トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 三枝和子

三枝和子

三枝和子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三枝和子(さえぐさ かずこ、1929年3月31日 - 2003年4月24日)は日本の小説家。兵庫県神戸市出身。夫は文芸評論家の森川達也。
旧姓四本。1948年、旧制関西学院大学文学部哲学科に入学、50年卒業、同大学院文学研究科修士課程に進学、武市健人にヘーゲルを学ぶ。51年中退、森川(本名三枝)と結婚。中学校教師をしながら、森川らと同人雑誌『文藝人』を創刊。63年、森川が兵庫県の実家の寺を継いだため、東京に仕事場をもち、東西往復生活が始まる。68年、『鏡のなかの闇』を刊行、69年、『処刑が行われている』を出版し、田村俊子賞を受賞する。
その後も多くの作品を発表したが、1988年以降は、平安朝の女性文学者、古代の女性などを主人公とする歴史小説を多く書いた。ほかに「響子」シリーズがある。また1991年刊行の『恋愛小説の陥穽』では、まだあまり例がなかったフェミニズム文学批評を実践した。
*1963年 『葬送の朝』で第2回文藝賞佳作
*1969年 『処刑が行われている』で第10回田村俊子賞
*1983年 『鬼どもの夜は深い』で第11回泉鏡花文学賞
*2000年 『薬子の京』で第10回紫式部文学賞

受賞歴

三枝和子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

三枝和子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kosodate_meigen子供を天使だなどと言うのは、大人の側からの願望で、彼らは冷酷無比である。…(続きはWEBで)(三枝和子)【名言ナビ】https://t.co/qpVylodtSz#名言 #子育て #育児 #子供 #親子
jenaiassez三枝和子は、氏神に詣でる際、男は参道を通るが女はお祓いを受ける牛や馬と共に脇道を通らなければいけないという某所の奇習について、牛や馬大好きだから全然気にならない、とのたもうた。
nukuteomika竹河聖の霊能者陶子シリーズ、六道慧の聖母烈伝シリーズはあちこち旅していた覚えがあるが、トラベルミステリというと何か違う気がする。三枝和子の『ギリシアみやげは死体付き』は…続編は多分出ていない https://t.co/5qzJAdMVlz
otsuna_satanin三枝和子「男たちのギリシア悲劇」これアンドロマケ勢が読んでつらくなるやーつー!
tarotaro2007ただ今、三枝和子「薬子の京」を再読中。歴史上悪女として扱われている藤原薬子を、平凡な主婦として描いているところが好き。桓武帝の殺した早良親王の怨霊シーンも迫力。陰謀の多い時代だったんですね https://t.co/BdmNe12Va8
sibaccio『恋愛小説の陥穽』を書いた三枝和子がプルーストを考察していたら、どのように評価したのだろう。もしかしたら「〈恋愛〉を主題にしながら〈女性〉を観てこなかった」日本の男性作家たちとは異なる印象を抱かれたかもしれない。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三枝和子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)