トップページ > 終了・停止した公募新人賞一覧 > 朝日新人文学賞 > 2001年−第12回 朝日新人文学賞

朝日新人文学賞

2001年−第12回 朝日新人文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。
ジャンルは参考程度でお考えください。作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

朝日新人文学賞(あさひしんじんぶんがくしょう)は 朝日新聞社が主催していた公募新人文学賞。年一回。受賞は選考委員の合議によって決定される。受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円が授与された。また作品は、「小説トリッパー」誌上に掲載された。2008年の第19回を最後に終了。

第12回—2001年

その他の回のデータ(全データ一括表示

朝日新人文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

朝日新人文学賞関連つぶやき

miritoyiboN沢けい氏の朝日土曜別版「作家の口福」読んでいる。N沢氏は同世代で大学生の時に文学の新人賞を獲ったと記憶している。21歳で結婚そして2児のシングルマザー今は4人も孫がいるなんてびっくり!言いたい事をはっきり仰るようで頼もしい。
1oocz高校生の時はまだまだ経験が不足していた。読書量も足りなかった。29歳の時、初めて200枚の作品を書いて朝日新人文学賞に応募した。それは紛れもなく書くことの修練だった。まだ、二十代では納得の行く作品が書けなかった。今回二度目の挑戦だが、駄目だったら最初からやり直す。
hiroshima_local福島県の会社員・森谷祐二さんに福ミス文学新人賞(10/19) https://t.co/KSQLjSxK83 [朝日] #hiroshima
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)