トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 杉本苑子

杉本苑子

杉本苑子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

杉本 苑子(すぎもと そのこ、1925年6月26日 - 2017年5月31日)は、日本の女性小説家、歴史小説家、文化勲章受章者。
東京府東京市牛込区(現在の東京都新宿区)出身。旧制千代田女子専門学校(現 武蔵野大学)、文化学院卒業。
1952年、「燐の譜」で『サンデー毎日』の懸賞小説に入選、選考委員である吉川英治に師事する。吉川死去の翌年、『孤愁の岸』で第48回直木賞を受賞する。以後、歴史小説家として活躍する。一般向けの歴史書も記している。
1985年に『春の波濤』(原作『マダム貞奴』、『冥府回廊』)がNHK大河ドラマとして放映される。また、作品が舞台演劇として上演された数も多い。
生涯独身であったため、自作の著作権を含む全資産について、居宅を構えた静岡県熱海市へ寄贈する意思を示していた。
2017年5月31日、静岡県熱海市の自邸にて老衰のために死去。1925|6|26|2017|5|31。

杉本苑子新刊

  • 発売日
    2017年10月6日
  • 書名
    朝日文庫時代小説アンソロジー 人情・市井編 情に泣く

受賞歴

杉本苑子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.6.2 作家の杉本苑子さん死去 91歳 歴史小説「孤愁の岸」

    「孤愁(こしゅう)の岸」や「滝沢馬琴」など、史料を読み込んだ骨太な歴史小説で知られた作家で、文化勲章受章者の杉本苑子(すぎもと・そのこ)さんが5月31日、老衰で死去した。91歳だった。葬儀は近親者で営まれた。後日、お別れの会が開かれる予定。

杉本苑子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sukemori_t【悲劇の風雲児】杉本苑子著:この題はご本人もお気に召さなかったそうです。木曽谷時代の木曽殿を中心に描かれた短編。政治的手腕はともかく、野生児のエネルギーを使い果たして果てた木曽殿には高い評価を与えているように思われる。「無垢な愛すべき性情を失わなかった義仲なのである」と。
ces2ea1yb2shwep#役名:川上音二郎 #英名:Otojirō Kawakami #生没:1864/2/8 - 1911/11/11 #実在 #俳優:中村雅俊 #大河:春の波濤 (1985年) #原作:杉本苑子 #川上音二郎 #中村雅俊
choumei_bot私の『発心集』にある「母が娘をねたんでその指が蛇となった話」は、水上勉、瀬戸内晴美(寂聴)、杉本苑子などが小説化しています。
RexRicardvsIII赤兄くんに関しちゃ近年に書紀の記述を読んで「うわっ感じ悪っ」と思った中の人です(´゙д゙`)学習漫画テンプレの描写は非常に史料に忠実だったんやな…と約20年越しに納得せざるを得ませんでしたわ(´゙д゙`)杉本苑子の短編集イメージが… https://t.co/D9Xg8N6Npc
toracyan06@aqua73blue さん、空海、あの時代に、古文書で見るような、あんなに綺麗な筆字を書かれることが驚異だと思います。日蓮聖人筆書状にしてもです。教養があったのだと!それと、杉本苑子さんがおっしゃっていたこと。「苦しい修行にも耐… https://t.co/S9ELDfWmqS
bubu_222_11. 杉本苑子『永代橋崩落』江戸時代の大事故、永代橋崩落を題材にとった連作。色々しかけはあるものの、当日のドキュメンタリーを見ているようで、大層印象に残ってます。色々な人が事故に巻き込まれて…人生変わるよね。 https://t.co/TX8GyPyYjh
naokisho_senpyo[48N] 受賞☆ 杉本苑子『孤愁の岸』 - 評・小島政二郎「私はこれに一番感心した。まずい題だが――」 https://t.co/A4BrqeJgZ9
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
杉本苑子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)