トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 小川一水

小川一水

小川一水さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小川 一水(おがわ いっすい、1975年 - )は、日本の小説家、SF作家。岐阜県出身。既婚、二児の父(いずれも男の子)、愛知県在住。
SF、ライトノベルを中心に執筆活動を行っている。
1993年、第3回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞に、「リトルスター」で応募し、佳作入選。以後、幅広いレーベルで作品を発表。デビュー時の筆名は河出智紀。1998年発表のソノラマ文庫『アース・ガード』より、小川一水の筆名を使用、現在に至る。
初め『こちら郵政省特配課』や『ここほれONE-ONE!』に代表されるような、現代日本を舞台とし、男女一組の主人公が様々な事件や問題に立ち向かうSF風味のライトノベルを得意としていたが、近年、『導きの星』、『第六大陸』のような本格的なSF作品を発表するようになってきた。
2011年現在、全10巻完結を予定している巨大年代記SFシリーズ『天冥の標』がハヤカワ文庫JAから刊行中(展開中)である。
代表作品に『老ヴォールの惑星』、『導きの星』、『第六大陸』、『天冥の標』など。宇宙作家クラブ会員。日本SF作家クラブ会員だっだが2014年4月に退会。日本推理作家協会会員。

受賞歴

小川一水関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.12.19 【今週はこれを読め! SF編】増殖し書き換えられる世界。存在は消えても記憶は残る。

    第五回ハヤカワSFコンテスト大賞受賞作。この欄で前回とりあげた津久井五月『コルヌトピア』と同時受賞だが、選考委員の選評を読むかぎりでは『構造素子』のほうがじゃっかん高く評価されているようだ。選考委員四人のうち東浩紀、小川一水、神林長平の三氏は小説家----それもロジックを積みあげるような作品を得意とする----であり、この作品の内容や構成により踏みこめたのだろう。

  • 2017.6.13 【今週はこれを読め! SF編】メガストラクチャーの宇宙、遠未来の悪夢

    伊藤計劃の原作をアニメ化する「Project Itoh」とのタイアップが成功したせいかどうかわからないけれど、早川書房のSFラインがいろいろ面白いコラボレーション企画を仕掛けている。

  • 2017.4.25 【今週はこれを読め! SF編】未知との遭遇、10のスタイル

    副題が示すとおりのテーマ・アンソロジーだ。「ファーストコンタクト」とは、地球外生命体との接近遭遇である。ファースト、すなわち最初の接触なので、お互いのことがわからず、手探りになるし誤解や疑心暗鬼を生じる。その過程で、人類の文化や知性が相対化される。

小川一水関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mimicans小川一水の本は本当に読みやすい セリフが多いのもあるだろうけども、本当にするすると読める
lib_sakaki【読了しました】「ハイウイング・ストロ-ル」小川一水 #SmartBookshelf https://t.co/HL2ZtQhQVA https://t.co/TW0pVhddCk
ishut6そうか、小川一水を読めばいいのか
booktitle_bot『煙突の上にハイヒール』小川一水
kankiturui250RR【天冥の標VIII ジャイアント・アークPART1 (ハヤカワ文庫JA)/小川一水】を読んだ本に追加 → https://t.co/plRb0hU711 #bookmeter
mumasaka「天体の回転について」から「楽園の泉」とかに進むのもいいし、小川一水作品の「妙なる技の乙女たち」に進むのも(もちろん両方に読み進んだって)いいのだし。
Growuper1@taditadi 特に最近はスペオペやろうとすると、執筆中に物語の根底を揺るがすような大発見が生まれたりしますからのー。そのあたり、小川一水さんは頑張ってる印象。老ヴォールの惑星という短編では、ここ20年くらいで見つかったホッ… https://t.co/PDkTSeMc7k
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小川一水さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)