トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 飛浩隆

飛浩隆

飛浩隆さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

飛 浩隆(とび ひろたか、1960年 - )は、島根県出身のSF作家。島根県立松江南高等学校、島根大学卒業。日本SF作家クラブ会員。
1981年、大学在学中に「ポリフォニック・イリュージョン」で三省堂SFストーリーコンテスト入選。
1982年、『SFマガジン』誌上でデビュー作「ポリフォニック・イリュージョン」を発表。以降『SFマガジン』誌上で中短編10作品を発表する。
1992年の「デュオ」を最後に2002年まで作品の発表が途絶える。
2000年から2002年にかけて、既発表の全作品をまとめた『神魂別冊 飛浩隆作品集』(全3巻)がファンにより出版される(私家版)。2002年9月、〈廃園の天使〉シリーズ第1作の『グラン・ヴァカンス 廃園の天使I』がハヤカワSFシリーズ Jコレクションから刊行。
2005年7月、「象られた力」で第36回星雲賞日本短編部門を受賞。同年12月、中篇集『象られた力』で第26回日本SF大賞を受賞。
2007年9月、『ラギッド・ガール 廃園の天使II』で第6回センス・オブ・ジェンダー賞を受賞。
2010年8月、「自生の夢」で第41回星雲賞日本短編部門を受賞。2015年8月、「海の指」で第46回星雲賞日本短篇部門を受賞。2016年度から日本SF大賞選考委員となる。
2018年4月には、『自生の夢』で第38回日本SF大賞の受賞を果たした。日本SF大賞は2度目の受賞となった。

飛浩隆新刊

  • 発売日
    2019年4月17日
  • 書名
    文学ムック たべるのがおそいvol.7
  • 発売日
    2018年10月18日
  • 書名
    零號琴

受賞歴

飛浩隆関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

飛浩隆関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

medakanogakkou8https://t.co/cnzNJVAcqh>宿借りの星帯が飛浩隆さんじゃないですかうわぁ…(´・ω・`)あらすじを読まなくても分かりますよこの作品は残酷物語だ絶対にたくさん死ぬよ無残に惨めに滑稽に、酷い死に方ばかりだろうさだって飛さん推薦だもん
_bleuoriental飛浩隆『自生の夢』を読んだ。〈忌字禍〉って、まるで癌そのものだ。無秩序に増殖し、やがて自分を生み出した世界を蹂躙し破壊する悪性新生物。今までは紙の上にピン留されて動けなかった文字が、縦横無尽に空間を飛び回り埋め尽くするようになった世界になったら…と考える。テクストに圧倒された。
okietsu富山市ガラス美術館のガラス作品展示、圧倒的にうつくしく、自由で、人間の存在など気にもとめていない感じが今読んでる飛浩隆さんの世界を彷彿とさせる。(飛さんの作品はさらに残酷さが加わって、私の一番好きな「うつくしく残酷なSF」の理想… https://t.co/olXPVHxxUj
suwanyan電子書籍で読んだが書籍版も手元に置いておきたいたのしいこのお話の続きが読みたい最終回のこの先を読みたい読まずにおられようか!◁飛浩隆「零號琴」感想
tsundokuで、帰りの飛行機で飛浩隆「零號琴」をよーやく読み終えました。百億満点です...
RappaTei零號琴が大ヒットして莫大な地方税を納めた飛浩隆先生を記念して島根県に飛だ!市ができたのでは、とか思った。
for_thoma24飛浩隆『廃園の天使Ⅱ ラキッド・ガール』をチラ見(ライブ会場に自分を送り込むシステムをなんとか!!!とか思い)。…したらこの冒頭。“〈ズナームカ〉の夏は不実な恋だ。/ほんの三週間だけ続き、ある日とつぜん予告もなく終わる。ある朝めざめて窓を開けると、鼻が秋の匂いをかぎ当てる。”
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
飛浩隆さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)