トップページ > 作家名一覧 > ゆから始まる作家名一覧 > 結城充考

結城充考

結城充考さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

結城 充考(ゆうき みつたか、1970年12月26日 - )は、日本の小説家。男性。
1970年、香川県高松市に生まれる。少年時代を埼玉県で過ごす。妹はクラシックギタリストの坪川真理子。2009年現在東京都在住。
高校時代からSF、時代小説に傾倒。映画の自主制作に関わり、その後20代後半から小説の執筆に着手する。
2004年、『奇蹟の表現』で第11回電撃小説大賞の銀賞を受賞。受賞作は翌2005年に電撃文庫より刊行され、作家としてデビューする。しかしデビュー作の『奇蹟の表現』は2006年の時点で第3巻までが刊行されるも以降続刊が途絶え、しばらく作品の発表が無くなる。
2008年、有栖川有栖、石田衣良ら選考委員から絶賛され、『プラ・バロック』で第12回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。
2009年3月、光文社より『プラ・バロック』刊行。2010年には短編作品『雨が降る頃』が第63回日本推理作家協会賞候補となった。
2011年8月、初の短編集である『衛星を使い、私に』を刊行。2012年4月、『別册文藝春秋』にて初の連載小説『クロム・ジョウ』の連載を開始。
2013年11月、『奇蹟の表現』シリーズ以来のSF作品となる『躯体上の翼』を刊行。
2015年、テレビ朝日にて『クロハ 機捜の女性捜査官』のタイトルで、『プラ・バロック』がテレビドラマ化。

受賞歴

結城充考関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

結城充考関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

love_carlife『ファイアスターター』結城充考頁数以上にボリューミーで肉体派。まるでメガ盛りカツ丼をかっ込むが如く、息つく暇もなく読み切ってしまいました。イルマよ、そんなに尖ってたらいらん厄介ごとまで背負ってまうんちゃうか、と思ったら案の定で… https://t.co/DN2Lz5Ggqo
camelletgo真藤氏の『東京ヴァンパイア・ファイナンス』は数年前に電子版で出たけど、同じく電撃小説大賞銀賞受賞作だった結城充考氏のデビュー作『奇蹟の表現』(2005)あたりも電子化しませんかね。良作と思っている。かつ、KEI氏のイラストレーター… https://t.co/jGFp54YsMy
BaddieBeagle祥伝社文庫『狼のようなイルマ』結城充考
create_correct『プラバロック』結城充考今のところ4部まで発売されている、女性刑事・クロハを主人公にした警察小説。仮想空間など全体的に無機質で近未来感のある描写が魅力的で入り込まれる。ただそれ故に暗い印象がある。
Hermit_Liang本日の一冊 No.11 結城充考著 『衛星を使い、私に』作者氏名訂正 クロハ・シリーズ第三作ですが、時系列的には機捜に移る前の自ら隊時代のエピソード6篇の短編集。当時から、観察力、洞察力、インスピレーションに非凡な才能を見せる… https://t.co/6LfQySB2W8
yomyomclub【yomyom 2月号発売中!】◆SERIES結城充考「アブソルート・コールド」[第2回]「地上」へ降りるコチ。危険な取引に応じる元刑事の尾藤。死者の記憶にダイブした来未巡査部長。闇が、三人を誘う。https://t.co/cfs7VDKiy1
uranichi電撃作家で今、エンターテインメントで活躍しているというと結城充考さんがいるかなあ、『奇跡の表現』という素晴らしい作品を残してくれたけれども2008年に日本ミステリー文学新人賞を受賞してミステリー分野で活躍中。『躯体上の翼』という本格SF作品もあってそちらでの活躍にも期待がかかる。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
結城充考さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)