トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 藤崎慎吾

藤崎慎吾

藤崎慎吾さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

藤崎慎吾(ふじさき しんご、1962年3月5日 - )は東京都出身の小説家(SF作家)、ノンフィクションライター。本名遠藤慎一。
埼玉大学教養学部卒業、米メリーランド大学大学院海洋・河口部環境科学専攻修士課程修了。科学雑誌の編集者や記者、映像ソフトのプロデューサーなどをするかたわら小説を書き、1999年に『クリスタルサイレンス』(朝日ソノラマ)でデビュー。日本SF作家クラブ、宇宙作家クラブ会員。2014年、遠藤慎一(本名)名義で書かれた「「恐怖の谷」から「恍惚の峰」へ ~ その政策的応用」が第一回日経「星新一賞」を受賞。

受賞歴

藤崎慎吾関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

藤崎慎吾関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ditty100@89sikin もしや藤崎慎吾「レフト・アローン」ですか? (あとアストラですよアトラスじゃなくて)
Denshisyosekiad藤崎慎吾 我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの https://t.co/qbOKQyWnzc 「合成生物学」と呼ばれるこの新しい考え方が、いま先端をゆく生命科学者の間で大きなトレンドとなっている。
1tasu【我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの (ブルーバックス)/藤崎慎吾】を読んでいる本に追加 → https://t.co/Y9PeifpNR2 #bookmeter
SMNomura「アンタ、出来ると思ってやってるだろう!?」って怒られたこともあったっけ。これもエールと受け取っておこう/東京新聞:我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの 藤崎慎吾著:Chunichi/Tokyo Bookwe… https://t.co/hh6DdqCJaE
75bs東京新聞:『我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの』藤崎慎吾 著[評]石浦章一(同志社大特別客員教授、東京大名誉教授):Chunichi/Tokyo Bookweb(TOKYO Web) https://t.co/jEFucQkPCB
tour_biblio【開催記録4:180526】クリクラ町田工場&テーマ 水①『水は答えを知っている』江本勝②『東京水路をゆく』石坂善久③『ハイドゥナン』藤崎慎吾④『水力発電が日本を救う』竹村公太郎⑤『そして、ぼくは旅に出た。』大竹英洋 ☆#bibliobattle #社会科見学
itacccchi藤崎慎吾『我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの』読み終わった
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
藤崎慎吾さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)