トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 神林長平 > ぼくらは都市を愛していた

ぼくらは都市を愛していた(神林長平)

ぼくらは都市を愛していた(著者:神林長平)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ぼくらは都市を愛していた
  • 著者:神林 長平
  • ページ数:296
  • 出版社:朝日新聞出版
  • ISBN-10:4022508957
  • ISBN-13:9784022508959

神林長平新刊

  • 発売日
    2017年9月7日
  • 書名
    オーバーロードの街

ぼくらは都市を愛していた関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

神林長平のその他受賞歴(候補含む)

ぼくらは都市を愛していた関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Spur_Fuyu神林長平『ぼくらは都市を愛していた』話の構造がなかなか難解で物語に没入するのに時間がかかったけど面白かった。交互に語られる二つの視点は一見関連が分からないが、終盤で一点に収束していく様に興奮した。SFだけど叙情性があるところが好き。
doodle_AGEHAこのまえ神林長平の「ぼくらは都市を愛していた」読んだのが、若干バフをかけている。
htttttty神林長平「ぼくらは都市を愛していた」読了。アーバンの曲がモチーフなんだよな…と思いなんとなく。読むのに結構時間かかった
deellera「よく思い出してください。あなた自身の経験とはなにかを。おそらく、あなたという自己の境界が曖昧になって、あなたの意識が溶け出そうとしているんです」(『ぼくらは都市を愛していた』/神林長平)
nogiwo【ぼくらは都市を愛していた (朝日文庫)/神林長平】を読んだ本に追加 → https://t.co/FU2WPjNl8Q #bookmeter
kozakuraband文章量が多くページを捲るたびに正直げんなりした。この苦行を超えた先には、2つの視点で描写される別々の世界...『ぼくらは都市を愛していた』神林 長平 ☆2 https://t.co/40aVJOW3sS
kerberos3「ぼくらは都市を愛していた」 神林 長平 都市嫌いとしては多くを考えさせられたし、なぜ都市を虚無的に感じるのか納得できた部分も多い。ジャンルとしてはS… - 「とにかく週に一冊、なんか本を読む」は33%に! https://t.co/RHmOqKHKM2
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)