トップページ > 公募新人賞一覧 > 横溝正史ミステリ大賞 > 2012年−第32回 横溝正史ミステリ大賞

横溝正史ミステリ大賞

2012年−第32回 横溝正史ミステリ大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

横溝正史ミステリ大賞(よこみぞせいしミステリたいしょう、英称:''YOKOMIZO SEISHI MYSTERY AWARD'')は、株式会社KADOKAWA(社内ブランド・角川書店)が主催しテレビ東京の協賛により行われる日本の公募新人文学賞である。

第32回—2012年(応募総数:160)

大賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

横溝正史ミステリ大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.11.29 ホラー小説大賞2作品、次回から刷新

    日本ホラー小説大賞は、次回から横溝正史ミステリ大賞と統合され、「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」へとリニューアルする。多彩な作品を生みだし、ホラーというジャンルを切りひらいてきたこの賞を締めくくる第25回は、初めて2作が大賞となった。古代エジプトの呪いにまつわる福士俊哉さん(58)の『黒いピラミッド』(KADOKAWA)と、読者賞とのダブル受賞となった秋竹サラダさん(26)の学園ホラー『祭火小夜の後悔』(同)。2作の刊行を機に、年齢も作風も対照的な2人の著者に話を聞いた。

  • 2018.4.24 日本ホラー小説大賞、2作品を発表

    第25回日本ホラー小説大賞(KADOKAWAなど主催)が24日発表され、大賞に秋竹サラダさん(26)の「魔物・ドライブ・Xデー」と福士俊哉さん(58)の「ピラミッドの怪物」に決まった。

  • 2016.12.6 【今週はこれを読め! ミステリー編】白井智之『おやすみ人面瘡』を怖いもの見たさでも読むべし!

    2014年、白井智之は食用のためにヒトのクローンが生産される世界を描いたデビュー作『人間の顔は食べづらい』を応募して横溝正史ミステリ大賞選考会場を騒然とさせた。

横溝正史ミステリ大賞関連つぶやき

consaba福士俊哉さん「40代後半に老後をどうしようか考えた時に、もうちょっと納得できる作品をやりたいと思った。」秋竹サラダさん「夏と言えばホラーだと思うんですよ。書き始めたのも8月ぐらいで……」次回から「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」へ… https://t.co/L7N8krp37t
mys_sus_bot【順番当て】次の文字列を順に選んで2010年に「横溝正史ミステリ大賞」を受賞した伊与原新の小説のタイトルにしなさいお台場→アイランド→ベイビー
mayayutakabot「隻眼の少女」(2010年9月)文春文庫 日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞を受賞した著者後期の最高傑作。水干姿の美少女ツンデレ探偵御陵みかげが横溝正史ばりの因習に満ちた連続殺人事件に挑む。これまでの著者のギミックが詰まった集大成。@mikagemisasagi
jnovel_org横溝正史ミステリ大賞、日本ホラー小説大賞、野性時代フロンティア文学賞は新人賞です。 受賞までのご苦労やこれからの抱負を語られた皆さまのお話は心に沁みました。各賞受賞者の皆さま、おめでとうございます! 幻聴は、E. エル… https://t.co/GVXAh7ehjC
Hondaryuichi更に、また三次会にも入れていただきました。横溝正史ミステリ大賞、ホラー小説大賞、フロンティア文学賞の受賞者の方など現代物の大変若い作家さんばかりで、初対面の方も多い中でしたが、とても優しく接していただき、本当に遅くまで楽しい時間でした。同席の皆様、ありがとうございました。
ayatsujiyukitoそして、横溝正史ミステリ大賞と日本ホラー小説大賞は次回より、統合されて横溝正史ミステリ&ホラー大賞に。綾辻は引き続き選考委員を務めます。 https://t.co/cHIQIiqGs0
nzm角川4賞から帰還。ホラー大賞が横溝賞に吸収合併されて、来年からは横溝正史ミステリ&ホラー大賞になるので、ホラ大としては最後の贈賞パーティ。そのせいかどうか、恒川光太郎氏とか、ひさしぶりに会う歴代受賞者の顔も。第1回から今回(25回)までずっと予備選考を担当してきたので感慨深い。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)