トップページ > 作家名一覧 > だから始まる作家名一覧 > 大門剛明

大門剛明

大門剛明さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大門 剛明(だいもん たけあき、本名:大谷 剛史、1974年9月25日 - )は、日本の小説家・推理作家。三重県伊勢市出身在住。龍谷大学文学部哲学科教育学専攻卒業。
2009年、『雪冤』(『ディオニス死すべし』より改題)で第29回横溝正史ミステリ大賞大賞とテレビ東京賞をダブル受賞し作家デビュー。死刑制度と冤罪をテーマに、現代の司法制度の根幹を問い直すメッセージをはらんだ問題作。
同年『罪火』を刊行。修復的司法という重厚なテーマに巧みなトリックを駆使した社会派ミステリを完成させ、逸材として注目を浴びる。2010年には広島MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島を舞台にした『確信犯』を刊行。強い覚悟のもと、裁判員制度以外にも弁護士増員問題など司法制度に鋭くメスを入れた。9月には『告解者』を刊行。無期囚の更生を巡るストーリーで再犯問題に切りこんでいる。2011年7月には『ボーダー』『共同正犯』を刊行。頭の中で考えるだけでなく実際に殺人を犯した無期懲役囚に取材するなどして重厚な作品を生み出している。

受賞歴

横溝正史ミステリ大賞

第29回2009年

大賞・テレビ東京賞

  • 題名
    雪冤
  • 応募時題名
    ディオニス死すべし

大門剛明関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

大門剛明関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yukinoyado333#推し作家のベスト3京極夏彦“鉄鼠の檻”“陰摩羅鬼の瑕”“死ねばいいのに”朝井まかて“ちゃんちゃら”“恋歌”“落葉”大門剛明“雪冤”“完全無罪”“告解者”恒川光太郎“草祭”“雷の季節の終わりに”“金色機械”
FxiSCKMGjxn4hXPそういえば!この前購入した大門剛明さんの『完全無罪』!この本は凄い…!ネタバレは控えますが本当にオススメです!そしてサインがめちゃくちゃ可愛い何この可愛さ( ; ; )
MacchiatoMari大門剛明さん『完全無罪』講談社文庫 4月に読んで、まだ余韻が残っています。ページをめくるたびに揺れ動く自分の感情。最後に真実を知った時、その時の感情が自分を押し潰しそうになる。無罪は無実ではない。問題作です。ぜひ読んでくださ… https://t.co/7GCY2FHG4a
milkcakechan【鍵師ギドウ (実業之日本社文庫)/大門剛明】1年がかりという長い仕掛けだったのねー。よくみんな途中で諦めずにいられたなぁと妙なところで感心してしまった。鍵を扱うお仕事的なストーリーかと思いきや… → https://t.co/BanQbSjT04 #bookmeter
amayolu「完全無罪」大門剛明/著、面白かったです。冤罪ミステリー、この人は本当に冤罪なのか?疑いながらも信じたい苦しい話でした。犯人が誰なのか最後までドキドキしました。 https://t.co/CEdV6tAN9s
shigakusatsuten週間ベスト9/1~9/7【文庫】4位『よみがえる変態』星野源文春文庫5位『完全無罪』大門剛明 講談社文庫5位『ハーバードの人生が変わる東洋哲学』マイケル・ピュエットハヤカワ文庫
PHPeb【Google Play ブックス】『不協和音』(大門剛明) https://t.co/fYL3m2LDl0 兄弟にして刑事と検事。反目しあう二人の意地と信念が、数々の事件の意外な真相を解き明かす。京都を舞台とした連作ミステリー小説。 #GooglePlay
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大門剛明さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)