トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 横尾忠則

横尾忠則

横尾忠則さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

横尾 忠則(よこお ただのり、1936年6月27日 - )は、日本の美術家、グラフィックデザイナー、版画家、作家。2000年以降は、幼少期を過ごした故郷・兵庫県西脇市のY字路をモチーフに多くの絵画を描く。描いたY字路作品は150点以上。実弟の成瀬政博は画家・イラストレーター。長女の横尾美美も美術家。
兵庫県西脇市出身。20歳までを西脇で過ごす。向田邦子脚本によるテレビドラマ『寺内貫太郎一家』(1974年・TBS)では、倉田という謎の多い人物を演じた。1980年7月にニューヨーク近代美術館にて開催されたピカソ展に衝撃を受け、その後、画家宣言。以来、美術家としてさまざまな作品制作に携わる。
2019年9月-12月にかけて、83歳の横尾は自らのキュレーションによる『自我自損』展を開催。「自我自損」は、エゴに固執すると損をするという意味の造語だが、ここで横尾は徹底した自己否定をキュレーションし、異なる作風の作品を一堂に集めて見せ「私は自作を説明することは好みません。従って見どころは見る側の問題で、私作者の問題ではありません」と発言。一貫したテーマである「自我からの開放」を表現。展示作品を選んだ基準はその日の「気分」であった。多大な影響を受けた三島由紀夫をテーマとした作品のほか、 2018年に画材を持った美術館の職員が現場に30分遅刻し、「制作意欲を削がれた」として立腹。宿泊先へ引き揚げ、展覧会は延期になって話題になった"事件"を報じた朝日新聞の切り抜きをÝ字路前にかざして見せるカリカチュアライズされた作品なども見られた。

受賞歴

横尾忠則関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

横尾忠則関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mmkkknad横尾忠則のパレットみたいな服着てるな https://t.co/YRG8Z4J49P
Y_kamekura_bot木村はデザイン界の変り種だ。変り種というのは横尾忠則よりも、もっと別な意味で個性的で、しかも現実性がまるでないからだ。横尾はデザイナーとしての自己演出や目的に対する柔軟性を持っているが、木村は全くブッキラ棒で目的性に欠けている。~中略~この希薄さが面白い。P294
mickmac70@wakabayashi1968 横尾忠則に傾倒していた時期なので、このポスターを手に入れ部屋に貼っていたなぁ…それも日焼けが酷くなり引越し時に処分してしまい、今思えばすごく残念なことをしてしまった…映画は75年に名画座で鑑賞しま… https://t.co/zKJcV4eHGn
___log“空を眺めていると、空が青色でよかったと思う。もし、赤とか黄とか、紫だったらストレスになりそう。青は自然界にあまりない色だから空が一手に引き受けたのだろうか。”―横尾忠則
baituoyongsu@narita_yusuke 気合いのイラスト横尾忠則 & 大友克洋 hommage いいね! https://t.co/gtRR47cJ7Z
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
横尾忠則さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)