トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 横尾忠則

横尾忠則

横尾忠則さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

横尾 忠則(よこお ただのり、1936年6月27日 - )は、日本の美術家、グラフィックデザイナー。兵庫県西脇市生まれ。西脇市名誉市民。
実弟の成瀬政博も画家でイラストレーターで、1997年より「週刊新潮」の表紙絵を担当。長女の横尾美美も美術家。
幼少期に西脇でさまざまな超常現象を経験。死の世界に憧れを抱く。神戸新聞社にてグラフィックデザイナーとして活動後、独立。1980年7月にニューヨーク近代美術館にて開催されたピカソ展に衝撃を受け、その後、画家宣言。以来、美術家としてさまざまな作品制作に携わる。三島由紀夫に出会い三島の「聖俗一体」的言動に触発される。三島の死をきっかけにその後の15年間をオカルティズムや神秘主義まで包括した精神世界に傾斜してゆくが、それらが大いなる錯覚だったと気づき「私」の探求の延長線上で絵画に出会う。精神世界と絵画は全く別の存在だと考えていたが、後にこの両者が自分すら知らない深いところで結びついていると感じるに至る。向田邦子脚本によるテレビドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年・TBS)では、倉田という謎の多い人物を演じた。
thumb|240px|right|西脇国民学校(現・西脇市立西脇小学校)
(西脇市、1984年開館)
*1936年 - 兵庫県多可郡西脇町(現在の西脇市)に成瀬光政とツヨの次男として生まれる。
*1939年 - 2-3歳の頃に、呉服商であった叔父の横尾誠起と輝恵夫妻の養子に入り、かわいがられて育つ。幼いころから絵本の模写をしていた。
*1941年 - 5歳にして「講談社の絵本」、石井滴水の『宮本武蔵』の巌流島の決闘を模写。画才を現す。
*1943年 - 西脇国民学校(現・西脇市立西脇小学校)に入学。漫画を描くようになり『漫画少年』誌に投稿。
*1945年 - 9歳。1月より神戸の空襲が開始され3月と6月の空襲は被害が甚大であった。西脇は空襲を免れたものの、西脇から神戸や明石の空が赤く染まるのが見えた。
*1946年 - 母とともに大阪の鶴橋の闇市に米や織物を売りに行くが、大阪市内の空襲跡の風景に衝撃を受ける。
*1948年 - 『漫画少年』に漫画を毎月投稿。
*1949年 - 新制西脇中学に入学。
*1950年 - 南洋一郎、鈴木御水の『バルーバの冒険』、山川惣治の『少年王者』や江戸川乱歩の少年ものなどに熱中。
*1952年 - 16歳。兵庫県立西脇高等学校に入学。「郵便友の会」を作る。通信教育で挿絵を学び、油絵やポスター制作を開始する。高校学園祭のために、ポスターを初めてデザイン。エリザベス・テイラーにファンレターを送り返信があったことが地元紙で報じられる。朝鮮特需により西脇の繊維工業が活況。
*1954年 - 18歳。武蔵野美術学校出身の教師の影響で油絵を始め、県主催の絵画展などに相次ぎ入賞。
*1955年 - 武蔵野美術学校受験のために上京するが、前述の教師の助言もあり断念。西脇市織物祭のポスターが1等入選。郵便局員志望だったが、加古川の成文堂印刷所に入社。
*1956年 - 神戸新聞にカットを投稿していた常連5人にて神戸の喫茶店で個展を開催。そこで神戸新聞宣伝技術研究所にスカウトされ神戸新聞社へ入社。
*1957年 - 灘本唯人らのデザイングループ「NON」に参加。神戸新聞会館勤務だった谷泰江と結婚。
*1958年 - 22歳。第8回宣美展で奨励賞を受賞。会員に推挙される。
*1959年 - 23歳。神戸新聞社を退社。大阪のナショナル宣伝研究社に入社。
*1960年 - ナショナル宣伝研究社の東京の移転とともに上京。日本デザインセンターに入社。安保反対のデモの後でタクシーのドアで指をはさみ骨折。
*1961年 - 25歳。京都労音のポスターを制作する。
*1962年 - 26歳。大和証券DMのイラストでADC賞銀賞受賞。細江英公、寺山修司らと知り合う。
*1963年 - 27歳。東京ADC賞銅賞を受賞。
*1964年 - 長女誕生。ハイレッド・センターのシェルター計画に参加。宇野亜喜良、原田維夫と「スタジオ・イルフィル」結成(翌年、解散)。和田誠、篠山紀信らと東京オリンピック期間中にヨーロッパ旅行。
*1965年 - 吉田画廊の個展にて三島由紀夫と出会う。後に共に仕事をする。
*1967年 - 寺山修司の「天井棧敷」に参加。ニューヨーク近代美術館に作品がパーマネントコレクションされる。
*1969年 - 主役として出演した大島渚監督の映画『新宿泥棒日記』が公開される。
*1970年 - 写真をはじめる。大阪万博でせんい館のパビリオンの建築デザインを担当[http://masudahp.web.fc2.com/expo1970/p-seni01.html]。ロンドンを旅行。足の動脈血栓で入院、左足切断の危機を東洋医学で免れる。これを機に1-2年間の休業宣言。11月25日、三島由紀夫が自決。その3日前に横尾は三島に電話をしたが、その日は楯の会のメンバーと5人と、パレスホテルで自衛隊市ヶ谷駐屯地乱入のリハーサルを行っていた日であった。そうとは知らず横尾は「こんな雨の中、遅くまでごくろうさんです」といった。この電話では様々な話をしたが最後に三島は、「インドは死を学ぶところではない。むしろ生を学ぶところだよ。インドへ行けるものとそうでない者がいて、タイミングもある。君もそろそろインドへ行ってもいいな」といった。三島の死は横尾にインド行きを決意させる。
*1972年 - ニューヨーク近代美術館で個展を開催。
*1974年 - 篠山紀信とインド旅行。この後何度もインドを訪れるようになり精神世界に興味を深める。
*1981年 - 渋谷西武で大規模な個展。
*1982年 - 南天子画廊でペインティングの近作をまとめた個展。横尾忠則の「画家宣言」ととらえられた。画家としての活動が活発になっていく。
*1984年 - ベルギー国立20世紀バレエ団|en|Ballet of the 20th Century(モーリス・ベジャール主宰)ミラノスカラ座公演「ディオニソス」の舞台美術を担当。
*1987年 - 兵庫県文化賞を受賞し、兵庫県公館に作品が展示保存される。
*1995年 - 毎日芸術賞受賞。
*1997年 - ニューヨークADC賞金賞受賞。
*2000年 - ニューヨークADC名誉の殿堂入り。
*2001年 - 紫綬褒章受章。
*2002年 - これまでで最大規模の個展「横尾忠則森羅万象」開催。多摩美術大学大学院教授に就任(2004年まで)。
*2004年 - 紺綬褒章受章。故郷のそばを走るJR加古川線電化開業、それにあわせ、ラッピング電車のデザインをし

横尾忠則新刊

  • 発売日
    2017年11月24日
  • 書名
    現代作家アーカイヴ2: 自身の創作活動を語る

受賞歴

横尾忠則関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

横尾忠則関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nsaitamanobakan@sakushin32700 @yongpil74 @yoyo0622 https://t.co/OL2awBTn7S せめて・・OPだけですが・・イラストは横尾忠則さんだったね~~♪
Jaguar0906ろるらりさんのイラストブック。1番気に入ったのは、横尾忠則感あるくす玉です。 https://t.co/jHV5IMxvmp
dqhossy@myogamyoga 凄くわかります!! 私は横尾忠則そっくりのオバさんで同じ気持ちになりました。
aoyamana高校生で進路に悩んでるときになにかの展示で横尾忠則や木村恒久のコラージュ作品を観て、切って貼るだけ(のように見える)からわたしも作れるかも、と壮大で愚かな勘違いをして予備校に行って、しばらく後悔した青い思い出。
am_i_falseアイデアが横尾忠則特集なのでハスハスしながら買いに行ったら、こんなに高かったっけ?ってなって今は諦めて帰ることにした…。でも多分買うと思う。。いつか。。
chokomaronn江戸川乱歩全集 全15巻揃い 独占出版・決定版 講談社 イタミ 横尾忠則ピンナップ付 https://t.co/2InNB86PbX #ヤフオク
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
横尾忠則さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)