トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森晶麿

森晶麿

森晶麿さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森 晶麿(もり あきまろ、1979年3月5日 - )は、日本の小説家・推理作家。「虚構家」を自称している。静岡県浜松市出身、香川県高松市在住。早稲田大学第一文学部卒業、日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程修了。
ライターとして漫画脚本などを手掛けながら小説の執筆活動を続ける。2011年、『奥ノ細道・オブ・ザ・デッド』で第3回日本タイトルだけ大賞を、『黒猫の遊歩あるいは美学講義』で第1回アガサ・クリスティー賞を受賞する。同作に収録されている短編「壁と模倣」の原型となった作品は2004年頃に、別の賞の最終選考に残ったことがある。
中学3年生の時、映画「ジュラシック・パーク」を観て映画監督を志す。その後、マイクル・クライトンの原作を読み、彼が映画監督もやっていることを知り、自分も「作家から映画監督になるか」と考えたのが小説家を志したきっかけとなった。好きなミステリ作家は、スタンリイ・エリン、ジャン・パトリック・マンシェット、デヴィッド・マーティンなど。
=
黒猫の遊歩あるいは美学講義(2011年10月 早川書房 / 2013年9月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の接吻あるいは最終講義(2012年5月 早川書房 / 2014年5月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の薔薇あるいは時間飛行(2012年12月 早川書房 / 2015年1月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の刹那あるいは卒論指導(2013年11月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の約束あるいは遡行未来(2014年9月 早川書房 / 2016年10月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の回帰あるいは千夜航路(2015年12月 早川書房)
黒猫のいない夜のディストピア(2018年12月 早川書房)

森晶麿新刊

  • 発売日
    2020年2月20日
  • 書名
    探偵は絵にならない (ハヤカワ文庫JA)
  • イラストレーター
    くっか

受賞歴

森晶麿関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森晶麿関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Shizu_West_News浜松が舞台のミステリー小説ヒット、森晶麿氏に聞く(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース https://t.co/zAx1972tCh https://t.co/kUHgP77eXW
yocchi_reading“浜松が舞台のミステリー小説ヒット、森晶麿氏に聞く - 社会 : 日刊スポーツ” https://t.co/ZraJklZwrm
CasthubMovie浜松が舞台のミステリー小説ヒット、森晶麿氏に聞く(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース#映画#舞台https://t.co/Dw338303xS
particolare1964浜松が舞台のミステリー小説ヒット、森晶麿氏に聞く(日刊スポーツ) https://t.co/oVPXmRI01h
mino884紹介された本・ノルウェイの森(上下)/村上春樹・もらい泣き/冲方丁・大名行列/シゲリカツヒコ・星につたえて/安東みきえ (作), 吉田尚令(絵)・ぼく、あめふりお/大森裕子・僕が恋したカフカな彼女/森晶麿・プラネタリウムの外側 /早瀬耕・盗まれた顔/羽田圭介
mizunotori“浜松が舞台のミステリー小説ヒット、森晶麿氏に聞く - 社会 : 日刊スポーツ” https://t.co/ABYH2Y7q0P #ライトノベル #ミステリ #作家 #インタビュー
nishiyanyoなるほど。→浜松が舞台のミステリー小説ヒット、森晶麿氏に聞く(日刊スポーツ) https://t.co/GiEIWjplsv
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森晶麿さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)