トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 両角長彦

両角長彦

両角長彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

両角 長彦(もろずみ たけひこ、1960年2月25日 - )は、日本の小説家・推理作家。埼玉県川越市生まれ。北海道大学教養部理Ⅲ系中退、一橋大学経済学部卒業。
タウン誌編集部勤務など様々な職を経て、2009年、『ラガド 煉獄の教室』(応募時のタイトルは『ラガド』)で第13回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。2010年、同作でデビュー。2012年、「この手500万」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)の候補になる。2014年、『ハンザキ』で第17回大藪春彦賞の候補になる。
デビュー前のアマチュア時代に三枝蝋名義で、早川書房『S-Fマガジン』の「リーダーズ・ストーリイ」や、講談社『小説現代』の「ショートショート・コンテスト」に短編やショートショートを投稿しており、何度も作品が入選し掲載されている。

受賞歴

両角長彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

両角長彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

skooBurial今日の電車のお供は『人間性剥奪』両角長彦/著 学校・TV局等『ラガド』と設定似てるけど、ラガドはいろんな意味でぶっ飛んでたから、人間性〜はちょっと弱いかなと思ってしまった;
morozumitakehik5/22 発売の「小説宝石」六月号に、両角長彦「大家族」が載っています。殺人事件の犯人も被害者も家族、逮捕した警察も家族、裁く検事も裁判官も、弁護士も家族、事件を報道するマスコミも家族、登場人物全員が家族という話です。ご一読いただければ幸甚です。
himazintoneko旅のお供に双葉文庫『困った作家たち』両角長彦さん。短編連作なんだけど桜木さんの性格が一話目と後でかなり違ってて、なんで「!」付けないと話せないヒステリーキャラにしちゃったんだろうと思わずにはいられなかった。でも一話目はすごく面白… https://t.co/jFUaCuMFYM
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
両角長彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)