トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 岡田秀文

岡田秀文

岡田秀文さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

岡田 秀文(おかだ ひでふみ、1963年11月15日。
1999年、短編「見知らぬ侍」で第21回小説推理新人賞を受賞。2001年、『本能寺六夜物語』で単行本デビュー。2002年、『太閤暗殺』で第5回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。2015年、『黒龍荘の惨劇』で第15回本格ミステリ大賞候補、第68回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)候補。

岡田秀文新刊

  • 発売日
    2020年4月15日
  • 書名
    足利兄弟 (双葉文庫)
  • 発売日
    2020年2月28日
  • 書名
    戦時大捜査網

受賞歴

日本ミステリー文学大賞新人賞

第5回2001年

日本ミステリー文学大賞新人賞

岡田秀文関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

岡田秀文関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yakow1111【足利兄弟 (双葉文庫)/岡田秀文】を読んだ本に追加 → https://t.co/GlEACg9VeD #bookmeter
welle_design『足利兄弟』岡田秀文(双葉社)、見本いただきました。ありがとうございます。鎌倉の海のイメージは親本を踏襲しつつ、兄弟を想起させる鎧武者の姿をプラス。一目で、より人間ドラマを想起させる装幀となることを目指しました。(Y)… https://t.co/N6eW0FwGoc
21c1RS2cLPLufCX今日の晩酌岡田秀文「海妖丸事件」内容も面白いし、表紙がいい味出してる。 https://t.co/f5Puziduks
kaneda_junko優しい読書家の皆様に教えていただいて、「①過去の陰惨な事件、②クローズドサークル、③見立て殺人、④連続殺人」のうち①③④を満たす、『黒龍荘の惨劇』(岡田秀文著)を読みました。島田荘司先生の御手洗シリーズとは対極にあるような味わいの作品で、かなり好みが分かれそうだなと思いました。
suluganokami@leom_iomi ちょっと古いですが「鬼と人と」(堺屋太一氏)や、「反逆」(遠藤周一氏)あたりはよかったです。あと明智光秀というより本能寺の変についてなのですが「本能寺六夜物語」(岡田秀文氏)はかなりお勧めです。
tsuruba@kaneda_junko お眼鏡にかなうか不安なところもあるのですが、たとえば岡田秀文『黒龍荘の惨劇』などはいかがでしょうか。シリーズ物ですが、いちおう前作を読まなくても楽しめるはずです。https://t.co/BX2NLR9BZB
skooBurial『月輪先生の犯罪捜査学教室』岡田秀文/著 #読了帝大生3人組の新たな登場人物がとても良い。少し人間離れした主人公月輪の代わりに、人の感情の色々な側面を担当してくれていて、三者三様の思考過程も面白い。#読書 #読書記録
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
岡田秀文さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)