トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 岡田秀文

岡田秀文

岡田秀文さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

岡田 秀文(おかだ ひでふみ、1963年11月15日。
1999年、短編「見知らぬ侍」で第21回小説推理新人賞を受賞。2001年、『本能寺六夜物語』で単行本デビュー。2002年、『太閤暗殺』で第5回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。2015年、『黒龍荘の惨劇』で第15回本格ミステリ大賞候補、第68回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)候補。

岡田秀文新刊

  • 発売日
    2017年7月28日
  • 書名
    帝都大捜査網

受賞歴

日本ミステリー文学大賞新人賞

第5回2001年

日本ミステリー文学大賞新人賞

岡田秀文関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

岡田秀文関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

zipperspy岡田秀文『帝都大捜査網』を積んでるんですが、『湖畔荘』と『狼眼殺手』がなかなか進まない問題。年末はアイアマンガーのために確保しないといけないのに。
hyvelvetde今年の「おすすめ文庫王国」は岡田秀文さんの『黒龍館の惨劇』なんですね。装丁から既に面白そうな予感。
KobunshaBunko本日発売!年末恒例の『おすすめ文庫王国2018』国内ミステリー部門において、岡田秀文さんの『黒龍荘の惨劇』が第1位!!!刊行時から本格ミステリ界の話題をさらった本作が、ついに、ついに…。タイトルを獲得しました。選者の宇田川拓也さ… https://t.co/KR1i4ErUAw
coin0713本の雑誌の文庫特集…【国内ミステリー】岡田秀文『黒龍荘の惨劇』を前のめりでオススメする! 宇田川拓也って。この文章だけで買いやん!
shimajun2008【小説】【備忘録】転生の魔/笠井潔:★★★★13・67/陳浩基:★★★★☆消人屋敷の殺人/深木章子:★★★☆ホワイトラビット/伊坂幸太郎:★★★屍人荘の殺人/今村昌弘:★★★★★白霧学舎 探偵小説俱楽部/岡田秀文:★★★
yozora_no_Luv_s帝都大捜査網/ 岡田秀文 読了昭和11年の東京が舞台の連続殺人事件。半分くらいから面白くなってきた。読んでる途中すごく違和感あったんだけどラストの一文でそういうことか…と。読んでるうちは面白かったけど(後半)終盤なんだかササっと終わってしまった感じだった。
tokyosogensha『毎日新聞』(2017年12月6日夕刊)、文化面「この一年 ミステリー」のコーナーで、今村昌弘『屍人荘の殺人』、山本巧次『開化鐵道探偵』、岡田秀文『帝都大捜査網』が紹介されています。紹介者は西上心太さんです。… https://t.co/8OonaWdtdq
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
岡田秀文さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)