トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大石直紀

大石直紀

大石直紀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大石 直紀(おおいし なおき、1958年4月27日 - )は、日本の小説家、推理作家。静岡県島田市生まれ。関西大学文学部史学科卒業。
1999年、『パレスチナから来た少女』で第2回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞しデビューした。
2003年には『テロリストが夢見た桜』で第3回小学館文庫小説賞を受賞、2006年には『オブリビオン〜忘却』で第26回横溝正史ミステリ大賞テレビ東京賞を受賞した。
2016年、「おばあちゃんといっしょ」で第69回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。
;光文社
パレスチナから来た少女 (1993年3月/2001年3月、光文社文庫) - 第2回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作
誘拐から誘拐まで (1999年9月、カッパ・ノベルス)
*キッドナップ (2003年4月、光文社文庫) - 『誘拐から誘拐まで』改題文庫化
サンチャゴに降る雨 (2000年11月/2004年7月、光文社文庫)
爆弾魔 (2001年6月、カッパ・ノベルス/2006年1月、光文社文庫)
輪廻の山 京の味覚事件ファイル (2009年7月、光文社文庫)
;小学館
テロリストが夢見た桜 (2003年11月/2006年4月、小学館文庫) - 第3回小学館文庫小説賞受賞作
ファルナースに捧ぐ (2004年11月、小学館文庫)
夢幻漂流 (2009年8月、小学館文庫)
交渉人 THE MOVIE (2009年12月、小学館文庫) - 映画のノベライズ
映画ノベライズ版 十三人の刺客(2010年8月、小学館文庫) - 2010年公開の映画のノベライズ
太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男(2011年1月、小学館文庫) - 映画のノベライズ
武士の献立(2013年11月、小学館文庫) - 映画のノベライズ
;角川書店
オブリビオン〜忘却 (2006年5月) - 第26回横溝正史ミステリ大賞テレビ東京賞受賞作

大石直紀新刊

  • 発売日
    2018年11月29日
  • 書名
    この道
  • 発売日
    2018年10月5日
  • 書名
    かぞくいろ ―RAILWAYS わたしたちの出発― (小学館文庫)

受賞歴

大石直紀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

大石直紀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

t_soba帰り、長津田駅の有隣堂で、作秋に見ました映画「RAILWAYSわたしたちの出発」の小説版「かぞくいろ 大石直紀著 小学館文庫」が目に止まりまいた。映画、すごくよかttので、買いました。来週通勤の中で読もうと思っています。
pon1675【本棚登録】『かぞくいろ ―RAILWAYS わたしたちの出発― (小学館文庫)』大石直紀 https://t.co/jWOn5yd1nw
kakoi4大石直紀による小説版との異同で言うと、こちらの方が補足情報が多く、分かりやすい。また、白秋の女性関係についても丁寧に描かれている(映画では2人目をまるっとカット)。映画冒頭の詩の微細な改変は映画版では投げっぱなしだったが、小説版で… https://t.co/OB8dC95eMx
ebastine10この道、大石直紀、小学館、読了、2h。北原白秋とその3人の妻を女性記者の視点で描く。教科書に出てくる人物は子供の目には偉く堅く映るが、勉強以外で人物像を知ると途端に親近感が湧くもの。童謡のパートナー山田耕筰との交流も描かれ意外な出… https://t.co/6WOe8xStV2
sgkhonmado大森南朋さん、EXILE AKIRAさん主演映画『この道』は本日1/11公開です。北原白秋と山田耕筰という天才2人のドラマ。小説『この道』(大石直紀 著)もおすすめです。なんとATSUSHIさんが歌う映画主題歌独占CD付き!… https://t.co/rJ4S81DLc0
kawasemania銀行に関する本 #銀行 #金融 #本 『相棒シリーズ X DAY 小学館文庫 / 大石直紀 オオイシナオキ 【文庫】』を見る [楽天] https://t.co/jpeGUUCrmG
killin0 #NowPlaying ♪ 「この道」 - EXILE ATSUSHI : 「この道」大石直紀
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大石直紀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)