トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 小川一水

小川一水

小川一水さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小川 一水(おがわ いっすい、1975年 - )は、日本の小説家、SF作家。岐阜県出身。既婚、二児の父(いずれも男の子)、愛知県在住。
SF、ライトノベルを中心に執筆活動を行っている。
1993年、第3回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞に、「リトルスター」で応募し、佳作入選。以後、幅広いレーベルで作品を発表。デビュー時の筆名は河出智紀。1998年発表のソノラマ文庫『アース・ガード』より、小川一水の筆名を使用、現在に至る。
初め『こちら郵政省特配課』や『ここほれONE-ONE!』に代表されるような、現代日本を舞台とし、男女一組の主人公が様々な事件や問題に立ち向かうSF風味のライトノベルを得意としていたが、近年、『導きの星』、『第六大陸』のような本格的なSF作品を発表するようになってきた。
2011年現在、全10巻完結を予定している巨大年代記SFシリーズ『天冥の標』がハヤカワ文庫JAから刊行中(展開中)である。
代表作品に『老ヴォールの惑星』、『導きの星』、『第六大陸』、『天冥の標』など。宇宙作家クラブ会員。日本SF作家クラブ会員だっだが2014年4月に退会。日本推理作家協会会員。

小川一水新刊

  • 発売日
    2017年12月19日
  • 書名
    アリスマ王の愛した魔物 (ハヤカワ文庫JA)

受賞歴

小川一水関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.12.19 【今週はこれを読め! SF編】増殖し書き換えられる世界。存在は消えても記憶は残る。

    第五回ハヤカワSFコンテスト大賞受賞作。この欄で前回とりあげた津久井五月『コルヌトピア』と同時受賞だが、選考委員の選評を読むかぎりでは『構造素子』のほうがじゃっかん高く評価されているようだ。選考委員四人のうち東浩紀、小川一水、神林長平の三氏は小説家----それもロジックを積みあげるような作品を得意とする----であり、この作品の内容や構成により踏みこめたのだろう。

  • 2017.6.13 【今週はこれを読め! SF編】メガストラクチャーの宇宙、遠未来の悪夢

    伊藤計劃の原作をアニメ化する「Project Itoh」とのタイアップが成功したせいかどうかわからないけれど、早川書房のSFラインがいろいろ面白いコラボレーション企画を仕掛けている。

  • 2017.4.25 【今週はこれを読め! SF編】未知との遭遇、10のスタイル

    副題が示すとおりのテーマ・アンソロジーだ。「ファーストコンタクト」とは、地球外生命体との接近遭遇である。ファースト、すなわち最初の接触なので、お互いのことがわからず、手探りになるし誤解や疑心暗鬼を生じる。その過程で、人類の文化や知性が相対化される。

小川一水関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rhapsoddd「復活の地/小川一水」はいいぞ
kamosawa小川一水に『フリーランチの時代』って作品があるけど(無限に生み出される富をどう活用するか悩む話)、フリーランチが存在しないのは均衡状態にあるからで、イノベーションがあればその分はフリーみたいなもの。フリーランチなどというものは… https://t.co/moPTYQz4fJ
air_amano23年前の大震災を教訓として行われた様々な対応が、二度目の地震を耐えて効果を発揮している。小川一水氏の復活の地を思い出す。
hidematsu3001垢消滅したirr氏のアイコン、ずっとドラクエ5の主人公だと思ってた…小川一水氏のストームトルーパーと、あともう一つあわせれば「三大錯視アイコン」になるはず。
apuroこれってまさに小川一水の「復活の地」(ハヤカワ文庫)じゃん!>RT
booktitle_bot『煙突の上にハイヒール』小川一水
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小川一水さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)