百合新刊

  • 発売日
    2019年1月4日
  • 書名
    毒殺協奏曲 (PHP文芸文庫)
  • 発売日
    2018年10月6日
  • 書名
    アンソロジー 捨てる (文春文庫)

受賞歴

光原百合関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

光原百合関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

krhejda光原百合「時計を忘れて森へいこう」 #創元推理文庫復刊2019
ni_ssy19 光原百合「18の夏」学生時代に買って、それから何度か読み返したので、まだ持ってる。しばらく読み返してないなぁ。 https://t.co/ekDnBDvigq
bl_okada午後は横浜で #ビブリオバトル でした!私は光原百合さんの『星月夜の夢がたり』を紹介。残念ながらチャンプ本にはなりませんでしたが、この本の持つ素敵さは伝えられたと思っています。32編のメルヘン集。おススメの一冊です。 https://t.co/WHdabAJK3q
2012sfstart3冊目の紹介本は『星月夜の夢がたり』光原百合 鯰江好二 絵 #bibliobattle https://t.co/8hDgfWYDnl
kisara_pryou【扉守 潮ノ道の旅人】-光原百合 文藝春秋広島・尾道をモデルとした(らしい)架空のまち「潮ノ道」を舞台に繰り広げられる、温かで切なくて厳しいことも言うけど優しい物語。この人の詩集も好き。言葉が優しいんだなぁ。詩集は自然に音がつく… https://t.co/5GVSC0d8tY
ko10ba「わかってるよ。わかってる。誰が悪いんでもない、だけどつらいときってのがあるんだよ、きっと。そういうときは、つらいと思ったっていいんだ」『時計を忘れて森へいこう』光原百合
cinemaonomichi尾道文化座談会に参加しませんか?入場無料です。お気軽にご参加下さい!1/ 15(火)18:30~。場所 画廊喫茶かのこ。ゲスト光原百合さん(作家・尾道市立大学教授)今川智弘さん(今川玉香園茶舗)国近有祐子さん(なかた美術館学芸員) https://t.co/Fzk0D8kDkc
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
光原百合さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)