トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 杉本苑子

杉本苑子

杉本苑子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

杉本 苑子(すぎもと そのこ、1925年6月26日 - 2017年5月31日)は、日本の女性小説家、歴史小説家、文化勲章受章者。
東京府東京市牛込区(現在の東京都新宿区)出身。旧制千代田女子専門学校(現 武蔵野大学)、文化学院卒業。
1952年、「燐の譜」で『サンデー毎日』の懸賞小説に入選、選考委員である吉川英治に師事する。吉川死去の翌年、『孤愁の岸』で第48回(1962年下半期)直木賞を受賞。以後、歴史小説家として活躍する。また、一般向けの歴史書も記している。
1985年に、『マダム貞奴』および『冥府回廊』を原作とするNHK大河ドラマ『春の波濤』が放映される。作品が舞台演劇として上演された数も多い。
2017年5月31日、静岡県熱海市の自邸にて老衰のため死去。1925|6|26|2017|5|31。
生涯独身であったため、自作の著作権を含む全資産について、居宅を構えた静岡県熱海市へ寄贈する意思を示していた。

杉本苑子新刊

  • 発売日
    2018年9月7日
  • 書名
    伯爵夫人の肖像 (徳間文庫)
  • 発売日
    2018年4月15日
  • 書名
    クラシック リバイバル 日本名城紀行3
  • 発売日
    2018年4月10日
  • 書名
    日本名城紀行3 (Classic Revival)

受賞歴

杉本苑子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.6.2 作家の杉本苑子さん死去 91歳 歴史小説「孤愁の岸」

    「孤愁(こしゅう)の岸」や「滝沢馬琴」など、史料を読み込んだ骨太な歴史小説で知られた作家で、文化勲章受章者の杉本苑子(すぎもと・そのこ)さんが5月31日、老衰で死去した。91歳だった。葬儀は近親者で営まれた。後日、お別れの会が開かれる予定。

杉本苑子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Erikawamura7Meg@gine_ya 原作は杉本苑子著の「散華(紫式部の生涯)」なんてどうでしょう。毎回欠かさずに観ると思うわ。
chii_oboeta_qma【直木賞】林芙美子:最終便に間に合えば山崎豊子:花のれん杉本苑子:孤愁の岸堤千代:小指小山いと子:執行猶予渡邊喜恵子:馬淵川ちぃ覚えた
Tokuma_Bungei【徳間文庫9月新刊】『伯爵夫人の肖像』(杉本苑子)大正6年に起こった伯爵夫人の心中事件。新聞記者の広瀬は取材を重ねるうちに、華やかな伯爵家の実情を知ることになる―。運命に翻弄された悲恋の行方を描いた名作、復刊。 https://t.co/ybpqz3eukn
ces2ea1yb2shwep#役名:川上音二郎 #英名:Otojirō Kawakami #生没:1864/2/8 - 1911/11/11 #実在 #俳優:中村雅俊 #大河:春の波濤 (1985年) #原作:杉本苑子 #川上音二郎 #中村雅俊
timaki25 #読書と私 RT① 好き② 好き③ ある④ スーホの白い馬 ごんぎつね やまなし タンポポのちえ ひとつの花⑤ 杉本苑子 向田邦子 司馬遼太郎 三島由紀夫 山岸凉子 ⑥ 40代 https://t.co/D5OlMyNrtv
booklog_myself伯爵夫人の肖像 杉本苑子宇喜多の捨て嫁あおぞらとくもりぞら
bunkei_gro_botNo.274(文線)女流作家と直木賞受賞作 堤千代-小指、渡邊喜恵子-馬淵川、杉本苑子-孤愁の岸、山崎豊子-花のれん、平岩弓枝-鏨師、宮尾登美子-一弦の琴、安西篤子-張少子の話
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
杉本苑子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)