トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊坂幸太郎 > チルドレン

チルドレン(伊坂幸太郎)

チルドレン(著者:伊坂幸太郎)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:チルドレン
  • 著者:伊坂 幸太郎
  • ページ数:294
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062124424
  • ISBN-13:9784062124423

伊坂幸太郎新刊

  • 発売日
    2018年11月8日
  • 書名
    フーガはユーガ
  • 発売日
    2018年9月12日
  • 書名
    陽気なギャングは三つ数えろ (祥伝社文庫)

チルドレン関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.5.13 【インタビュー】伊坂幸太郎、12年ぶり"復活"の本音

    『チルドレン』から、12年。 家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちと、罪と罰の物語──『サブマリン』が刊行された。 執筆に至った経緯と小説家・伊坂幸太郎の今を、著書『ニッポンの文学』で伊坂幸太郎を「他に似た者のいない独自のポジションに立っている作家」と評した批評家・佐々木敦がきく。

  • 2013.3.25 【エンタメ小説】人生を「美」に捧げる男女

    昨年の江戸川乱歩賞を巡っては議論もあった。SFで実績のあるベテラン、高野史緒(ふみお)さんが、ステップアップを狙っての応募で、ミステリーの登竜門的新人賞をさらってしまったからだ。

  • 2010.6.20 伊坂幸太郎インタビュー "恰好悪いけど恰好いい"という感じのものが好きなんです

    頭の中で念じたことを、他人に言わせることができる――そんな奇妙な超能力を手に入れた主人公・安藤。折りしも政界ではムッソリーニを彷彿させる犬養が台頭しはじめていた。今や押しも押されぬ人気作家である伊坂幸太郎さんの新刊は、超能力者VSファシズム政治の対決を描いた『魔王』。「今までの伊坂さんとちがう」と話題の作品について、お話をうかがいました!

伊坂幸太郎のその他受賞歴(候補含む)

チルドレン関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

t1037y07永瀬とバス停で待ち合わせをしていた陣内が、老婦人を探すシーンがとても好き。あまり細かなことは書けないけど、陣内の「普通」が痛快で気持ちいい。このシーンは作者渾身の出来だと勝手に確信してる。(伊坂幸太郎「レトリーバー」『チルドレン』講談社文庫、2007年)
Munekyun_Novels「俺たちは奇跡をやってみせるってわけだ。ところで、あんたたちの仕事では、奇跡は起こせるのか?」【陣内/チルドレンⅡ/伊坂幸太郎】
teech_bot大人がかっこよけりゃあな、子供はグレねえんだよ。 - 伊坂幸太郎『チルドレン』
1linefrom1book陣内を逆さに吊るして叩けば、おそらく出てくるのは、「失礼」と「無遠慮」だ。『チルドレン』 伊坂幸太郎
Pine_2323読んだ『チルドレン』(伊坂 幸太郎):講談社文庫 https://t.co/5LtRDRxGg7
otaaka1Kazuki26伊坂幸太郎作「砂漠」高校の時、読んだなあ。西嶋の「抗生物質あげちゃえばいいんですよ」のくだりで吹いた記憶がある。伊坂幸太郎作品は、登場人物が面白い。私的には、チルドレンも好き。 https://t.co/4pROMqMyUn
MacKurosawa【チルドレン (講談社文庫)/伊坂 幸太郎】再読。「フーガはユーガ」を読んだ後、ライトな読み心地の伊坂作品を読みたくなり。伊坂さんの連作短編は何度読んでも見事と言うほかなく、オチを知っていても面… → https://t.co/VQaolWdQZi #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)