トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 柳広司

柳広司

柳広司さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

柳 広司(やなぎ こうじ、1967年9月20日。
1998年、「挙匪(ボクサーズ)」で第4回歴史群像大賞佳作。2001年、原書房から刊行された『黄金の灰』で小説家デビュー。2008年に刊行された『ジョーカー・ゲーム』は、「このミステリーがすごい!」で第2位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第3位と高く評価された。2009年、同作で第30回吉川英治文学新人賞と第62回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞。「ジョーカー・ゲーム」シリーズは累計で120万部を突破している。

受賞歴

柳広司関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

柳広司関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

book_beans2009年本屋大賞は『告白』 著/湊かなえ(双葉社)だったね。翌年に松たか子主演で映画化されて日本アカデミー賞とったよね。観たかったな・・・( ´•ω•`)2位は 『のぼうの城』 著/和田竜(小学館)、3位は 『ジョーカー・ゲーム』 著/柳広司(角川書店)だー。
sorasaeki柳広司原作入江悠監督、亀梨和也主演で映画化した「ジョーカー・ゲーム」が2位に初登場動員17万4,121人、興収2億713万1,700円を記録した観客の年齢は10代が12.2%、20代が30.4%、30代が14.8%、40代が23.3%、50代が16.7%と幅広い層を集客
kumata_runrunIWが楽しみ且つ怖いので現実逃避#わたしが石油王になったら作りたい映画柳広司さんのジョーカーゲームの現代版女性たちがメインのスパイもの戦争をはじめたがる自国他国の政治家や軍部の男どもをあらゆる能力を使って煙に巻いていく女諜報員たちのお話中佐はヘレンミレンさまで
jg_yanagi_serih【最新作】2015年1月 柳広司「ジョーカー・ゲームシリーズ」の最新作「ラスト・ワルツ」が全国の書店にて発売中です。結城中佐の凛々しい後姿が目印です。シリーズ四作目になります。 https://t.co/npkH5whZ65
k_nt12【定期】好き→忍たま/ハリポタ/黒バス/ハイキュー!!/モノノ怪/進撃の巨人/少陰/鬼灯の冷徹/蒼穹のファフナー/SEED/OO/薄桜鬼/K/銀魂/ウサビッチ/あまつき/ボカロ/歌い手さん/GRANRODEO/柳広司さん…etc
qma_lsjnat_bot柳広司の短編集を刊行された順⇒ジョーカー・ゲーム→ダブル・ジョーカー→パラダイス・ロスト
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
柳広司さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)