トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 河合莞爾

河合莞爾

河合莞爾さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

河合 莞爾(かわい かんじ)は、日本の小説家・推理作家。執筆のかたわら、出版社で編集者として勤務している。
生年未詳。熊本県出身、早稲田大学法学部卒業後、出版社に勤務。
2012年、角川書店主催の第32回横溝正史ミステリ大賞において、『デッドマン』にて大賞を受賞しデビュー。
『さあ、地獄へ堕ちよう』(菅原和也)との同時受賞。同賞での大賞の2作同時受賞は、2007年以来5年ぶりであった。横溝正史ミステリ大賞の選考委員であった綾辻行人は、『デッドマン』を"島田荘司『占星術殺人事件』に「真っ向勝負」"と評した。
立川談志を敬愛し、立川の「落語とはイリュージョンである」という言葉に影響を受け、自らもイリュージョニストを目指したと表明している。
ペンネームの由来は、2011年に失った愛犬の名前だという。

河合莞爾新刊

  • 発売日
    2019年2月13日
  • 書名
    ジャンヌ Jeanne, the Bystander
  • 発売日
    2018年10月10日
  • 書名
    800年後に会いにいく (幻冬舎文庫)

受賞歴

河合莞爾関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.9.7 公募ガイド 賞と顔 第32回横溝正史ミステリ大賞

    河合莞爾さん イリュージョニストを目指して 私が敬愛する立川談志家元は「落語とはイリュージョンである」と仰いました。奇マジック術などの不条理なものに入っていきたい、それを言葉のイリュージョンでやるのだ、と。家元は、このイリュージョンという言葉を「わくわくする不条理」という意味で使われたのだと、私は思っております。

  • 2012.4.26 第32回横溝正史ミステリ大賞受賞作 発表(2012年4月26日)

    本日4月26日(木)、第32回横溝正史ミステリ大賞(主催=株式会社角川書店)の選考会が行われ、選考委員の審査により、下記のように決定いたしました。

河合莞爾関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kirizansyo河合莞爾さんのジャンヌと五十嵐貴久さんのリハーサル、澤村伊智さんのひとんち、TLに楽しそうな新刊案内が流れてくるけど、今月は金欠で我慢、我慢
shodensha_novel本読み書店員さんの間でも話題沸騰!!河合莞爾さんの『ジャンヌ Jeanne, the Bystander』が発売です!バグもなく、正常なAIロボット〈ジャンヌ〉は、なぜ人間を殺せたか?まさに今読むべき、大興奮のエンターテイン… https://t.co/rVWIxuO2JB
mysteryEQ@lonllywolf おつありです。河合莞爾作品はやはり安定してますね。
ES07[ジャンヌ Jeanne, the Bystander ]河合莞爾 読了。ロボットが3原則を破りどうやって殺人を犯したのか?そんな犯人と見えない敵と戦いサバイバルをするスリリングな展開は楽しかった、その中での心理を推理するプロセ… https://t.co/qHLmI4rqPJ
ShinkanRemind2/14 の新刊をお知らせします。 ジャンヌ Jeanne, the Bystander河合莞爾https://t.co/6WO3GIIaXc
birdgraphics⑨『ジャンヌ Jeanne, the Bystander』河合莞爾https://t.co/c71BZSM30w絶対に人を殺せないはずの家事用人間型ロボット〈ジャンヌ〉が、主人を殺害した。彼女に対峙した刑事が、衝撃の事件の先に見… https://t.co/uzdAMVRVkR
acopcy65@acopcy65 【新刊お知らせ】河合莞爾『ジャンヌ Jeanne, the Bystander』 https://t.co/DGInh3N5ZJ #ブクログ新刊
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
河合莞爾さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)