トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 長沢樹

長沢樹

長沢樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

長沢 樹(ながさわ いつき、1969年 - )は、日本の小説家・推理作家。新潟県生まれ。映像制作会社勤務。
子供のころに江戸川乱歩の少年探偵団シリーズを読んでミステリの魅力を知る。小学生時代はちょうど角川映画『犬神家の一族』(1976年)をきっかけとする横溝正史ブームの時期であり、少年探偵団シリーズを読破したあとは金田一耕助シリーズを読んだ。中学二年生のときには、横溝正史の『仮面舞踏会』の影響を受けた150枚の作品を書いている。その後、高校生のころに新本格ミステリを読み衝撃を受ける。綾辻行人の『十角館の殺人』は長沢にとって人生三大びっくりの一つだという。高校卒業後、映像関係の専門学校を経てテレビ番組制作会社に就職。情報報道系の仕事をする。
22歳のときに本格的に小説を書き始め、ミステリの新人賞にもいくつか応募したが、20代半ばからは仕事に打ち込み10年ほど創作から遠ざかった。30代後半になって再度創作に取り組み、2011年に眼鏡もじゅ名義で応募した『リストカット/グラデーション』で第31回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、同作を『消失グラデーション』と改題にデビューした。同作は2012年版の「このミステリーがすごい!」と「本格ミステリ・ベスト10」の両方で第6位に選ばれた。
有栖川有栖の学生アリスシリーズが好きで、『消失グラデーション』は学生アリスシリーズの『孤島パズル』を意識しながら書いたという。また、一時期ライトノベルを書いていたこともあり、そのことによってキャラクター作りの大切さに気付いたと語っている。
2013年、『夏服パースペクティヴ』で第13回本格ミステリ大賞の候補作となる。

長沢樹新刊

  • 発売日
    2018年4月11日
  • 書名
    リップステイン (双葉文庫)

受賞歴

長沢樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

長沢樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

titlede_com小説『月夜に溺れる』長沢樹専門書『文体の科学』山本貴光漫画『銃座のウルナ』伊図透 https://t.co/bTh9reYAZp
mys_sus_bot【線結び】次の文字列を組み合わせて作家・長沢樹の作品のタイトルにしなさい冬空→トランス消失→グラデーション夏服→パースペクティヴ
booklikeryukki@lapisla87254022 『魔人館事件 夏と少女とサツリク風景』椙本孝思『消失グラデーション』長沢樹『謎好き乙女と奪われた青春』瀬川コウ3つともシリーズものでオススメです!
futaba_sales【本日発売】双葉文庫『警視庁公安0課 カミカゼ 鳩の血』(矢月秀作)『涙のような雨が降る』(赤川次郎)『リップステイン』(長沢樹) https://t.co/CznVhy4mrM
kounanda_kitami双葉文庫さんの4月の新刊が入荷しました。貫井徳郎さん「我が心の底の光」矢月秀作さん「鳩の血 警視庁公安0課カミカゼ」長沢樹さん「リップステイン」千野隆司さん「おれは一万石 麦の滴」鳴神響一さん「おいらん若君 徳川竜之進 天命」など… https://t.co/6PX46dUz9l
kmaana【消失グラデーション (角川文庫)/長沢 樹】を読んだ本に追加 → https://t.co/GfUVZzj7sW #bookmeter
ShinkanRemind@morodoni 長沢樹 さんの新刊が見つかりました! リップステイン (双葉文庫) https://t.co/XCBzoOZ320
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
長沢樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)