トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高野和明

高野和明

高野和明さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高野 和明(たかの かずあき、1964年10月26日 - )は、日本の小説家・脚本家。東京都生まれ。ロサンゼルス・シティー・カレッジ映画科中退。日本推理作家協会会員。
=
小学二年生のときに『激突!』を見たことをきっかけにハリウッド映画に夢中になる。映画監督を志すようになり、小学六年生のときに8ミリ映画を撮り始める。中学、高校時代は映画研究会に所属。1983年、高校二年生のときに書き始めて大学浪人時代に完成した脚本「幽霊」が第9回城戸賞の最終候補になる。1984年、選考委員をしていた東宝映像の専務に岡本喜八を紹介される。1985年から岡本喜八の門下に入り、映画やテレビ、Vシネマの撮影現場でメイキング演出やスチルカメラなどを担当。1989年に渡米し、ロサンゼルス・シティー・カレッジ映画科で映画演出・撮影・編集を学びながら、ABCネットワークのスタッフとして働く。

受賞歴

高野和明関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.8.28 bestseller's interview 第61回 山田 宗樹さん

    出版界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』!

  • 2013.6.3 中学生 ポップ広告で小説紹介

    東京都町田市の書店「久美堂本店」で、地元の桜美林中学の生徒が好きな小説を、ポップ(魅力を手書きしたカード)による広告で紹介するフェアが開かれている。中学生ならではの感性を生かしたPRが、売り上げに一役買っているようだ。

  • 2013.2.25 八戸産の紙、験がいい? ベストセラー本に採用次々

    Q 次のベストセラーに共通するのは何か。「ジェノサイド」高野和明(角川書店)、「舟を編む」三浦しをん(光文社)、「ライアの祈り」森沢明夫(小学館)、「1Q84」村上春樹(新潮社文庫)、「金持ちになる男、貧乏になる男」スティーブ・シーボルド……。

高野和明関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

v288587191犯罪者の命は、犯した罪の重さに反比例して軽くなるのだ。高野和明『13階段』
noelnagisaメモ 面白かった本♪【ジャンル】小説【作品名】13階段【作者名】高野 和明【出版社】講談社文庫【面白い点数】★★★★★
book_beans2012年の本屋大賞は、 『舟を編む』 著/三浦しをん(光文社)だったね。ちなみに2位は、 『ジェノサイド』 著/高野和明(角川書店)で、3位は、 『ピエタ』 著/大島真寿美 (ポプラ社)だね。読む本悩んだなら読んでみたら?
it_aw3【ジェノサイド 下 (角川文庫)/高野 和明】を読んでいる本に追加 → https://t.co/9RnrlBD581 #bookmeter
yusakura99高野和明初めて読んだ!次はジェノサイド~
hithitcity芝居の「魔界転生」を観てきたが、小説には心臓がバクバクする場面があった。手に汗にぎり心臓バクバクの小説としては、「嵐が丘」(エミリー・ブロンテ)、「女系家族」(山崎豊子)、「13階段」(高野和明)、「岬一郎の抵抗」(半村良)、「ガダラの豚」(中島らも)が、いま思い浮かびました。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高野和明さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)