トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 河合莞爾

河合莞爾

河合莞爾さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

河合 莞爾|かわい かんじは、日本の小説家・推理作家。執筆のかたわら、出版社で編集者として勤務している。
生年未詳。熊本県出身、早稲田大学法学部卒業後、出版社に勤務。
2012年、角川書店主催の第32回横溝正史ミステリ大賞において、『デッドマン』にて大賞を受賞しデビュー。
『さあ、地獄へ堕ちよう』(菅原和也)との同時受賞。同賞での大賞の2作同時受賞は、2007年以来5年ぶりであった。横溝正史ミステリ大賞の選考委員であった綾辻行人は、『デッドマン』を"島田荘司『占星術殺人事件』に「真っ向勝負」"と評した。
立川談志を敬愛し、立川の「落語とはイリュージョンである」という言葉に影響を受け、自らもイリュージョニストを目指したと表明している。
ペンネームの由来は、2011年に失った愛犬の名前だという。

受賞歴

河合莞爾関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.9.7 公募ガイド 賞と顔 第32回横溝正史ミステリ大賞

    河合莞爾さん イリュージョニストを目指して 私が敬愛する立川談志家元は「落語とはイリュージョンである」と仰いました。奇マジック術などの不条理なものに入っていきたい、それを言葉のイリュージョンでやるのだ、と。家元は、このイリュージョンという言葉を「わくわくする不条理」という意味で使われたのだと、私は思っております。

  • 2012.4.26 第32回横溝正史ミステリ大賞受賞作 発表(2012年4月26日)

    本日4月26日(木)、第32回横溝正史ミステリ大賞(主催=株式会社角川書店)の選考会が行われ、選考委員の審査により、下記のように決定いたしました。

河合莞爾関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

julietcetra好きなミステリ作家としては、法月倫太郎、有栖川有栖のいわゆる「新本格パズラー」系統なのだけど、歌野晶午や殊能将之の変則ミステリも好きだし、ちょっと前だと河合莞爾の『デッドマン』、『ドラゴンフライ』、『ダンデライオン』は最高だったな。
mysteryarai河合莞爾「粗忽長屋の殺人」読了したのだ。語りが上手く、すっと入ってくるのだ。表題作はややバカミスな気がするのだ…一番良かったのは島田荘司の某短編を思わせるような鮮やかな推理を繰り広げる短命の理由なのだ。
eq2144新情報で気になるのは13日 河合莞爾 祥伝社文庫 スノウ・エンジェル18日 西澤保彦 コスミック文庫あの日の恋をかなえに僕は過去を旅する(仮)ぐらいかな。
youkocha【ジャンヌ Jeanne, the Bystander/河合莞爾】図書館福袋「ロボットと気持ちは通じ合えるのか?2/2」 人口が減少した日本において、AIや人間型の自律行動ロボット事業が普及して… → https://t.co/Lh3cDy4LpU #bookmeter
a_ranking_newsBOOK☆WALKER期間限定セール(3/11まで) 河合莞爾『ドラゴンフライ』 647円https://t.co/ialeLK5d72
togo_rizMIU観てから河合莞爾先生の鏑木特捜班シリーズのヒメは岡田健史くんなイメージ。実写化しないかな鏑木特捜班シリーズ…
rankingko最安値の「救済のゲ-ム /新潮社/河合莞爾」の価格比較ランキングを更新しました。最安値は225円です。https://t.co/xYZxWRVlnO
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    河合莞爾さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)