トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 河合莞爾

河合莞爾

河合莞爾さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

河合 莞爾(かわい かんじ)は、日本の小説家・推理作家。執筆のかたわら、出版社で編集者として勤務している。
生年未詳。熊本県出身、早稲田大学法学部卒業後、出版社に勤務。
2012年、角川書店主催の第32回横溝正史ミステリ大賞において、『デッドマン』にて大賞を受賞しデビュー。
『さあ、地獄へ堕ちよう』(菅原和也)との同時受賞。同賞での大賞の2作同時受賞は、2007年以来5年ぶりであった。横溝正史ミステリ大賞の選考委員であった綾辻行人は、『デッドマン』を"島田荘司『占星術殺人事件』に「真っ向勝負」"と評した。
立川談志を敬愛し、立川の「落語とはイリュージョンである」という言葉に影響を受け、自らもイリュージョニストを目指したと表明している。
ペンネームの由来は、2011年に失った愛犬の名前だという。

河合莞爾新刊

  • 発売日
    2019年2月13日
  • 書名
    ジャンヌ Jeanne, the Bystander

受賞歴

河合莞爾関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.9.7 公募ガイド 賞と顔 第32回横溝正史ミステリ大賞

    河合莞爾さん イリュージョニストを目指して 私が敬愛する立川談志家元は「落語とはイリュージョンである」と仰いました。奇マジック術などの不条理なものに入っていきたい、それを言葉のイリュージョンでやるのだ、と。家元は、このイリュージョンという言葉を「わくわくする不条理」という意味で使われたのだと、私は思っております。

  • 2012.4.26 第32回横溝正史ミステリ大賞受賞作 発表(2012年4月26日)

    本日4月26日(木)、第32回横溝正史ミステリ大賞(主催=株式会社角川書店)の選考会が行われ、選考委員の審査により、下記のように決定いたしました。

河合莞爾関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bunchan_rSF小説買った河合莞爾作、「ジャンヌ」2060年代、人型ロボットが普及。ロボットは、人に絶対、危害を加えられないようプログラムされている。しかし、女性ロボット、ジャンヌが殺人を犯す。ジャンヌには、バグは存在せず、異常なし… https://t.co/vpchmuV3li
kakoii_0320宅配が来た!!河合莞爾のスノウ •エンジェル!めっちゃ⭐キレイ⭐#河合莞爾 https://t.co/vEx3GwRnmF
unason『未来のアラブ人』作者リアド・サトゥフが、水木しげる漫画大全集『のんのんばあとオレ』に寄せた解説文「人間は皆同じなのだ」について、編集を担当した河合莞爾氏がこちらの記事で紹介している。https://t.co/1WGzkhMyc9
kenaf100percent【ジャンヌ Jeanne, the Bystander/河合莞爾】過不足なく全てが盛り込まれた一本の映画を観たような満足感。人口が半減した近未来の日本。労働力確保のため国策で導入された家事ロボッ… → https://t.co/pIiOQYmXYY #bookmeter
Raijitter河合莞爾『粗忽長屋の殺人』(光文社文庫)読了。落語の筋通りに話が進み、サゲ辺りからオリジナルのミステリになる趣向の短編集。7つの古典落語が4本の短編に含まれる。各話の冒頭に引用した落語の粗筋があり、分かりやすいのがいい。最後の話が良かった。落語は面白いなあ。
kitihisa河合莞爾「ジャンヌ」SF好きではないけれど考えさせられます。ロボット三原則があるのになぜ殺せたか。定義づけできれば、程度を低くできれば、厳しくしてしまえばすべての人が殺せてしまいそう。
Namimagazine河合莞爾著『救済のゲーム』の評者は香山二三郎さん!/奇蹟のゴルフミステリー(波2015年7月号)https://t.co/1hlpqoRlcj
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
河合莞爾さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)