トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 古川日出男

古川日出男

古川日出男さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

古川 日出男(ふるかわ ひでお、1966年7月11日 - )は、日本の小説家、劇作家。
福島県郡山市出身。福島県立安積高等学校卒業。早稲田大学第一文学部中退後、編集プロダクションに勤務。高校で演劇部に所属して以降演劇に関わり、1991年より舞台演出家として活動、戯曲も30本以上書いたという。
1994年、『砂の王(ウィザードリィ外伝)』(現在未完)で小説家としてデビュー。。2002年、『アラビアの夜の種族』で第55回日本推理作家協会賞・第23回日本SF大賞を受賞。2005年、『ベルカ、吠えないのか?』で第133回直木三十五賞候補。2006年、『LOVE』で第19回三島由紀夫賞受賞。
2006年に入って「朗読ギグ」と呼ばれる自作の音読イベントを積極的に行っており、ZAZEN BOYS向井秀徳や吉増剛造と競演するなど、活動の幅を広げている。2011年の東日本大震災以降は宮沢賢治をテーマとした鎮魂のための朗読ライブを展開し、詩人の管啓次郎や音楽家の小島ケイタニーラブとともに朗読劇『銀河鉄道の夜』ツアーを行った。
2014年、書き下ろし戯曲『冬眠する熊に添い寝してごらん』が蜷川幸雄演出で上演され、第59回岸田國士戯曲賞候補にも挙がり、劇作家としての活動も本格化している。
2015年11月5日、『女たち三百人の裏切りの書』で第37回野間文芸新人賞受賞。2016年2月1日、同作で第67回読売文学賞小説部門受賞。

古川日出男新刊

  • 発売日
    2018年11月6日
  • 書名
    とても短い長い歳月: THE PORTABLE FURUKAWA

受賞歴

古川日出男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

古川日出男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

iknegadihcu#私の平成の30冊金井美恵子『柔らかい土をふんで、』奥泉光『「吾輩は猫である」殺人事件』円城塔『Self-Reference ENGINE 』『道化師の蝶』保坂和志『小説の自由』北野勇作『クラゲの海に浮かぶ舟』小笠原鳥… https://t.co/dcMX8kTJyn
chikuwa2055まじでそのときどきで時代精神を反映していて最高だなと思う作家がいるんですけど、村上春樹(2000年頃)→伊藤計劃(2005年頃)→古川日出男(2010年頃)→ケン・リュウ(今)の順でハマってます。
triplealpha019.森博嗣『すべてがFになる』20.伊坂幸太郎『オーデュボンの祈り』21.古泉迦十『火蛾』22.奥泉光『鳥類学者のファンタジア』23.古川日出男『アラビアの夜の種族』24.ベニー松山『風よ。龍に届いているか』25.北村薫『ターン』26.乾くるみ『リピート』
_sorack_ねえ。 あたしたちは全員同じだ。あたしたちなんて全員、ただのそのへんのやつだ。でも、あたしたちは全員、違うのかもしれない。もしかすると。『LOVE』古川日出男
_nenoi_太平洋戦争中にキスカ島に取り残された犬達の系譜を縦軸に東西冷戦に、ロシアの解体まで20世紀の混沌を横軸に散りばめた『ベルカ、吠えないのか?』は作者の古川日出男さんが語る通り「想像力の圧縮された爆弾」の様に一つ一つの文章がぎゅっと締… https://t.co/MHFEJVzCOV
munoudan #私の平成の30冊 3/5石川博品『耳刈ネルリと奪われた七人の花婿』ジョナサン・モーダック他『最底辺のポートフォリオ』岸政彦『同化と他者化』新城十馬『蓬莱学園の犯罪!』木下庸子、植田実『いえ 団地 まち』ロベルト・ボ… https://t.co/ZaZ3UGvCeB
suntsuki私も句点で区切って文章書くの好きですよ。古川日出男氏に憧れて。彼の文体も色々ですが、まあ本当に感動したのは「ぼくたちはあるかない」ですね。なんか…兵庫の方に行く電車で読んでて普通に泣いた。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
古川日出男さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)