トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森晶麿

森晶麿

森晶麿さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森 晶麿(もり あきまろ、1979年3月5日 - )は、日本の小説家・推理作家。「虚構家」を自称している。静岡県浜松市出身、香川県高松市在住。早稲田大学第一文学部卒業、日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程修了。
ライターとして漫画脚本などを手掛けながら小説の執筆活動を続ける。2011年、『奥ノ細道・オブ・ザ・デッド』で第3回日本タイトルだけ大賞を、『黒猫の遊歩あるいは美学講義』で第1回アガサ・クリスティー賞を受賞する。同作に収録されている短編「壁と模倣」の原型となった作品は2004年頃に、別の賞の最終選考に残ったことがある。
中学3年生の時、映画「ジュラシック・パーク」を観て映画監督を志す。その後、マイクル・クライトンの原作を読み、彼が映画監督もやっていることを知り、自分も「作家から映画監督になるか」と考えたのが小説家を志したきっかけとなった。好きなミステリ作家は、スタンリイ・エリン、ジャン・パトリック・マンシェット、デヴィッド・マーティンなど。
=
黒猫の遊歩あるいは美学講義(2011年10月 早川書房 / 2013年9月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の接吻あるいは最終講義(2012年5月 早川書房 / 2014年5月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の薔薇あるいは時間飛行(2012年12月 早川書房 / 2015年1月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の刹那あるいは卒論指導(2013年11月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の約束あるいは遡行未来(2014年9月 早川書房 / 2016年10月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の回帰あるいは千夜航路(2015年12月 早川書房)

森晶麿新刊

  • 発売日
    2017年4月14日
  • 書名
    M博士の比類なき実験 (講談社文庫)
  • 発売日
    2016年12月8日
  • 書名
    人魚姫の椅子
  • イラストレーター
    丹地陽子
  • 発売日
    2016年11月15日
  • 書名
    恋路ヶ島サービスエリアとその夜の獣たち (講談社文庫)

受賞歴

森晶麿関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森晶麿関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

5add2ko森晶麿さんが今呟いてるの、ほんとそれ!と思う。ユーモアの線引きが難しい社会で悩む。笑いのセンスでもなく厳格な規律でもなく、敬意とか人格を尊重とか、そういうのでふわっと解決できたらいいのに。
ahs_pk_やっと森晶麿先生の黒猫に手を出せました☺️☺️遊歩、刹那、接吻、薔薇の順がいいと先生が言ってたのでその順にするためとりあえず遊歩と刹那を https://t.co/UJWnhdO3Xo
0823_yukirinここ1ヶ月くらいダヴィンチに載ってた森晶麿さんの短編のせいでスガシカオさん聞きたくてたまらないよー。前々から聞きたいとは思ってたけどね。誰かCDもってないかなー?
QMA_Mys_Bot2[エフェ]第1回アガサ・クリスティー賞を受賞した作家です「森晶麿」 → もりあきまろ
Cheshire_dog18『M博士の比類なき実験』森晶麿〈黒猫シリーズ〉でお馴染みの森先生の最新作。M博士が規定した美に関する四つのカテゴリなんかはとても森先生らしいと思いました✨今までの作品とはまた違った雰囲気と読了巻が味わえる作品。最後まで一気読み… https://t.co/VhIy6cutcZ
izu123san森晶麿さんの本で『ピロウボーイとうずくまる女のいる風景』(未読)ってあるんだけど、まくら☆ウォーズの山田ピロウで思い出したよね。(枕投げとは一切関係ない本である)
8901_kanade森晶麿先生の黒猫シリーズやっと読めるよおぉ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森晶麿さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)