トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 両角長彦

両角長彦

両角長彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

両角 長彦(もろずみ たけひこ、1960年2月25日 - )は、日本の小説家・推理作家。埼玉県川越市生まれ。北海道大学教養部理Ⅲ系中退、一橋大学経済学部卒業。
タウン誌編集部勤務など様々な職を経て、2009年、『ラガド 煉獄の教室』(応募時のタイトルは『ラガド』)で第13回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。2010年、同作でデビュー。2012年、「この手500万」で第65回日本推理作家協会賞(短編部門)の候補になる。2014年、『ハンザキ』で第17回大藪春彦賞の候補になる。
デビュー前のアマチュア時代に三枝蝋名義で、早川書房『S-Fマガジン』の「リーダーズ・ストーリイ」や、講談社『小説現代』の「ショートショート・コンテスト」に短編やショートショートを投稿しており、何度も作品が入選し掲載されている。

受賞歴

両角長彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

両角長彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

gagamoga今月読んで面白かった小説は、両角長彦『困った作家たち』、二宮敦人『最後の医者は桜を見上げて君を想う』『最後の医者は雨上がりの空に君を願う』、中島望『十四歳、ルシフェル』、城平京『虚構推理』、西村友里『翼のはえたコーヒープリン』。
morozumitakehik11/22 発売の「小説宝石」12月号に、両角長彦のショートショート「読書法」が載っています。先に結末を読んでしまわないと本が読めない男の話です。ご一読いただければ幸甚です。
hazuki_0924『臓器賭博』両角長彦 #読了軽かったですが面白い小説。オチはありきたりでしたが、ネタばらしをしたあとの伏線の回収がとてもよかったです。最後の一言がとても好きでした。#読書好きな人と繋がりたい #読書好きと繋がりたい https://t.co/FotvVt2eRF
mint130408両角長彦さん『人間性剥奪』とある中学校を舞台にした毒物事件。次から次へと現れる、クセの強い登場人物たちが一様に気持ち悪い。変化球ミステリを楽しみたい人向けかな。グイグイと読ませる筆力がすごかった。#読了 #読書 https://t.co/4dN18q8yw5
DirectorBJ『ラガド 煉獄の教室』両角 長彦 (著) https://t.co/ZOcm2BLT83読了しました。。。宜しければ少しでも…覗いてくださ~い。
knd_lmn両角長彦の母の正体めっちゃウケたwwwギャグだったwww
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
両角長彦さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)