トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 神林長平

神林長平

神林長平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

神林 長平(かんばやし ちょうへい、本名:高柳 清、1953年7月10日 - )は、日本のSF作家。「SF作家第三世代」を代表する作家。日本SF作家クラブでは11代目会長だったが、2015年現在、退会している。
1953年 - 新潟県新潟市に生まれる。
1972年 - 長岡工業高等専門学校卒業。
1979年 - 「狐と踊れ」が第5回ハヤカワ・SFコンテストに佳作入選、『SFマガジン』9月号に掲載されデビュー。
1983年 - 第14回星雲賞日本短編部門を『言葉使い師』(短編集『言葉使い師』に収録)にて受賞。
1984年 - 第15回星雲賞日本長編部門を『敵は海賊・海賊版』、日本短編部門を『スーパー・フェニックス』(連作短編集『戦闘妖精・雪風』に収録)にて受賞。ダブル受賞は初。
1985年 - 第16回星雲賞日本長編部門を『戦闘妖精・雪風』にて受賞。
1987年 - 第18回星雲賞日本長編部門を『プリズム』にて受賞。
1995年 - 第16回日本SF大賞を『言壺』にて受賞。
1998年 - 第29回星雲賞日本長編部門を『敵は海賊・A級の敵』にて受賞。
2000年 - 第31回星雲賞日本長編部門を『グッドラック 戦闘妖精・雪風』にて受賞。
2001年 - 日本SF作家クラブ会長(11代目)就任。
2013年 - 第44回星雲賞日本短編部門を『いま集合的無意識を、』(短編集『いま集合的無意識を、』に収録)にて受賞。

神林長平新刊

  • 発売日
    2018年3月20日
  • 書名
    絞首台の黙示録 (ハヤカワ文庫JA)

受賞歴

神林長平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

神林長平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

robonagare_bそう、アレから一週間ぶりの休日は、このとしょかんは実にいい加減に、フロイト、シェイクスピア、神林長平「グッドラック戦闘妖精・雪風」読了。
gwarisaya神林長平「絞首台の黙示録」読了。後半、移動と新たな登場人物との邂逅で、状況は将に和製ディックの様相を呈してくる。複数の一人称による騙りが、虚実というよりも、併存するオルタナティブな事象を交差させて、錯綜たる小説世界を形成させてゆく。うーん、何気に文学ぽい。
CAW_system2_3『だれの息子でもない 』2014年に送る神林長平最新作! ウェブに依存する私たちの「あり得る未来」を描く父と子の物語。https://t.co/iHz0PcURUj
sumiyakistQ身体管理局botが自我を持ち始めるの完全に神林長平作品とかの領域でしょ
YUKI_N_100b010: 猶予の月(神林長平/ハヤカワ文庫JA/SF) 理論士イシスは弟のアシリスとの恋を実らせるため、世界シミュレーションを行う。姉と弟の恋は成立するのか。日本のSF小説第一人者による哲学的SFラブストーリー。
Jural_Unx人間対機械の二項対立、自己意識、時間、言語、クルマetc…他人に神林長平勧める時はこれから「我語りて世界あり」にしよう、と思えるくらいには、神林長平らしさに溢れた作品だった
zaita1217風零ネキのは、これ、早川文庫を家に積んでいるでしょこれ。段落の固まり方がそうだよ。神林長平……かなぁ。でも心情描写の削り方的に、海外SFに手を出している気がする。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
神林長平さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)