トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 望月諒子

望月諒子

望月諒子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

望月 諒子(もちづき りょうこ、1959年 - )は、日本の小説家・推理作家。愛媛県生まれ。兵庫県神戸市在住。
銀行勤務を経て、学習塾を経営。2001年、『神の手』を電子出版で刊行しデビューする。2010年、ゴッホの「医師ガシェの肖像」を題材にした美術ミステリー『大絵画展』で第14回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。
=
*『神の手』(2004年4月 集英社文庫)
*『殺人者』(2004年6月 集英社文庫)
*『呪い人形』(2004年8月 集英社文庫)
*『ハイパープラジア 脳内寄生者』(2008年1月 徳間書店)
*【改題】最後の記憶(2011年8月 徳間文庫)
*『大絵画展』(2011年2月 光文社 / 2013年3月 光文社文庫)
*『壺の町』(2012年6月 光文社)のち文庫 
*『腐葉土』(2013年4月 集英社文庫)
*『田崎教授の死を巡る桜子准教授の考察』(2014年4月 集英社文庫)
*『ソマリアの海賊』(2014年7月 幻冬舎)
*『鱈目講師の恋と呪殺。 桜子准教授の考察』2015 集英社文庫

受賞歴

日本ミステリー文学大賞新人賞

第14回2010年

日本ミステリー文学大賞新人賞

望月諒子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

望月諒子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

BaddieBeagle光文社文庫『フェルメールの憂鬱』望月諒子『丹波家の殺人 新装版』折原一『キッド・ピストルズの妄想』山口雅也『ローレライは口笛で 新装版』赤川次郎『獅子の門 鬼神編』夢枕獏
denshosaleDMM電子書籍 期間限定セール 望月諒子『最後の記憶』30%pt還元 679円https://t.co/TLO1il4NZj
cakes_PR「アフリカの角」と呼ばれるアフリカ東北部に、海賊を含む多数の武装勢力や自称国家、自称政府が群雄割拠しているソマリア。そんなソマリアを舞台にした高野秀行さんと、望月諒子さんの作家二人が、ソマリアに暮らす人々の知られざる素顔に迫ります。https://t.co/B7AaWB14wB
karub_imalive望月諒子の推理小説「フェルメールの憂鬱」を読了。盗まれたフェルメール《少女》を巡って、宗教法人、美術館、画廊など複雑に人間関係が絡み合った国際犯罪を描いた作品。文中でのフェルメール作品への超辛口な評価には苦笑い。フェルメールをネタ… https://t.co/8VGuKMLsBk
amaebooknew[まとめ買い] 木部美智子シリーズ (望月諒子) の、Kindle版が販売開始されました。https://t.co/2lzNxnbJGm
jimoto_creator腐葉土/望月諒子 読了資産家の笹本弥生が老人ホームで殺された。警察は資産を巡りトラブルになっていた孫の犯行と見て操作を進めるが... 戦争を生き抜きヤミ市でのし上がった弥生が壮絶な人生の中で辿り着いた最後とは。弥生を中心に展開… https://t.co/JsDGYOQWlz
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
望月諒子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)