トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森晶麿

森晶麿

森晶麿さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森 晶麿(もり あきまろ、1979年3月5日 - )は、日本の小説家・推理作家。「虚構家」を自称している。静岡県浜松市出身、香川県高松市在住。早稲田大学第一文学部卒業、日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程修了。
ライターとして漫画脚本などを手掛けながら小説の執筆活動を続ける。2011年、『奥ノ細道・オブ・ザ・デッド』で第3回日本タイトルだけ大賞を、『黒猫の遊歩あるいは美学講義』で第1回アガサ・クリスティー賞を受賞する。同作に収録されている短編「壁と模倣」の原型となった作品は2004年頃に、別の賞の最終選考に残ったことがある。
中学3年生の時、映画「ジュラシック・パーク」を観て映画監督を志す。その後、マイクル・クライトンの原作を読み、彼が映画監督もやっていることを知り、自分も「作家から映画監督になるか」と考えたのが小説家を志したきっかけとなった。好きなミステリ作家は、スタンリイ・エリン、ジャン・パトリック・マンシェット、デヴィッド・マーティンなど。
=
黒猫の遊歩あるいは美学講義(2011年10月 早川書房 / 2013年9月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の接吻あるいは最終講義(2012年5月 早川書房 / 2014年5月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の薔薇あるいは時間飛行(2012年12月 早川書房 / 2015年1月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の刹那あるいは卒論指導(2013年11月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の約束あるいは遡行未来(2014年9月 早川書房 / 2016年10月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の回帰あるいは千夜航路(2015年12月 早川書房)

森晶麿新刊

  • 発売日
    2017年11月9日
  • 書名
    心中探偵 蜜約または闇夜の解釈 (幻冬舎文庫)
  • 発売日
    2017年11月7日
  • 書名
    探偵はBARにいる3 (ハヤカワ文庫JA)
  • 発売日
    2017年9月21日
  • 書名
    黒猫の回帰あるいは千夜航路 (ハヤカワ文庫 JA モ 5-6)
  • イラストレーター
    丹地陽子

受賞歴

森晶麿関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森晶麿関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nakanohito_geko「四季彩のサロメまたは背徳の省察」著:森晶麿 と言う本がたいへん気になってしょうがないんだけど、異世界落語3以降に買った小説ぜんぶつみっぱなしなので悩ましい
pistolstar_1742【四季彩のサロメまたは背徳の省察/森晶麿】とろとろと指の間を零れ落ちてゆく水を掬い上げるような、あるいは自らもその不思議な水の中を泳ぐような感覚で読み続けた。手を止めたら最後、絡めとられてしまい… → https://t.co/R9JhpL8tZj #bookmeter
mugi_mo_chi黒猫の遊歩あるいは美学講義/森晶麿読了メモ頁例の如く感想部分はモザイク森先生作品一冊目。読者垢さんにファンが多くわくわくと表紙を捲り、自覚してる限りでは10、11頁の雰囲気で既に沼の予感がしていた。今は沼底で新たな仲間を待っ… https://t.co/aGxpKaeGLh
Raven18450129森晶麿先生に源氏物語とか竹取物語とか古典を展開してもらいたさはある…。どう切り取られて、どう見るのか知りたい。いかに自分の知らない側面が出るのか気になる。若き日の付き人の母の話とかでどうでしょうか!笑笑
huyunatu817@youhattori1123 宝石商リチャード氏の謎鑑定めっちゃおもしろいで。森晶麿さんの本もおもしろいで。
QcQgf@SecretMusic_0 森晶麿の黒猫シリーズってググれば出るよたぶん
aonoblue_「偽恋愛小説家」森晶麿さん表紙絵が綺麗で素敵なのと、この方の作風が本当に素晴らしい大好き恋愛小説家としてデビューした作者が御伽噺のようなエピソードを持つ女性たちの隠された話を紐解いていくおはなし。その作者の担当になった女性が度々振り回されちゃいもする。2巻も良いぞ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森晶麿さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)