トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北野勇作

北野勇作

北野勇作さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北野 勇作(きたの ゆうさく、1962年3月22日 - )は、日本の小説家、SF作家、落語作家。劇団「虚構船団パラメトリックオーケストラ」所属の役者でもある。兵庫県高砂市曽根町生まれ。大阪市生野区在住。血液型はB型。
1980年に甲南大学理学部応用物理学科入学、在籍中は落語研究会に所属していた。卒業後は神戸市に移住し、会社勤務の傍らSF短編や創作落語の台本などを執筆する。『SFマガジン』誌や、『SFアドベンチャー』誌の「森下一仁のショートノベル塾」などへの投稿を経たのち、1992年に『昔、火星のあった場所』で第4回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、作家デビュー。同年、落語台本「天動説」で第1回桂雀三郎新作落語〈やぐら杯〉最優秀賞受賞。2001年、『かめくん』で第22回日本SF大賞を受賞。
妻の森川弘子はイラストレーター・漫画家で、『年収150万円一家』など節約をテーマにしたコミックエッセイを執筆している。

受賞歴

北野勇作関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北野勇作関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Tica_nyan最近本読んでないのであまり覚えてないけど、辻村深月さんの凍りのくじらと北野勇作さんのきつねのつきが好きだった気がします。きつねのつきは意味わかんなくて好きでした #peing #質問箱… https://t.co/Rf4BQaz4ZZ
gulurinworks『北野勇作どうぶつ図鑑(全)』読了。どの短編も、知っている感覚と記憶が呼び起こされ懐かしく感じるカメリが水流に身をまかせ酩酊感を楽しむくだりでは、二層式洗濯機に腕を突っ込んでウットリしたことを思い出す。読む人によって刺激されるツボが違うでしょう。再読時に何を思い出すか楽しみ。
mayata218北野勇作「北野勇作どうぶつ図鑑(全)」読んだー。会社の昼休み時間に、夜寝る前に、二篇以上連続で読まないようにする読書を行ってみた。
beerlove_ryoメディアワークス文庫なら「かめ探偵K」「メイド・ロード・リロード」(北野勇作)も読んでね。 #bs11 面白いです。
normal_stress1175~1178を追加しました。「北野勇作さんの【ほぼ百字小説】その2」 https://t.co/NlabGjOrkn
booktitle_bot『クラゲの海に浮かぶ舟』北野勇作
ganmo申し訳ないけど、北野勇作は「かめくん」しか読んでなくて、しかもそれが傑作だったので次に手が出ていない。あれ?続編っぽいの読んでるか?あれも面白かったよ! https://t.co/vVCV0fDUT4
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
北野勇作さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)