トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 望月諒子

望月諒子

望月諒子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

望月 諒子|もちづき りょうこ|1959年 - は、日本の小説家・推理作家。愛媛県生まれ。兵庫県神戸市在住。
銀行勤務を経て、学習塾を経営。2001年、『神の手』を電子出版で刊行しデビューする。2010年、ゴッホの「医師ガシェの肖像」を題材にした美術ミステリー『大絵画展』で第14回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。
=
*『神の手』(2004年4月 集英社文庫)
*『殺人者』(2004年6月 集英社文庫)
*『呪い人形』(2004年8月 集英社文庫)
*『ハイパープラジア 脳内寄生者』(2008年1月 徳間書店)
*【改題】最後の記憶(2011年8月 徳間文庫)
*『大絵画展』(2011年2月 光文社 / 2013年3月 光文社文庫)
*『壺の町』(2012年6月 光文社 / 2015年8月 光文社文庫)
*『腐葉土』(2013年4月 集英社文庫)
*『田崎教授の死を巡る桜子准教授の考察』(2014年4月 集英社文庫)
*『ソマリアの海賊』(2014年7月 幻冬舎)
*『鱈目講師の恋と呪殺。 桜子准教授の考察』(2015年7月 集英社文庫)
*『フェルメールの憂鬱~大絵画展~』(2018年11月 光文社文庫)
*『蟻の棲み家』(2018年12月 新潮社)
*『哄(わら)う北斎』(2020年7月 光文社)

受賞歴

日本ミステリー文学大賞新人賞

第14回2010年

日本ミステリー文学大賞新人賞

望月諒子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

望月諒子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

fushigi150619「蟻の棲み家」望月諒子 読了。登場人物の人間味がリアルで、読み応えあり。一気読み。登場人物の口を通して語られる、世間の関心というものに対する本音。私もまたその世間であり、きっとその通りなのだ。
tznhy0203なんかいいコンゲーム系の小説ないですかね?五十嵐貴久先生 Fake望月諒子先生 大絵画展とか、そんなに上手く行くんかぁ!!って感じのが好き(笑)#望月諒子 #五十嵐貴久
skuPZSU8VnyQbPC望月諒子 蟻の棲み家 読了現代社会の光の当たらない部分を深く描き出した社会派ミステリー。誘拐事件が起きたり、命の格差がテーマにあったりして、先日読んだ「野良犬の値段」を思い出した。這い上がろうとしても貧困から抜け出せない… https://t.co/xmWwhjsUJ9
tunawtaridori第1022回 身の丈を超える金額のおそろしさ|綱渡鳥@目指せ学芸員2.0 @tunawtaridori #note https://t.co/fSol9ieC6d 本日は望月諒子氏の小説『哄う北斎』のレビュー北斎の絵を見る目が変わりそうです。
12842987望月諒子『大絵画展』(光文社)読了。さすがに第14回日本ミステリー文学大賞受賞作だけに一気に読ませる。ゴッホの「ガッシュ医師の肖像」をめぐり暗躍する人々を描く。#望月諒子 #光文社 #ゴッホ
May87151623「蟻の棲み家」 望月諒子#読了二人の女が別の場所で、銃で撃たれ死亡しているのが発見された。どちらも売春婦であり育児放棄、怠惰な生活だった。フリーの記者が真実を追う…貧困、虐待、重いが人物描写が素晴らしい社会派ミステリー
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    望月諒子さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)