トップページ > 作家名一覧 > ゆから始まる作家名一覧 > 結城充考

結城充考

結城充考さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

結城 充考(ゆうき みつたか、1970年12月26日 - )は、日本の小説家。男性。
1970年、香川県高松市に生まれる。少年時代を埼玉県で過ごす。妹はクラシックギタリストの坪川真理子。2009年現在東京都在住。
高校時代からSF、時代小説に傾倒。映画の自主制作に関わり、その後20代後半から小説の執筆に着手する。
2004年、『奇蹟の表現』で第11回電撃小説大賞の銀賞を受賞。受賞作は翌2005年に電撃文庫より刊行され、作家としてデビューする。しかしデビュー作の『奇蹟の表現』は2006年の時点で第3巻までが刊行されるも以降続刊が途絶え、しばらく作品の発表が無くなる。
2008年、有栖川有栖、石田衣良ら選考委員から絶賛され、『プラ・バロック』で第12回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。
2009年3月、光文社より『プラ・バロック』刊行。2010年には短編作品『雨が降る頃』が第63回日本推理作家協会賞候補となった。
2011年8月、初の短編集である『衛星を使い、私に』を刊行。2012年4月、『別册文藝春秋』にて初の連載小説『クロム・ジョウ』の連載を開始。
2013年11月、『奇蹟の表現』シリーズ以来のSF作品となる『躯体上の翼』を刊行。
2015年、テレビ朝日にて『クロハ 機捜の女性捜査官』のタイトルで、『プラ・バロック』がテレビドラマ化。

受賞歴

結城充考関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

結城充考関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Masataka_0829『アルゴリズム・キル/結城充考』読了。組織捜査を逸脱する行動が問題視され、所轄署の警務課に異動になったクロハ。内勤中心の日々は単調だが、ようやく慣れ始めた。しかし、身元不明で傷だらけの少女が保護され・・・
harunomaborosi新刊 買えてない…と思ったけど 「アルゴリズム・キル」 結城充考 買ってた気が?!埋もれてるな…(-_-)
_Havona結城充考『アルゴリズム・キル』光文社文庫。クロハ・シリーズの第4弾。長編では第3作。相変わらず警察小説とは思えない無機質で、モノクロ・トーンの独特の世界観が展開される。作品としてはそこそこの出来なのに独特の世界観がクセになる。少女の変死事件と頻発する未成年者変死事件との関連は……
yanny_17mg【読メモ】岡嶋二人『眠れぬ夜の殺人』『眠れぬ夜の報復』『開けっぱなしの密室』『クラインの壷』坂木司『短劇』結城充考『衛星を使い、私に』『エコイック·メモリ』宮部みゆき『火車』三浦しをん『木暮荘物語』テ… https://t.co/BSbTayVsnc
MYBRARY_JP結城充考さんの「アルゴリズム・キル (光文社文庫)」発売中をMYBRARYの「ほしい」に追加しました。https://t.co/HB5lo6TJGi
hantenminori結城充考さんの新刊出てた( ^_^)/ユウがとても好きなので嬉しい。合宿中の大輔さんの机の上に前作二冊とも並んでてびっくりした事あったっけ。あ!あけましておめでとうございますですね。それぞれの新しいプログラムが楽しみ。怪我なく素敵なシーズンとなりますように。
poli_pro_info#警察小説文庫2018結城充考 「アルゴリズム・キル」 (光文社文庫)  6/12 https://t.co/QAxE3G8LOc
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
結城充考さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)