トップページ > 作家名一覧 > ゆから始まる作家名一覧 > 結城充考

結城充考

結城充考さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

結城 充考(ゆうき みつたか、1970年12月26日 - )は、日本の小説家。男性。
1970年、香川県高松市に生まれる。少年時代を埼玉県で過ごす。妹はクラシックギタリストの坪川真理子。2009年現在東京都在住。
高校時代からSF、時代小説に傾倒。映画の自主制作に関わり、その後20代後半から小説の執筆に着手する。
2004年、『奇蹟の表現』で第11回電撃小説大賞の銀賞を受賞。受賞作は翌2005年に電撃文庫より刊行され、作家としてデビューする。しかしデビュー作の『奇蹟の表現』は2006年の時点で第3巻までが刊行されるも以降続刊が途絶え、しばらく作品の発表が無くなる。
2008年、有栖川有栖、石田衣良ら選考委員から絶賛され、『プラ・バロック』で第12回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。
2009年3月、光文社より『プラ・バロック』刊行。2010年には短編作品『雨が降る頃』が第63回日本推理作家協会賞候補となった。
2011年8月、初の短編集である『衛星を使い、私に』を刊行。2012年4月、『別册文藝春秋』にて初の連載小説『クロム・ジョウ』の連載を開始。
2013年11月、『奇蹟の表現』シリーズ以来のSF作品となる『躯体上の翼』を刊行。
2015年、テレビ朝日にて『クロハ 機捜の女性捜査官』のタイトルで、『プラ・バロック』がテレビドラマ化。

受賞歴

結城充考関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

結城充考関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ddQDDQDD今年179冊目結城充考さんプラ・バロック読ませて頂きました!いい意味で無機質。たぶん好みが分かれると思います。現実と仮想現実。近未来的。 https://t.co/BAUCJxsgzx
rrr_a989みんな結城充考のプラ・バロックから読んでシリーズ全部読んだらいいと思う
jin_harada結城充考「衛星を使い、私に」読了。クロハシリーズは緊張感が心地よい。この世界に住みたいとか思ってしまう。何故かノスタルジーというワードが浮かぶのだが懐かしさとかとは全然違うんだよな。そして黒葉なんですね。黒羽だと思ってました… https://t.co/ue3lJNAQ75
denshosaleDMM電子書籍 期間限定セール 結城充考『ファイアスターター――捜査一課殺人班イルマ』50%pt還元 1728円https://t.co/T2BybbYn6M
h_ranking_news(8/24) 電子書籍ストアランキング > 小説・文学 > 小説ランキング22位:結城充考『アルゴリズム・キル』https://t.co/6JLlrnhSIk
bookshopranking(8/09) 電子書籍 小説・文芸ランキング5位:結城充考『アルゴリズム・キル 光文社文庫』https://t.co/UZoqSA6ViJ
goemonbo結城充考『アルゴリズム・キル』(光文社文庫)を読んだ。女性警官クロハシリーズ4作目。身元不明の少年少女たちが連続して殺される。警察の会計不正も絡む。ネット空間と現実がクロス。犯人の動機が弱い気もするが…でも人間、そんなものかもしれない。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
結城充考さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)