トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 両角長彦

両角長彦

両角長彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

両角 長彦(もろずみ たけひこ、1960年2月25日 - )は、日本の小説家・推理作家。埼玉県川越市生まれ。北海道大学教養部理Ⅲ系中退、一橋大学経済学部卒業。
タウン誌編集部勤務など様々な職を経て、2009年、『ラガド 煉獄の教室』(応募時のタイトルは『ラガド』)で第13回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。2010年、同作でデビュー。2012年、「この手500万」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)の候補になる。2014年、『ハンザキ』で第17回大藪春彦賞の候補になる。
デビュー前のアマチュア時代に三枝蝋名義で、早川書房『S-Fマガジン』の「リーダーズ・ストーリイ」や、講談社『小説現代』の「ショートショート・コンテスト」に短編やショートショートを投稿しており、何度も作品が入選し掲載されている。

受賞歴

両角長彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

両角長彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hon_nado2019年4月26日(金) 1304Junction 運命の分岐点/湊かなえ 米澤穂信 両角長彦 杉井光 長岡弘樹 詠坂雄二/講談社文庫全体的に良かったが、2と5は既読だな
morozumitakehik3/22 発売の「小説宝石」四月号に、両角長彦「何かが起こった」が載っています。五人の男女がエレベーターの中にとじこめられる。非常電話は応答がなく、スマホで助けを呼ぼうにも、ここは裁判所なので没収されている--という話です。最後の… https://t.co/qhUFmsjldW
bungeitosyo3/22発売「小説宝石」4月号は新直木賞作家・真藤順丈の新作短編を掲載。戦中戦後を駆け抜けた謎のお笑い芸人の物語。必読。他にも真藤氏が師匠と仰ぐ平山夢明の悶絶読み切りや黒木あるじ、朱川湊人、水沢秋生、両角長彦、結城充考、黒木渚の短… https://t.co/wTWQ1dcx9S
_Havona光文社文庫編集部・編『街を歩けば謎に当たる 日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作家アンソロジー2』光文社文庫。好きな作家の短編が何作か収録されている第2弾のみ購入。海野碧、両角長彦、石川渓月、川中大樹、前川裕の5名の作家が『街』をテーマに競作。海野碧、前川裕が群を抜いて面白かった。
crimson_maze両角長彦『人間性剥奪』読了面白かったし楽しい読書の時間を味わえた。作中作の人間になりたい猫の話の不穏さも良い。しかし、読み終わって胸に残ったのはある種の虚しさ。終わってみれば自分が求めたものなど、何もなかったのだと思い知ら… https://t.co/HDUYLU8txj
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
両角長彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)