トップページ > 作家名一覧 > ゆから始まる作家名一覧 > 結城充考

結城充考

結城充考さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

結城 充考(ゆうき みつたか、1970年12月26日 - )は、日本の小説家。男性。
1970年、香川県高松市に生まれる。少年時代を埼玉県で過ごす。妹はクラシックギタリストの坪川真理子。2009年現在東京都在住。
高校時代からSF、時代小説に傾倒。映画の自主制作に関わり、その後20代後半から小説の執筆に着手する。
2004年、『奇蹟の表現』で第11回電撃小説大賞の銀賞を受賞。受賞作は翌2005年に電撃文庫より刊行され、作家としてデビューする。しかしデビュー作の『奇蹟の表現』は2006年の時点で第3巻までが刊行されるも以降続刊が途絶え、しばらく作品の発表が無くなる。
2008年、有栖川有栖、石田衣良ら選考委員から絶賛され、『プラ・バロック』で第12回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。
2009年3月、光文社より『プラ・バロック』刊行。2010年には短編作品『雨が降る頃』が第63回日本推理作家協会賞候補となった。
2011年8月、初の短編集である『衛星を使い、私に』を刊行。2012年4月、『別册文藝春秋』にて初の連載小説『クロム・ジョウ』の連載を開始。
2013年11月、『奇蹟の表現』シリーズ以来のSF作品となる『躯体上の翼』を刊行。
2015年、テレビ朝日にて『クロハ 機捜の女性捜査官』のタイトルで、『プラ・バロック』がテレビドラマ化。

受賞歴

結城充考関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

結城充考関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

BaddieBeagle光文社文庫『アルゴリズム・キル』結城充考『僕らの青春』半村良『京都三無常殺人事件』花房観音『消える密室の殺人』柴田よしき『風紋』松本清張『獅子の門 青龍編』夢枕獏『セント・メリーのリボン 新装版』稲見一良『生ける屍の死(上下)』山口雅也
EcilaEnaka結城充考「エクスプロード」読了。捜査一課のイルマと爆発物の専門家《ex》によって展開される心理戦。科学的な理論に裏付けされた爆弾への攻略法に唸らされるばかりでした。そして何より文体がカッコいい!
tayki_jm自分の好きな作家である結城充考が、「クロハとイルマは時間のテンポが違う」みたいなことを書いていて、何となくではあるが分かる気がする。
tokihito◎22日発売・小説NON5月号に掲載の『狼のようなイルマ4(結城充考著)』、挿画を担当しております。疾走感のあるストーリーに惹き込まれます、是非! https://t.co/NCHvLOwxN9
ichiichiyuu今から読む本。結城充考のプラ・バロック。
electric_tonbo結城充考「躯体上の翼」生体兵器として生み出された員はネットで知り合ったcyと会うための障害となる緑化政策船団二一一隻を全て墜とすことを決意する。衰退する文明や個性的なキャラクターなどの魅力的なものが詰め込ていました。心理戦の… https://t.co/NuVOh0rCAW
nlf361結城充考の躯体上の翼もおすすめしたい…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
結城充考さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)