トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森晶麿

森晶麿

森晶麿さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森 晶麿(もり あきまろ、1979年3月5日 - )は、日本の小説家・推理作家。「虚構家」を自称している。静岡県浜松市出身、香川県高松市在住。早稲田大学第一文学部卒業、日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程修了。
ライターとして漫画脚本などを手掛けながら小説の執筆活動を続ける。2011年、『奥ノ細道・オブ・ザ・デッド』で第3回日本タイトルだけ大賞を、『黒猫の遊歩あるいは美学講義』で第1回アガサ・クリスティー賞を受賞する。同作に収録されている短編「壁と模倣」の原型となった作品は2004年頃に、別の賞の最終選考に残ったことがある。
中学3年生の時、映画「ジュラシック・パーク」を観て映画監督を志す。その後、マイクル・クライトンの原作を読み、彼が映画監督もやっていることを知り、自分も「作家から映画監督になるか」と考えたのが小説家を志したきっかけとなった。好きなミステリ作家は、スタンリイ・エリン、ジャン・パトリック・マンシェット、デヴィッド・マーティンなど。
=
黒猫の遊歩あるいは美学講義(2011年10月 早川書房 / 2013年9月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の接吻あるいは最終講義(2012年5月 早川書房 / 2014年5月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の薔薇あるいは時間飛行(2012年12月 早川書房 / 2015年1月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の刹那あるいは卒論指導(2013年11月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の約束あるいは遡行未来(2014年9月 早川書房 / 2016年10月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の回帰あるいは千夜航路(2015年12月 早川書房)

森晶麿新刊

  • 発売日
    2018年6月19日
  • 書名
    火刑列島
  • 発売日
    2018年4月26日
  • 書名
    葬偽屋に涙はいらない: 高浜セレナと4つの煩悩
  • 発売日
    2018年4月6日
  • 書名
    葬偽屋は弔わない: 殺生歩武と5つのヴァニタス (河出文庫)

受賞歴

森晶麿関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森晶麿関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tukinoshizuku0824冊目、森晶麿著葬偽屋に涙はいらない
dZ4j0SuXu3ZAMGv森晶麿さんの「偽恋愛小説家」「俗、偽恋愛小説家」を一気読み童話がモチーフになってるのが最高に好き。私も月子と一緒に惑わされたけれど疑いながら読んでると脳みそが疲れたので素直に驚いたり感心したりしながら読み進めることにした夢セン… https://t.co/Hg36dJMLH1
tokiwashizu太田忠司『ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を』(東京創元社)昨日ご紹介した2冊も一緒に、喜多喜久『「はじめまして」を3000回』(幻冬舎)森晶麿『火刑列島』(光文社) #志津に入荷してます https://t.co/aE3eOMRAis
Xvw9v9dXCfxyiOK#好きな作家を5人あげるとその人の趣味がわかる森晶麿榎田ユウリ峰守ひろかず 桑原水菜米澤穂信
a0_03s森晶麿さんは黒猫と偽恋愛小説家が好き黒猫そろそろ読み返したいな
saRacket今日の戦利品。「火刑列島」森晶麿「モーパッサン短編集II」「綺羅の皇女」宮乃崎桜子モーパッサンは森先生の「椅子直しの女」からはまって細々と読んでて、二冊目にまいります。 https://t.co/BS69MzJ7JH
ada39ra『黒猫』シリーズが私に与えた影響って物凄く大きいなぁって再確認した。この本のおかげでさらに本が好きになったし勉強したくなったし成績上がったしいい事だらけである。森晶麿さんに感謝。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森晶麿さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)