トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 河合莞爾

河合莞爾

河合莞爾さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

河合 莞爾(かわい かんじ)は、日本の小説家・推理作家。執筆のかたわら、出版社で編集者として勤務している。
生年未詳。熊本県出身、早稲田大学法学部卒業後、出版社に勤務。
2012年、角川書店主催の第32回横溝正史ミステリ大賞において、『デッドマン』にて大賞を受賞しデビュー。
『さあ、地獄へ堕ちよう』(菅原和也)との同時受賞。同賞での大賞の2作同時受賞は、2007年以来5年ぶりであった。
『デッドマン』は横溝正史ミステリ大賞の選考委員綾辻行人に、島田荘司『占星術殺人事件』に「真っ向勝負」と激賞された。
立川談志を敬愛し、立川の「落語とはイリュージョンである」という言葉に影響を受け、自らもイリュージョニストを目指したと表明している。
ペンネームの由来は、2011年に失った愛犬の名前だという。

受賞歴

河合莞爾関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.9.7 公募ガイド 賞と顔 第32回横溝正史ミステリ大賞

    河合莞爾さん イリュージョニストを目指して 私が敬愛する立川談志家元は「落語とはイリュージョンである」と仰いました。奇マジック術などの不条理なものに入っていきたい、それを言葉のイリュージョンでやるのだ、と。家元は、このイリュージョンという言葉を「わくわくする不条理」という意味で使われたのだと、私は思っております。

  • 2012.4.26 第32回横溝正史ミステリ大賞受賞作 発表(2012年4月26日)

    本日4月26日(木)、第32回横溝正史ミステリ大賞(主催=株式会社角川書店)の選考会が行われ、選考委員の審査により、下記のように決定いたしました。

河合莞爾関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

baba_tyan@Lio_Smith 河合莞爾の「デッドマン」ていうのいいよ!長編でもないし、警察4人キャラの掛け合いが見てて楽しい。シナリオもすっげー面白いすよぉhttps://t.co/FWKfu9Ee4A
milk_ninja_bot@tweet_proxy 朝食だけでJOJOのOPが頭からはなれない。ワッショイとも劣らないカッコよさ。裁判所って。面白い三文目をくっつける。ロールとカットマン(河合莞爾/角川書店)微妙な作品。
suzuiro今日の借り出し品・その2。単行本(文芸)は前回借りて面白かった河合莞爾作品と畠中恵作品を。河合氏のはデビュー2作目なのかなこれが。畠中氏のはノンシリーズから外堀埋める感じで進めてる。どこかで「買う」ターンに切り替えたい。あとは最… https://t.co/PeD1BkuFe1
Kinoppy_Store《文芸》【デビル・イン・ヘブン】河合莞爾(著)2020年、東京湾に出現した楽園には、地獄の顎が開いていた!君臨する「天使」に審判の刃を向けるべく、凶弾迫る中、諏訪は汚濁の檻に挑む!一気読み間違いなし! #kinoppy #ebook https://t.co/UJESDbi7lc
ibookstorenewデビル・イン・ヘブン (河合莞爾) が、iBookstoreで予約開始されました。金曜配信。https://t.co/AZTRCQpiMT
amaebooknewデビル・イン・ヘブン (河合莞爾) が、Kindle化されました。3/17(金)配信。https://t.co/Zyu8XGKRSD
kinokuniyanewデビル・イン・ヘブン (河合莞爾) が、紀伊國屋電子書籍ストアで予約開始されました。3/17(金)配信。https://t.co/n20JjhxdRC
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
河合莞爾さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)