トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森晶麿

森晶麿

森晶麿さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森 晶麿(もり あきまろ、1979年3月5日 - )は、日本の小説家・推理作家。「虚構家」を自称している。静岡県浜松市出身、香川県高松市在住。早稲田大学第一文学部卒業、日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程修了。
ライターとして漫画脚本などを手掛けながら小説の執筆活動を続ける。2011年、『奥ノ細道・オブ・ザ・デッド』で第3回日本タイトルだけ大賞を、『黒猫の遊歩あるいは美学講義』で第1回アガサ・クリスティー賞を受賞する。同作に収録されている短編「壁と模倣」の原型となった作品は2004年頃に、別の賞の最終選考に残ったことがある。
中学3年生の時、映画「ジュラシック・パーク」を観て映画監督を志す。その後、マイクル・クライトンの原作を読み、彼が映画監督もやっていることを知り、自分も「作家から映画監督になるか」と考えたのが小説家を志したきっかけとなった。好きなミステリ作家は、スタンリイ・エリン、ジャン・パトリック・マンシェット、デヴィッド・マーティンなど。
=
黒猫の遊歩あるいは美学講義(2011年10月 早川書房 / 2013年9月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の接吻あるいは最終講義(2012年5月 早川書房 / 2014年5月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の薔薇あるいは時間飛行(2012年12月 早川書房 / 2015年1月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の刹那あるいは卒論指導(2013年11月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の約束あるいは遡行未来(2014年9月 早川書房 / 2016年10月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の回帰あるいは千夜航路(2015年12月 早川書房)
黒猫のいない夜のディストピア(2018年12月 早川書房)

森晶麿新刊

  • 発売日
    2019年6月14日
  • 書名
    ホームレス・ホームズの優雅な0円推理 (富士見L文庫)
  • イラストレーター
    カズアキ
  • 発売日
    2019年3月1日
  • 書名
    毒よりもなお

受賞歴

森晶麿関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森晶麿関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

woejfcmjKcdr4wV@GamerMiNo1 ここにある本ほぼ読んだことないからわかんないけど『ヒッキーヒッキーシェイク』はお勧めする。私読んでないけど編集者さんが超格好良かったので推したい。あとねあとね、森晶麿さんの『黒猫』シリーズも。これは私の趣味。『葬偽屋』シリーズも好きだけど。
mkt_kcr【四季彩のサロメまたは背徳の省察/森晶麿】を読んだ本に追加 → https://t.co/G3QOqgQkgs #bookmeter
h__c5お風呂で小説を読むことが趣味なんですけど…森晶麿さんの本は私にとってドストライクすぎて、ついつい長湯してしまいます。1時間とか余裕で浸かってしまって、意図せず半身浴、いや3/5浴くらいです。
anotosyositu辛いときこそ大好きな作品を。森晶麿さん、「黒猫の遊歩あるいは美学講義」再読。やっぱり、洒落たお酒が似合うということでシードル。実はこのシリーズでは月と王様特に好き。愛は精神の繋がりと感じさせる本シリーズでも特に、切なさと綺麗な青い月の情景が浮かぶ。#読書好きな人と繋がりたい
moekaa4#名刺代わりの小説10選ホームズ / コナン・ドイル夜は短し歩けよ乙女 / 森見登美彦有頂天家族 / 〃黒猫シリーズ / 森晶麿花酔いロジック / 〃小説の神様 / 相沢沙呼ディリュージョン社 / はやみねかおる… https://t.co/eFJQkC92VQ
3354ppm令和最初の夏、フジファブリック「若者のすべて」を聴いた。そして森晶麿『毒よりもなお』を再読して放心している。この読後感は何年経っても思い出せそうだ。エピローグを読んで、プロローグに戻って、またエピローグを読んだ。そしてまた「若者のすべて」を聴いている。
sontyahanウェイトレスの娘が巨大な苺パフェと、少し小さすぎるカップのキリマンジャロを手にしてやってきた。黒猫がちらとコーヒーのほうを盗み見て言う。「僕なら絶対、苺パフェだね」(『黒猫の遊歩あるいは美学講義』森晶麿)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森晶麿さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)