トップページ > 作家名一覧 > ゆから始まる作家名一覧 > 結城充考

結城充考

結城充考さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

結城 充考(ゆうき みつたか、1970年12月26日 - )は、日本の小説家。男性。
1970年、香川県高松市に生まれる。少年時代を埼玉県で過ごす。妹はクラシックギタリストの坪川真理子。2009年現在東京都在住。
高校時代からSF、時代小説に傾倒。映画の自主制作に関わり、その後20代後半から小説の執筆に着手する。
2004年、『奇蹟の表現』で第11回電撃小説大賞の銀賞を受賞。受賞作は翌2005年に電撃文庫より刊行され、作家としてデビューする。しかしデビュー作の『奇蹟の表現』は2006年の時点で第3巻までが刊行されるも以降続刊が途絶え、しばらく作品の発表が無くなる。
2008年、有栖川有栖、石田衣良ら選考委員から絶賛され、『プラ・バロック』で第12回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。
2009年3月、光文社より『プラ・バロック』刊行。2010年には短編作品『雨が降る頃』が第63回日本推理作家協会賞候補となった。
2011年8月、初の短編集である『衛星を使い、私に』を刊行。2012年4月、『別册文藝春秋』にて初の連載小説『クロム・ジョウ』の連載を開始。
2013年11月、『奇蹟の表現』シリーズ以来のSF作品となる『躯体上の翼』を刊行。
2015年、テレビ朝日にて『クロハ 機捜の女性捜査官』のタイトルで、『プラ・バロック』がテレビドラマ化。

結城充考新刊

  • 発売日
    2019年6月12日
  • 書名
    捜査一課殺人班イルマ オーバードライヴ (祥伝社文庫)
  • 発売日
    2019年5月15日
  • 書名
    捜査一課殺人班イルマ エクスプロード (祥伝社文庫)
  • 発売日
    2019年4月12日
  • 書名
    捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター (祥伝社文庫)

受賞歴

結城充考関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

結城充考関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Kohsugi23[読了] 結城充考「捜査一課殺人班イルマ エクスプロード」(個人的評価A)今回はかなり展開が速くて面白かったね!犯人との対決はほんとドキドキするよ。毎回出てる登場人物はもっとキャラが立ってほしいかな。カガさんもまた出てほしいね。
KVZwxIXgvusWgP9読んだ文庫本 #読了結城充考さんの「捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター」「捜査一課殺人班イルマ エクスプロード」「捜査一課殺人班イルマ オーバードライブ」シリーズ第2、3、4弾。#結城充考#祥伝社文庫 https://t.co/LVzlwiuvie
OkmsOkms11オーバードライヴ | 結城充考 / ついに宇野が活躍するぞ!!!そこじゃないのは分かってるけどシリーズ読んできた人間であればうぉぉ…!ってなる展開。ショウジもとても良い。シリーズ通して、ワルっぽいけど実は人情味ある武闘派みたいなキ… https://t.co/yJK4Flk594
snowfla92847200絢音ちゃんのプラ・バロック、既に読了しているのですが、次が気になってエコイック・メモリを探しているものの行動範囲のどこの本屋に行っても無い!光文社さん、絢音ちゃんのプラ・バロックの重版と合わせて、結城充考さんの続きの方の拡充も何卒。。#乃木坂文庫 #光文社文庫
ayahana_96cat結城充考『アルゴリズム・キル』
seisol10060006アルゴリズム・キル/結城充考久し振りに読んだ「クロハ」シリーズ長編三作目。解説で吉田伸子氏も書いていたが、一作目から通奏低音のように流れている雨の音。今作ではそこまで雨のシーンは重要視されていないと思ったのだが、硬質で雨の匂いを… https://t.co/HY28LW8nWQ
_ryemugi_【読了】『捜査一課殺人班イルマ オーバードライヴ (祥伝社文庫)』結城充考 https://t.co/Pa7Jk0OpSx #booklog
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
結城充考さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)