トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 飛浩隆

飛浩隆

飛浩隆さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

飛 浩隆(とび ひろたか、1960年 - )は、島根県出身のSF作家。島根県立松江南高等学校、島根大学卒業。日本SF作家クラブ会員。
1981年、大学在学中に「ポリフォニック・イリュージョン」で三省堂SFストーリーコンテスト入選。
1982年、『SFマガジン』誌上でデビュー作「ポリフォニック・イリュージョン」を発表。以降『SFマガジン』誌上で中短編10作品を発表する。
1992年の「デュオ」を最後に2002年まで作品の発表が途絶える。
2000年から2002年にかけて、既発表の全作品をまとめた『神魂別冊 飛浩隆作品集』(全3巻)がファンにより出版される(私家版)。2002年9月、〈廃園の天使〉シリーズ第1作の『グラン・ヴァカンス 廃園の天使I』がハヤカワSFシリーズ Jコレクションから刊行。
2005年7月、「象られた力」で第36回星雲賞日本短編部門を受賞。同年12月、中篇集『象られた力』で第26回日本SF大賞を受賞。
2007年9月、『ラギッド・ガール 廃園の天使II』で第6回センス・オブ・ジェンダー賞を受賞。
2010年8月、「自生の夢」で第41回星雲賞日本短編部門を受賞。2015年8月、「海の指」で第46回星雲賞日本短篇部門を受賞。2016年度から日本SF大賞選考委員となる。
2018年4月には、『自生の夢』で第38回日本SF大賞の受賞を果たした。日本SF大賞は2度目の受賞となった。

飛浩隆新刊

  • 発売日
    2018年10月18日
  • 書名
    零號琴

受賞歴

飛浩隆関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

飛浩隆関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

cafeonbolo飛浩隆『零號琴』入手引き込み力がハンパない
xtc1961ymoナイス 【NOVA 2019年春号 (河出文庫 お 20-13)】SFというジャンルの懐の広さを改めて思い知らされた。宮部みゆきと柞刈湯葉以外初めての作家だったが、収穫が沢山あった。飛浩隆が良す… → https://t.co/UP78Tnrbp4 #bookmeter
suggerit【象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)/飛 浩隆】を読んだ本に追加 → https://t.co/r4NturL4Vl #bookmeter
shira_kaki色々考察してああだこうだ言うのは結構ですが、なんで分からないのか分からないとか、なんの根拠があってか分からない断言口調とかがダサいですね。 https://t.co/FAwpQBANP3「なぜレモンは「光」なのか――飛浩隆が米… https://t.co/qhiUPJHFXP
kanezya零號琴(飛浩隆著)の感想 - めんどくさがりの自分の尻を叩く読書ブログ https://t.co/yDCThz2951
Walzer___ #読了 / ″自生の夢″ 飛浩隆 著。大好きな作家の作品。でもやはり短編集なので物語の広がりが裁断された様にぷつりと終わってしまうものが多く、寂しいと言うか物足りなかった。描写力の美しさを上げればきりがないし、自分が語るまでも無い… https://t.co/AwNHcaNtPV
spin_fallここまで柔らかく明晰に外国語を訳せるものなのか。わたしはこれっぽっちもハングルを解さないのでなんともわからんのだけど。飛浩隆御大も仰るように、訳の斎藤氏が卓越した仕事をなさっているのだろう。無論原文ありきで。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
飛浩隆さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)