トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 岡田秀文

岡田秀文

岡田秀文さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

岡田 秀文(おかだ ひでふみ、1963年11月15日。
1999年、短編「見知らぬ侍」で第21回小説推理新人賞を受賞。2001年、『本能寺六夜物語』で単行本デビュー。2002年、『太閤暗殺』で第5回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。2015年、『黒龍荘の惨劇』で第15回本格ミステリ大賞候補、第68回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)候補。

岡田秀文新刊

  • 発売日
    2018年10月10日
  • 書名
    関ヶ原 (双葉文庫)

受賞歴

日本ミステリー文学大賞新人賞

第5回2001年

日本ミステリー文学大賞新人賞

岡田秀文関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

岡田秀文関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Feb_nigatsu義教公の暴君っぷりはwikiとかにも載ってるけど、岡田秀文の『魔将軍』が一番みっちりした情報載ってるんじゃないかと思う…
nobisap岡田秀文先生の関ヶ原読んでるけど、つくづく前田利家が死んで加藤清正達に襲撃されそうになった時の家康の元に逃げ込んだ判断凄いなぁと思う。いくら家康は自分を殺せないはずって思っても、普通そんなん怖くて出来ないでしょう。宇喜多とかと協力して一戦交える選択肢もあっただろうに。
hayachikara興味深い点は探偵の事件への関わり方である。警察に不信感を抱いた漆原家の人々が探偵を依頼したことになっている。見込み捜査による冤罪作りという日本警察の問題点は明治時代からの伝統… 『黒龍荘の惨劇/岡田秀文/光文社』 https://t.co/St68wf9uWS #本が好き
honzuki_jp興味深い点は探偵の事件への関わり方である。警察に不信感を抱いた漆原家の人々が探偵を依頼したことになっている。見込み捜査による冤罪作りという日本警察の問題点は明治時代からの伝統… 『黒龍荘の惨劇/岡田秀文/光文社』 https://t.co/C8OntaQ0pO #本が好き
kinokuniyanew関ヶ原 (双葉文庫) (岡田秀文) の、紀伊國屋電子書籍版が紙書籍の20%OFFで予約開始されました。明日配信。https://t.co/wGOHyNvFfH
fujinasubi@Future_Men あ、作者は岡田秀文です。
amaebooknew関ヶ原 (双葉文庫) (岡田秀文) が、20%OFFでKindle化されました。https://t.co/9Z2bhQm148
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
岡田秀文さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)