トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大石直紀

大石直紀

大石直紀さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大石 直紀(おおいし なおき、1958年4月27日 - )は、日本の小説家、推理作家。静岡県島田市生まれ。関西大学文学部史学科卒業。
1999年、『パレスチナから来た少女』で第2回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞しデビューした。
2003年には『テロリストが夢見た桜』で第3回小学館文庫小説賞を受賞、2006年には『オブリビオン〜忘却』で第26回横溝正史ミステリ大賞テレビ東京賞を受賞した。
2016年、「おばあちゃんといっしょ」で第69回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。
;光文社
パレスチナから来た少女 (1993年3月/2001年3月、光文社文庫) - 第2回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作
誘拐から誘拐まで (1999年9月、カッパ・ノベルス)
*キッドナップ (2003年4月、光文社文庫) - 『誘拐から誘拐まで』改題文庫化
サンチャゴに降る雨 (2000年11月/2004年7月、光文社文庫)
爆弾魔 (2001年6月、カッパ・ノベルス/2006年1月、光文社文庫)
輪廻の山 京の味覚事件ファイル (2009年7月、光文社文庫)
;小学館
テロリストが夢見た桜 (2003年11月/2006年4月、小学館文庫) - 第3回小学館文庫小説賞受賞作
ファルナースに捧ぐ (2004年11月、小学館文庫)
夢幻漂流 (2009年8月、小学館文庫)
交渉人 THE MOVIE (2009年12月、小学館文庫) - 映画のノベライズ
映画ノベライズ版 十三人の刺客(2010年8月、小学館文庫) - 2010年公開の映画のノベライズ
太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男(2011年1月、小学館文庫) - 映画のノベライズ
武士の献立(2013年11月、小学館文庫) - 映画のノベライズ
;角川書店
オブリビオン〜忘却 (2006年5月) - 第26回横溝正史ミステリ大賞テレビ東京賞受賞作

受賞歴

大石直紀関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

大石直紀関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

cyxdzkocy相棒シリーズ X DAYhttps://t.co/fZHzwGnaOGebook,大石直紀, 櫻井武晴,相棒シリーズ X DAY,小学館... https://t.co/zRga8sLP64
wandoyaなんかfacebook方面で読書チェーンメールみたいなのがはやっているようだが、わたしはその種のものには乗らない。でもちなみにいま読んでるのは、白洲正子「かくれ里」、大石直紀「続・深夜食堂」、栂嶺レイ「誰も知らない熊野の遺産」、内田百閒「百鬼園戦後日記」。
masakazuhenmi大石直紀『おばあちゃんといっしょ』をアンソロジーで読みました。日本推理作家協会賞受賞作。同じく詐欺師題材で、こちらも受賞作の降田天『偽りの春』を思い出しつつ。ともにどんでん返しがすごいなー。こういうの集めた詐欺師アンソロジーとかよさげ。ということで、単行本『桜疎水』買わなきゃ。
Izumi_Aizawa日本推理作家協会賞を受賞した2編を含む短編集。ベストミステリーは結構読んでいますが、さすがに名作揃いです。『ベスト8ミステリーズ2015 (講談社文庫)』のレビュー 大石直紀 (相沢泉見さん) - ブクログ https://t.co/rgqwkibOU9
_aki_nagatuki『二十年目の桜疎水』大石直紀さん読了。冒険心で購入してみた本なんですが、ただほのぼのしている本というわけではなく温かい結末に至るまでに「え?どうなるのいったい?」とハラハラする。一頁目の始めの一文が「おばあちゃんは詐欺師だった」の… https://t.co/EsA5ySYGvw
JPmysteryBD大石 直紀(おおいし なおき、1958年4月27日 - )『パレスチナから来た少女』『オブリビオン〜忘却』
TaSuKu1992えぇ~!!(゜ロ゜ノ)ノ喜多川泰『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』森絵都『みかづき』大石直紀『杉原千畝』 ※映画のノベライズいかがでしょう? #Peing #質問箱 https://t.co/B0KX622IED
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大石直紀さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)