トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 河合莞爾

河合莞爾

河合莞爾さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

河合 莞爾(かわい かんじ)は、日本の小説家・推理作家。執筆のかたわら、出版社で編集者として勤務している。
生年未詳。熊本県出身、早稲田大学法学部卒業後、出版社に勤務。
2012年、角川書店主催の第32回横溝正史ミステリ大賞において、『デッドマン』にて大賞を受賞しデビュー。
『さあ、地獄へ堕ちよう』(菅原和也)との同時受賞。同賞での大賞の2作同時受賞は、2007年以来5年ぶりであった。横溝正史ミステリ大賞の選考委員であった綾辻行人は、『デッドマン』を"島田荘司『占星術殺人事件』に「真っ向勝負」"と評した。
立川談志を敬愛し、立川の「落語とはイリュージョンである」という言葉に影響を受け、自らもイリュージョニストを目指したと表明している。
ペンネームの由来は、2011年に失った愛犬の名前だという。

受賞歴

河合莞爾関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.9.7 公募ガイド 賞と顔 第32回横溝正史ミステリ大賞

    河合莞爾さん イリュージョニストを目指して 私が敬愛する立川談志家元は「落語とはイリュージョンである」と仰いました。奇マジック術などの不条理なものに入っていきたい、それを言葉のイリュージョンでやるのだ、と。家元は、このイリュージョンという言葉を「わくわくする不条理」という意味で使われたのだと、私は思っております。

  • 2012.4.26 第32回横溝正史ミステリ大賞受賞作 発表(2012年4月26日)

    本日4月26日(木)、第32回横溝正史ミステリ大賞(主催=株式会社角川書店)の選考会が行われ、選考委員の審査により、下記のように決定いたしました。

河合莞爾関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Kohsg23[読了] 河合莞爾「デッドマン」(個人的評価B+)結構ちゃんとした本格物で面白かったよ!伏線の回収もしっかりしてて犯人もわからなかったね。捜査班が男4人で華がないのは残念。ここまで3作シリーズが出てるみたい。これは読まないと!だね。
mika46904307#冬ごもりにオススメの本10選想いが熱い→探検家とペネロペちゃん/角幡 唯介流/東山 彰良童の神/今村翔吾何か悪寒→ジャンヌ/河合莞爾星の子/今村夏子らんちう/赤松利市逆さに吊るされた男/田口ランディ胸が暑… https://t.co/LqcISbIkxn
lonllywolf15『殺人犯対殺人鬼』早坂吝16『ジャンヌ 』河合莞爾17『教室が、ひとりになるまで』浅倉秋成18『だから殺せなかった』一本木透19『人外サーカス』小林泰三20『魔偶の如き齎すもの』三津田信三別格『平成怪奇小説傑作集1・2』
Mrhibiking【ジャンヌ Jeanne, the Bystander/河合莞爾】皆んなが忘れちゃってるロボット三原則に真向から挑んだ点は大いに評価できる。しかしながら数ページで殺人の理由は想像できたし、三原則… → https://t.co/NazbjhDNdO #bookmeter
ifFM7g3CpbwxipMデッドマン/河合莞爾/角川文庫(綾辻行人) https://t.co/ar1uHrzHP4
Ymmrj1TULdzhYwm「デッドマン/河合莞爾」 #読了 「遺体の一部が持ち去られる猟奇殺人が6件発生、継ぎ合わされた死体からのメールが捜査本部に届く」おどろおどろしい刑事ものかと思いきや正統派刑事もの。テンポ良く読めた。続編もあるようなので読んでみよう… https://t.co/zouKVgVqRS
milk_ninja_botあれ。ライブ・ア・ライブは至高よー。至高のアニメは期待どおりに面白い二文目をくっつける。ロールとカットマン(河合莞爾/角川書店)微妙な作品が多い作品は強いしパイレートマンの着ているじゃないの……グゴゴゴゴゴ ホワイトデーとはいったい...例文...たのむ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
河合莞爾さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)