トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森岡浩之

森岡浩之

森岡浩之さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森岡 浩之(もりおか ひろゆき、1962年3月2日 - )は日本の小説家。主にSFを著す。兵庫県生まれ。六甲中学校・高等学校を経て京都府立大学文学部卒。
サラリーマン生活を経て1992年『夢の樹が接げたなら』でデビュー。1996年に『星界の紋章』を発表。同作で1997年に星雲賞を受賞。続編および外伝に『星界の戦旗』『星界の断章』がある。また、映画『立喰師列伝』に出演している。
2011年に心筋梗塞で倒れて療養生活を送っていたが、2013年に『星界の戦旗』第5巻を発表して活動を再開した。2014年から2015年にかけて、日本SF作家クラブ事務局長を務めた。
初期の作品はいわゆるハードSFが多く、最近は『星界』シリーズに代表されるハードSFにライトノベル的な要素を盛り込んだ作品も多い。特筆すべきは言語に対する強いこだわりである。
大学時代は国語学を専攻していて、卒業論文は「つつあるの文法・日本語アスペクトの幾何学的解釈の序論」である。
プロデビュー作となった『夢の樹が接げたなら』では名詞しか存在しない人工言語を、『ズーク』では普通名詞が1つしかない言語を扱い、『星界』シリーズで体系的な人工言語アーヴ語を作り上げた。

受賞歴

森岡浩之関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森岡浩之関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

item_search星界の戦旗(5) 宿命の調べ (ハヤカワ文庫) [ 森岡浩之 ] 最安値 ⇒ 1円 https://t.co/gyreRM9R5i #森岡浩之 #早川書房
YUKI_N_100b075: 夢の樹が接げたなら(森岡浩之/ハヤカワ文庫JA/SF 短編集) 科学技術の発展により言語が自由に学習できるようになった未来。言語デザイナーの主人公は、偶然、人類のものとはまったく構造が違う言語とめぐりあう。
oki_fujiwara@tadasunakaragi 森岡浩之は、デビュー時期からずっと「人工子宮」とか「無機物を集めて美少女を合成する」とかんなもんばっか描いてましたね。関西人が変態な証拠です(真顔)
SFutonoナイス 【星界の紋章〈1〉帝国の王女 (ハヤカワ文庫JA)/森岡 浩之】面白いですね。つづきが楽しみ。 → https://t.co/QhrVhNUKD5 #bookmeter
anime_slot_qma1992年に『夢の樹が接げたなら』でデビューした、アニメ化された『星界の紋章』シリーズで有名なSF作家は? ⇒森岡浩之
FlexComix【『星界の紋章』原作 森岡浩之 漫画 米村孝一郎/単行本1~5巻発売中!】名作スペース・オペラを米村孝一郎が渾身のコミカライズ!!https://t.co/t7pUxDw94U https://t.co/42tDMvPINX
sf_meimonku我々は宗教を信じませんが地獄の存在だけは信じます。なぜなら正にこの銀河に地獄は存在し、我らアーヴの手の内にあるからです。古の皇帝ドゥブナーと科学技術の暗黒が、いかに忌まわしきものを生み出… / 森岡浩之「星界の戦旗II 守るべきも… https://t.co/G6CZWWXpGg
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森岡浩之さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)