トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 神林長平

神林長平

神林長平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

神林 長平(かんばやし ちょうへい、本名:高柳 清、1953年7月10日 - )は、日本のSF作家。「SF作家第三世代」を代表する作家。日本SF作家クラブでは11代目会長だったが、2015年現在、退会している。
1953年 - 新潟県新潟市に生まれる。
1972年 - 長岡工業高等専門学校卒業。
1979年 - 「狐と踊れ」が第5回ハヤカワ・SFコンテストに佳作入選、『SFマガジン』9月号に掲載されデビュー。
1983年 - 第14回星雲賞日本短編部門を『言葉使い師』(短編集『言葉使い師』に収録)にて受賞。
1984年 - 第15回星雲賞日本長編部門を『敵は海賊・海賊版』、日本短編部門を『スーパー・フェニックス』(連作短編集『戦闘妖精・雪風』に収録)にて受賞。ダブル受賞は初。
1985年 - 第16回星雲賞日本長編部門を『戦闘妖精・雪風』にて受賞。
1987年 - 第18回星雲賞日本長編部門を『プリズム』にて受賞。
1995年 - 第16回日本SF大賞を『言壺』にて受賞。
1998年 - 第29回星雲賞日本長編部門を『敵は海賊・A級の敵』にて受賞。
2000年 - 第31回星雲賞日本長編部門を『グッドラック 戦闘妖精・雪風』にて受賞。
2001年 - 日本SF作家クラブ会長(11代目)就任。
2013年 - 第44回星雲賞日本短編部門を『いま集合的無意識を、』(短編集『いま集合的無意識を、』に収録)にて受賞。

神林長平新刊

  • 発売日
    2018年3月20日
  • 書名
    絞首台の黙示録 (ハヤカワ文庫JA)

受賞歴

神林長平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

神林長平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

CAW_system2_3『だれの息子でもない 』2014年に送る神林長平最新作! ウェブに依存する私たちの「あり得る未来」を描く父と子の物語。https://t.co/iHz0PcURUj
qma_pr_bot次の小説と作者の正しい組み合わせを選びなさい(アニ線)戦闘妖精・雪嵐-神林長平 宇宙皇子-藤川桂介 アルスラーン戦記-田中芳樹
jouhou__meigenもしも人間が全知なら争いはない。現実がただひとつになるから。現実が分裂しているのは、個人の情報収集と分析能力に限界があるからだろう。それで個性…(続きはWEBで)(神林長平)https://t.co/c1Wk7MAyAb
NVRNDwu8qVB24YB人間というのは、どのような気の利いた警句やありがたい本を読もうとも、実際に体験して、「ああ、あれはこういうことだったのか」と腑に落ちる瞬間がないかぎり、なにも読み取ることができないものである神林長平/SF作家
bougibot人間を長くやっていると、それこそが人間をやっている面白さなんだ、と思うようになった。疑惑の掛け合い、駆け引き、腹のさぐり合い、出し抜き、裏切り、傷ついたり、傷つけられたり、といったことだ。きみの言うとおりだ。人間はそれを糧にして生きているんだ。神林長平「膚の下」より。
1secondQMAbot1632,『敵は海賊』『戦闘妖精・雪風』→神林長平
hayate_no13dd@PrimevalControl 神林長平の『魂の駆動体』みたいですね…あの小説も自動運転が普及した世界で理想のクルマを作ろうとする話だったと
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
神林長平さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)