トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 岡田秀文

岡田秀文

岡田秀文さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

岡田 秀文(おかだ ひでふみ、1963年11月15日。
1999年、短編「見知らぬ侍」で第21回小説推理新人賞を受賞。2001年、『本能寺六夜物語』で単行本デビュー。2002年、『太閤暗殺』で第5回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。2015年、『黒龍荘の惨劇』で第15回本格ミステリ大賞候補、第68回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)候補。

岡田秀文新刊

  • 発売日
    2018年2月8日
  • 書名
    海妖丸事件 (光文社文庫)

受賞歴

日本ミステリー文学大賞新人賞

第5回2001年

日本ミステリー文学大賞新人賞

岡田秀文関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

岡田秀文関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ktorachief海妖丸事件/岡田秀文 読了。月輪シリーズ3作目。前二作と違って明治である必然性は薄いものの月輪の快刀乱麻が光る作品。洋上豪華客船連続殺人で、仮面舞踏会、シェークスピア演劇、友情、恋愛と色気たっぷり。横浜→神戸→長崎→上海の航路の使い方も良い感じ。
MetwoOne帝都大捜査網/岡田秀文を読了。昭和十一年って時代設定が生きていて、犯人を追い掛ける状況がスリリングになってる。正直謎解きとしてはそれ程ややこしくは無いが、物語の構造が良くグイグイ読ませられた。まあラストのアレをどう受け入れるかで評価はガラッと変わるだろうな。
saecky3室町時代を舞台にした小説ってあんまり無いから何でも読むけど、真保裕一さんの細川政元殿を主人公にした『天魔ゆく空』と岡田秀文さんの足利義教公を描いた『魔将軍』が面白かった。あ、蓮如の小説、皆川博子さんの『乱世玉響』も。
im_philosopher#白霧学舎探偵小説倶楽部(岡田秀文)読了書き忘れていた。体調も悪いので。事件は凄惨だが青春ノベル風で読みやすかった。この人の特徴であろう。
iori_mistake【2018読書道 十三冊目】黒龍荘の惨劇/岡田秀文読了自身の読了足跡として簡単に、TwitterとInstagramに投稿してる【2018読書道】だがこれはあかん。書きたいこと多すぎるんでFacebookに長文投稿する。面白… https://t.co/xRbKR5jZV8
sengyotei岡田秀文『源助悪漢十手』(光文社時代小説文庫)、絶版なのか。出来にばらつきはあるけど面白い連作集なので、明治ミステリで知った人はチェックしよう。
jorushichii@jorushichii [新刊発売] 2018-03-09 街は謎でいっぱい: 日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作家アンソロジー (光文社文… 大石直紀/岡田秀文/新… https://t.co/oujbifvdZ9 #sinkan
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
岡田秀文さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)