トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北野勇作

北野勇作

北野勇作さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北野 勇作(きたの ゆうさく、1962年3月22日 - )は、日本の小説家、SF作家、落語作家。劇団「虚構船団パラメトリックオーケストラ」所属の役者でもある。兵庫県高砂市曽根町生まれ。大阪市生野区在住。血液型はB型。
1980年に甲南大学理学部応用物理学科入学、在籍中は落語研究会に所属していた。卒業後は神戸市に移住し、会社勤務の傍らSF短編や創作落語の台本などを執筆する。『SFマガジン』誌や、『SFアドベンチャー』誌の「森下一仁のショートノベル塾」などへの投稿を経たのち、1992年に『昔、火星のあった場所』で第4回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、作家デビュー。同年、落語台本「天動説」で第1回桂雀三郎新作落語〈やぐら杯〉最優秀賞受賞。2001年、『かめくん』で第22回日本SF大賞を受賞。
妻の森川弘子はイラストレーター・漫画家で、『年収150万円一家』など節約をテーマにしたコミックエッセイを執筆している。

北野勇作新刊

  • 発売日
    2018年6月19日
  • 書名
    多々良島ふたたび: ウルトラ怪獣アンソロジー (ハヤカワ文庫JA)

受賞歴

北野勇作関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北野勇作関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rfa__t@unsnuff 全然関係なくてアレなんですけどたった今読み終えたばかりの北野勇作の『きつねのつき』という小説がめちゃくちゃ良くて、これ絶対!たぶん!いやでも絶対!すなっふさん好きだと思う!!となり我慢できなかったのでリプライしました
taniguchiisdeadダグラス・アダムスが好きな人と北野勇作が好きな人って親和性ある気がする。ソースは俺。
maronmichi北野勇作「社員たち」(河出書房新社)読了。連作SF短編集だが、かなりイヤな話揃いである。今まで読んだ著者の作品の中でも一番イヤな感じかもしれない。しかし、とても落語的で、読みやすい。ふすまを開けたらもうこの世界という敷居の低さである。何の苦労もいらない。それだけにイヤさ倍増。
booktitle_bot『クラゲの海に浮かぶ舟』北野勇作
goghdaisuki@dave_spector 北野勇作さんが小説に書いてますよ。 https://t.co/sihmlhEe1b
kotorikaigi#しずミラ#アフタートーク5月19日11:30大阪在住のSF作家である北野勇作さん。作家としてだけではなくて、俳優としても超人予備校さんやサザンシアターで活動されています。最近特にSF的な作品をつくっているコトリの作品… https://t.co/njoViNUxcU
Mezaranranたうは北野勇作好きそうな気するんだけど自信がない
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
北野勇作さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)