トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森岡浩之

森岡浩之

森岡浩之さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森岡 浩之(もりおか ひろゆき、1962年3月2日 - )は日本の小説家。主にSFを著す。兵庫県生まれ。六甲中学校・高等学校を経て京都府立大学文学部卒。
サラリーマン生活を経て1992年『夢の樹が接げたなら』でデビュー。1996年に『星界の紋章』を発表。同作で1997年に星雲賞を受賞。続編および外伝に『星界の戦旗』『星界の断章』がある。また、映画『立喰師列伝』に出演している。
2011年に心筋梗塞で倒れて療養生活を送っていたが、2013年に『星界の戦旗』第5巻を発表して活動を再開した。2014年から2015年にかけて、日本SF作家クラブ事務局長を務めた。
初期の作品はいわゆるハードSFが多く、最近は『星界』シリーズに代表されるハードSFにライトノベル的な要素を盛り込んだ作品も多い。特筆すべきは言語に対する強いこだわりである。
大学時代は国語学を専攻していて、卒業論文は「つつあるの文法・日本語アスペクトの幾何学的解釈の序論」である。
プロデビュー作となった『夢の樹が接げたなら』では名詞しか存在しない人工言語を、『ズーク』では普通名詞が1つしかない言語を扱い、『星界』シリーズで体系的な人工言語アーヴ語を作り上げた。

森岡浩之新刊

  • 発売日
    2018年9月5日
  • 書名
    星界の戦旗VI 帝国の雷鳴 (ハヤカワ文庫JA)

受賞歴

森岡浩之関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森岡浩之関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kokuitikokuichi自分は森岡浩之先生の小説に一番影響受けたという自信があったのに、久しぶりに「機械たちの荒野(メタルダム)」を読んでみたら全然、影響の欠片も感じなくて逆に困惑する。あの文章自体が面白い感じを目指して書いてたはずなんだけどなぁ。
audiobookPR星界の紋章Ⅰ - 帝国の王女 -著者:森岡浩之 朗読:浅井晴美惑星マーティンの平和は突如襲来した宇宙艦隊によって破られた。侵略者はアーヴ、遺伝子改造によって宇宙空間に適応した人類の子孫だという。彼らの強大な軍事力の前に…http://kikubo #キクボン
deisui【突変世界 異境の水都 (徳間文庫)/森岡浩之】を積読本に追加 → https://t.co/ammK54Mcw1 #bookmeter
QMA_SF_bot(ライスロ) 2013年3月に8年ぶりに刊行された、森岡浩之のSF小説『星界の戦旗』シリーズ最新作は『星界の戦旗V ○○の調べ』? →宿命
fujimaru79catsk@akai_takami 不勉強で、この小説も作者の森岡浩之先生も存じ上げませんでしたけど、すごい人気ですね。赤井さんのイラストが、本作をよりエキサイティングなものにしているのでしょうね。
yonago_gainax【星界シリーズ待望の最新刊『星界の戦旗Ⅵ-帝国の雷鳴』発売決定!】大人気スペース・オペラ「星界」シリーズ、5年ぶりの最新刊がついに発売!カバーイラストは、赤井孝美の描き下ろしです。(C)森岡浩之・早川書房 https://t.co/qzckp9NZZ6
NewsICT本(文学・評論)ベストセラー 星界の戦旗VI 帝国の雷鳴 (ハヤカワ文庫JA)☆森岡浩之(著) ☆アマゾンランキング https://t.co/eEWHFyZep1
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森岡浩之さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)