トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 飛浩隆

飛浩隆

飛浩隆さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

飛 浩隆|とび ひろたか|1960年 - は、島根県出身のSF作家。島根県立松江南高等学校、島根大学卒業。日本SF作家クラブ会員。
1981年、大学在学中に「ポリフォニック・イリュージョン」で三省堂SFストーリーコンテスト入選。
1982年、『SFマガジン』誌上でデビュー作「ポリフォニック・イリュージョン」を発表。以降『SFマガジン』誌上で中短編10作品を発表する。
1992年の「デュオ」を最後に2002年まで作品の発表が途絶える。
2000年から2002年にかけて、既発表の全作品をまとめた『神魂別冊 飛浩隆作品集』(全3巻)がファンにより出版される(私家版)。2002年9月、〈廃園の天使〉シリーズ第1作の『グラン・ヴァカンス 廃園の天使I』がハヤカワSFシリーズ Jコレクションから刊行。
2005年7月、「象られた力」で第36回星雲賞日本短編部門を受賞。同年12月、中篇集『象られた力』で第26回日本SF大賞を受賞。
2007年9月、『ラギッド・ガール 廃園の天使II』で第6回センス・オブ・ジェンダー賞を受賞。
2010年8月、「自生の夢」で第41回星雲賞日本短編部門を受賞。
2015年8月、「海の指」で第46回星雲賞日本短篇部門を受賞。2016年度から日本SF大賞選考委員となる。
2018年4月、『自生の夢』で第38回日本SF大賞を受賞。日本SF大賞は2度目の受賞となった。
2019年7月、『零號琴』で第50回星雲賞日本長編部門を受賞。

受賞歴

飛浩隆関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

飛浩隆関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chikuwa2055"そのときに知人にすすめてもらったのが上田早夕里『華竜の宮』と飛浩隆『グラン・ヴァカンス』でした。読んでみたら、暗い現実とはまた違う世界を見せてもらったり、こういう世界も有り得るのかなと思わせてくれたり。"
GAYA038青春時代は銀色夏生を読んでいたのに、たどり着いたのが星新一と飛浩隆
SakataAoshi休みの日とかにこのドラマをまとめて観たい。ちょっと飛浩隆「グラン・ヴァカンス」みがあるあらすじのSFドラマ。ウエストワールド<ファースト・シーズン>(字幕版) https://t.co/cUhzrfohB4
clementia1960テーマ的には飛浩隆「自生の夢」を連想した。また、著者はこれまでどちらかといえば幻想性の強い作品を送り出してきたけと、今回はかなり自然科学の知見をベースに奇想を組み立ててあり、いわゆる人間ドラマもあるという特徴が。
saigo1bun_botジュールは海に背を向ける。 とがり岩がある。崖がある。その向こうへーーーージュールは、ようやく帰郷した者の面持ちで、海と反対側に歩きだす。「グラン・ヴァカンス 廃園の天使」飛浩隆
HatoNo_Tudoi衝動買いです(^-^)v象られた力/飛浩隆 https://t.co/3isvjJSRPw
henri_oekaki本来の畑はSF、怪奇幻想、ゴシック恐怖小説の類です、ラヴクラフトはいいぞ。みんな読んでくれお願いします最近読んで面白かったのは飛浩隆『零號琴』、マーサ・ウェルズ『マーダーボット・ダイアリー』、ケイト・ウィルヘルム『鳥の歌いまは絶… https://t.co/oxt3E0XFcq
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    飛浩隆さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)