トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 岡田秀文

岡田秀文

岡田秀文さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

岡田 秀文(おかだ ひでふみ、1963年11月15日。
1999年、短編「見知らぬ侍」で第21回小説推理新人賞を受賞。2001年、『本能寺六夜物語』で単行本デビュー。2002年、『太閤暗殺』で第5回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。2015年、『黒龍荘の惨劇』で第15回本格ミステリ大賞候補、第68回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)候補。

岡田秀文新刊

  • 発売日
    2018年2月8日
  • 書名
    海妖丸事件 (光文社文庫)

受賞歴

日本ミステリー文学大賞新人賞

第5回2001年

日本ミステリー文学大賞新人賞

岡田秀文関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

岡田秀文関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

gn52694303『帝都大捜査網』岡田秀文このミス16位昭和11年の東京で連続殺人事件が発生。死体が見つかるたびに一つずつ減っていく刺し傷。被害者たちのミッシングリンクは何か、そして事件の全貌は…?正直「何で16位?」ってぐらい面白かった。… https://t.co/rFvNPGl6NS
k_sgr_n岡田秀文先生の『海妖丸事件』文庫版が発売されたので買いに行ったら買い逃して通常版を購入した『伊藤博文邸の怪事件』サイン本が再入荷されていた時のショックたるや。サインの有無に関わらず素晴らしい作品に違いはないのだけど、、ああ、、、
resotta岡田秀文「帝都大捜査網」読了。昭和11年という舞台はなかなか興味深い。伏線…というか読みながら抱いた違和感も、そういうことか…!となる感覚は久々( ˘ω˘)
l9G6NqfKkFjo9po岡田秀文さんの「黒龍荘の惨劇」読みました。本格明治ミステリ。最後の謎解きが良かった。
toda_shizuhon【1階本日の新刊】光文社文庫より おすすめ文庫王国2018 国内ミステリー部門 第一位 に輝いた岡田秀文『黒龍荘の惨劇』に続く名探偵月輪シリーズ第三弾『海妖丸事件』が発売になりました。本格ミステリの醍醐味を堪能できる、傑作推理小… https://t.co/xd7Cs2cQas
asahiya_umetika★文庫新刊情報★ 本日は光文社文庫などの新刊が入荷しております。西村京太郎さん「十津川警部『悪夢』通勤快速の罠」、岡田秀文さん「海妖丸事件」等発売中です。 #光文社文庫 #新刊 https://t.co/Fd0LBUu14O
bookwall本日発売の書籍、2冊装丁を担当しました!「海妖丸事件」岡田秀文(光文社)、「乱十郎、疾走る」浅田靖丸(光文社) https://t.co/IjWb6ojz8N
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
岡田秀文さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)