トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 古川日出男

古川日出男

古川日出男さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

古川 日出男(ふるかわ ひでお、1966年7月11日 - )は、日本の小説家、劇作家。
福島県郡山市出身。福島県立安積高等学校卒業。早稲田大学第一文学部中退後、編集プロダクションに勤務。高校で演劇部に所属して以降演劇に関わり、1991年より舞台演出家として活動、戯曲も30本以上書いたという。
1994年、『砂の王(ウィザードリィ外伝)』(現在未完)で小説家としてデビュー。。2002年、『アラビアの夜の種族』で第55回日本推理作家協会賞・第23回日本SF大賞を受賞。2005年、『ベルカ、吠えないのか?』で第133回直木三十五賞候補。2006年、『LOVE』で第19回三島由紀夫賞受賞。
2006年に入って「朗読ギグ」と呼ばれる自作の音読イベントを積極的に行っており、ZAZEN BOYS向井秀徳や吉増剛造と競演するなど、活動の幅を広げている。2011年の東日本大震災以降は宮沢賢治をテーマとした鎮魂のための朗読ライブを展開し、詩人の管啓次郎や音楽家の小島ケイタニーラブとともに朗読劇『銀河鉄道の夜』ツアーを行った。
2014年、書き下ろし戯曲『冬眠する熊に添い寝してごらん』が蜷川幸雄演出で上演され、第59回岸田國士戯曲賞候補にも挙がり、劇作家としての活動も本格化している。
2015年11月5日、『女たち三百人の裏切りの書』で第37回野間文芸新人賞受賞。2016年2月1日、同作で第67回読売文学賞小説部門受賞。

古川日出男新刊

  • 発売日
    2018年11月6日
  • 書名
    とても短い長い歳月: THE PORTABLE FURUKAWA

受賞歴

古川日出男関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

古川日出男関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kyawasemi古川日出男『サウンドトラック』を読む。
xiaolongpao_mgお前には両手の代わりに前肢があり、それぞれの指には肉趾が付いていて、それらは、ひたすら走るために存在する。疾走するために在る。だからアイスよ、お前は数など、数えない。(古川日出男『ベルカ、吠えないのか?』116)
KeyStriker_8105古川日出男「アラビアの夜の種族」を思い出す。
hharunaga“宮澤賢治は自分の詩のことを「心象スケッチ」と呼んでいました。自分が出した詩集にしても、手本の本は「詩集」の文字を塗りつぶしていたそうです” / 到達できない場所へ――宮澤賢治のさみしさ、しあわせについて 対談:古川日出男×暁方… https://t.co/GayfNucdA1
hit4boy古川日出男『サウンドトラック』極度にヒートアイランド化し、移民が溢れ、排斥運動が激化する東京を舞台に、アンダーグラウンドな少年・少女の物語が紡ぎだされます。ストーリーはあってなきようなもので、マニアックな音楽にも似た作品です。https://t.co/BKnhmE4BYg
gVLcEGp8ziKu4A3本『アラビアの夜の種族』古川日出男 著(訳?)、読了2週間中5日くらいアラビアン・ナイトブリード(The Arabian Nightbreeds)、ネットで書痴へお勧めする。とあり手に取る。お勧めされていた程、書痴特化でもなか… https://t.co/s2HHbwxoKs
harisu84glove古川日出男は『ベルカ、吠えないのか?』の短く叩きつけるような文体が一番好き。顔に当たる雪の冷たさ痛さを思い出す
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
古川日出男さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)