トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 柳広司

柳広司

柳広司さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

柳 広司(やなぎ こうじ、1967年9月20日。
1998年、「挙匪(ボクサーズ)」で第4回歴史群像大賞佳作。2001年、原書房から刊行された『黄金の灰』で小説家デビュー。2008年に刊行された『ジョーカー・ゲーム』は、「このミステリーがすごい!」で第2位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第3位と高く評価された。2008年、同作で第26回吉川英治文学新人賞と第62回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞。「ジョーカー・ゲーム」シリーズは累計で120万部を突破している。

柳広司新刊

  • 発売日
    2020年2月5日
  • 書名
    象は忘れない (文春文庫)
  • 発売日
    2020年1月24日
  • 書名
    太平洋食堂

受賞歴

柳広司関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

柳広司関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jg_yanagi_serih【漫画】2015年1月に「映画ジョーカー・ゲーム」のコミカライズが発売されました。原作:柳広司 作画:霜月かよ子 映画とは異なったストーリーが楽しめます。是非全国の書店にてお求めください! https://t.co/dtEKupFYeG
book_beans2009年本屋大賞は『告白』 著/湊かなえ(双葉社)だったね。翌年に松たか子主演で映画化されて日本アカデミー賞とったよね。観たかったな・・・( ´•ω•`)2位は 『のぼうの城』 著/和田竜(小学館)、3位は 『ジョーカー・ゲーム』 著/柳広司(角川書店)だー。
tanteisanbotgojiharuwanwanに柳広司作品を勧めてもらったから「ジョーカー・ゲーム」を読んだ。第二次世界大戦の頃を舞台にしたスパイ・ミステリーの短編集なんだが、先の読めない展開とスリルと登場人物の格好良さで、読む手が止まらなかったくらい面白かった。軍人モノが好きな人にもオススメだよ
saigo1bun_bot見上げた青空で、ふっ、と誰かが笑った気配がした。「ジョーカー・ゲーム」柳広司
glaaki2今日の本棚607♪ #mixi_diary https://t.co/3WniaNZ9Vc 柳広司「漱石先生の事件簿 猫の巻」を読了。
_mint_ribon_超絶今更柳広司のジョーカーゲームシリーズ読んでるんだけど確か舞台になってたような…って検索したら舞台化してた
kaoruxxx0505#名刺代わりの小説10選ネバーランド/恩田陸麦の海に沈む果実/恩田陸六番目の小夜子/恩田陸キッチン/吉本ばなな哀しい予感/吉本ばなな十角館の殺人/綾辻行人ジョーカーゲーム/柳広司グラスホッパー/伊坂幸太郎娼年/石… https://t.co/LT3qYyqcpy
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
柳広司さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)