トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 神林長平

神林長平

神林長平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

神林 長平(かんばやし ちょうへい、本名:高柳 清、1953年7月10日 - )は、日本のSF作家。「SF作家第三世代」を代表する作家。日本SF作家クラブでは11代目会長だったが、2015年現在、退会している。
1953年 - 新潟県新潟市に生まれる。
1972年 - 長岡工業高等専門学校卒業。
1979年 - 「狐と踊れ」が第5回ハヤカワ・SFコンテストに佳作入選、『SFマガジン』9月号に掲載されデビュー。
1983年 - 第14回星雲賞日本短編部門を『言葉使い師』(短編集『言葉使い師』に収録)にて受賞。
1984年 - 第15回星雲賞日本長編部門を『敵は海賊・海賊版』、日本短編部門を『スーパー・フェニックス』(連作短編集『戦闘妖精・雪風』に収録)にて受賞。ダブル受賞は初。
1985年 - 第16回星雲賞日本長編部門を『戦闘妖精・雪風』にて受賞。
1987年 - 第18回星雲賞日本長編部門を『プリズム』にて受賞。
1995年 - 第16回日本SF大賞を『言壺』にて受賞。
1998年 - 第29回星雲賞日本長編部門を『敵は海賊・A級の敵』にて受賞。
2000年 - 第31回星雲賞日本長編部門を『グッドラック 戦闘妖精・雪風』にて受賞。
2001年 - 日本SF作家クラブ会長(11代目)就任。
2013年 - 第44回星雲賞日本短編部門を『いま集合的無意識を、』(短編集『いま集合的無意識を、』に収録)にて受賞。

神林長平新刊

  • 発売日
    2017年9月7日
  • 書名
    オーバーロードの街

受賞歴

神林長平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

神林長平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

CAW_system2_3『だれの息子でもない 』2014年に送る神林長平最新作! ウェブに依存する私たちの「あり得る未来」を描く父と子の物語。https://t.co/iHz0PcURUj
dance_for_joy「膚の下」再読中。神林長平の小説どんな時に読んでもすっと入ってくるのは内容はもちろんだけど文体のリズムが自分にとって心地良いからなんだろうな。いい曲聴くと体が勝手に動き出す感じに似てる。
electric_tonbo神林長平さんのプリズムを読みました。言葉と想いが力をもつ世界の幻想的な連作短編集でした。一つ一つの話が濃厚でそれらが一つの世界を作りあげて綺麗だと思いました。
turns48twists神林長平『過負荷都市』を本棚から引っ張り出して改めて読んでいるんだけど、法条遥『リライト』〜『リライブ』という難解なシリーズを読んだ後だから内容がすらすらと入ってくる。
Mysticarc割と、神林長平を彷彿とさせるとこがあるな。主な登場人物とか地の文のテンションが。主人公達が「天国にそっくりな星」に出てきてもさほど違和感なさそう。
em0d16【膚(はだえ)の下〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)/神林 長平】を読んだ本に追加 → https://t.co/XDuR4PQ5Ab #bookmeter
fujiitics#ふぁぼされた数だけ持ってる本の138ページ目の5行目を読む『おそらくジャムがより強大な敵であったとしても世界統一は実現しなかったであろう』(戦闘妖精雪風〈改〉/神林長平)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
神林長平さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)