トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 三枝和子

三枝和子

三枝和子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三枝和子(さえぐさ かずこ、1929年3月31日 - 2003年4月24日)は、日本の小説家。
旧姓四本。夫は文芸評論家の森川達也。『葬送の朝』で注目されて以来、反リアリズム的手法を用いた実験的作品を書き続けた。日本ペンクラブ女性作家委員会初代委員長。
兵庫県神戸市出身。1948年兵庫師範学校女子部(明石分校)卒、旧制関西学院大学文学部哲学科に入学、1950年卒業、同大学院文学研究科修士課程に進学、武市健人にヘーゲルを学ぶ。1951年中退、森川(本名三枝)と結婚。中学校教師をしながら、森川らと同人雑誌『文藝人』を創刊。1963年、森川が兵庫県の実家の寺を継いだため、東京に仕事場をもち、東西往復生活が始まる。1968年、『鏡のなかの闇』を刊行、1969年、『処刑が行われている』を出版し、田村俊子賞を受賞する。
その後も多くの作品を発表したが、1988年以降は、平安朝の女性文学者、古代の女性などを主人公とする歴史小説を多く書いた。ほかに「響子」シリーズがある。また1991年刊行の『恋愛小説の陥穽』では、まだあまり例がなかったフェミニズム文学批評を実践した。

受賞歴

三枝和子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

三枝和子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jai_an_bot啓蒙は、啓蒙される方が啓蒙する者よりも能力が高くないと不可能。 RT hiro_blue41: 俺も啓蒙されてみたい。RT jai_an: 吉行淳之介たちの吉本隆明らへの違和感については、三枝和子が吉本好きの私に、盛んに“啓蒙“してくれたのを、今頃思い出しました。
kanro300◎鏡のなかの闇 三枝和子(献呈署名入) 審美社 昭和43年初版 https://t.co/ky68CmnwoY #ヤフオク
oldmanincorner公式発表まで詳細は伏せておきますが、新潮文庫『昨日のツヅキです』とは著者が同じという以外に共通点はありません。全篇 単行本未収録(の筈)。宮脇エッセイに出てくる、アリンガム、カー、フィニイ、ポーター、ウールリッチ、三枝和子という… https://t.co/50kFHhncPo
robertbloch0886高橋たか子の幻想小説ってまとまりゃいいのにな『骨の城』とか三枝和子と並んでなんか扱い地味になった
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    三枝和子さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)