トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 河合莞爾

河合莞爾

河合莞爾さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

河合 莞爾(かわい かんじ)は、日本の小説家・推理作家。執筆のかたわら、出版社で編集者として勤務している。
生年未詳。熊本県出身、早稲田大学法学部卒業後、出版社に勤務。
2012年、角川書店主催の第32回横溝正史ミステリ大賞において、『デッドマン』にて大賞を受賞しデビュー。
『さあ、地獄へ堕ちよう』(菅原和也)との同時受賞。同賞での大賞の2作同時受賞は、2007年以来5年ぶりであった。横溝正史ミステリ大賞の選考委員であった綾辻行人は、『デッドマン』を"島田荘司『占星術殺人事件』に「真っ向勝負」"と評した。
立川談志を敬愛し、立川の「落語とはイリュージョンである」という言葉に影響を受け、自らもイリュージョニストを目指したと表明している。
ペンネームの由来は、2011年に失った愛犬の名前だという。

河合莞爾新刊

  • 発売日
    2018年10月10日
  • 書名
    800年後に会いにいく (幻冬舎文庫)

受賞歴

河合莞爾関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.9.7 公募ガイド 賞と顔 第32回横溝正史ミステリ大賞

    河合莞爾さん イリュージョニストを目指して 私が敬愛する立川談志家元は「落語とはイリュージョンである」と仰いました。奇マジック術などの不条理なものに入っていきたい、それを言葉のイリュージョンでやるのだ、と。家元は、このイリュージョンという言葉を「わくわくする不条理」という意味で使われたのだと、私は思っております。

  • 2012.4.26 第32回横溝正史ミステリ大賞受賞作 発表(2012年4月26日)

    本日4月26日(木)、第32回横溝正史ミステリ大賞(主催=株式会社角川書店)の選考会が行われ、選考委員の審査により、下記のように決定いたしました。

河合莞爾関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ik108依存ビジネスは反社会的集団のシノギであって、国が金儲けのためにやっていいはずがない。しかし、日本は賭博を合法化することになった。かつては覚醒剤も国が合法と定めて堂々と売られていたが、同じことが繰り返される。河合莞爾さんのコラム。https://t.co/YicsigZUgw
OrinShin「800年後に会いにいく/河合莞爾」読了。タイトルに惹かれて読みましたが、当たりでした。とても面白かったです。
muses09読了:『800年後に会いにいく』著:河合莞爾発行:幻冬舎800年・・・それは、僕達にとっては永遠ともいえる未来。でも、永遠さえも一瞬に・・・一瞬さえも永遠にできるとしたら・・その技術は・・願いは、物語中のスズランの花言葉… https://t.co/eTbMRc7Xps
1236_dominion河合莞爾「デッドマン」を読め
doronagagutu面白かったですよ。悲しいお話は少ない方が良いですね。あの存在こそ奇跡ではなかろうか?? #読書 800年後に会いに行く 河合莞爾 https://t.co/SSkwknnVTS
Mac_ThePunisher河合莞爾『デッドマン』。登場する警察官がどれもキャラ立ってて面白かった!久々に読んでてワクワクしたミステリーだった。
aibekin8088【スノウ・エンジェル/河合莞爾】ですよね?続編ありますよね?でないと、この終わり方では気になって仕方がない。せっかく面白かったのにもったいない、なんてことになりかねません。しかし、木崎さんが不気… → https://t.co/BZ7kmJIYPE #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
河合莞爾さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)