トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 森晶麿

森晶麿

森晶麿さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

森 晶麿(もり あきまろ、1979年3月5日 - )は、日本の小説家・推理作家。「虚構家」を自称している。静岡県浜松市出身、香川県高松市在住。早稲田大学第一文学部卒業、日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程修了。
ライターとして漫画脚本などを手掛けながら小説の執筆活動を続ける。2011年、『奥ノ細道・オブ・ザ・デッド』で第3回日本タイトルだけ大賞を、『黒猫の遊歩あるいは美学講義』で第1回アガサ・クリスティー賞を受賞する。同作に収録されている短編「壁と模倣」の原型となった作品は2004年頃に、別の賞の最終選考に残ったことがある。
中学3年生の時、映画「ジュラシック・パーク」を観て映画監督を志す。その後、マイクル・クライトンの原作を読み、彼が映画監督もやっていることを知り、自分も「作家から映画監督になるか」と考えたのが小説家を志したきっかけとなった。好きなミステリ作家は、スタンリイ・エリン、ジャン・パトリック・マンシェット、デヴィッド・マーティンなど。
=
黒猫の遊歩あるいは美学講義(2011年10月 早川書房 / 2013年9月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の接吻あるいは最終講義(2012年5月 早川書房 / 2014年5月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の薔薇あるいは時間飛行(2012年12月 早川書房 / 2015年1月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の刹那あるいは卒論指導(2013年11月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の約束あるいは遡行未来(2014年9月 早川書房 / 2016年10月 ハヤカワ文庫JA)
黒猫の回帰あるいは千夜航路(2015年12月 早川書房)

森晶麿新刊

  • 発売日
    2017年11月9日
  • 書名
    心中探偵 蜜約または闇夜の解釈 (幻冬舎文庫)
  • 発売日
    2017年11月7日
  • 書名
    探偵はBARにいる3 (ハヤカワ文庫JA)
  • 発売日
    2017年9月21日
  • 書名
    黒猫の回帰あるいは千夜航路 (ハヤカワ文庫 JA モ 5-6)
  • イラストレーター
    丹地陽子

受賞歴

森晶麿関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

森晶麿関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

gohan_bo_n_toウェイトレスの娘が巨大な苺パフェと、少し小さすぎるカップのキリマンジャロを手にしてやってきた。黒猫がちらとコーヒーのほうを盗み見て言う。「僕なら絶対、苺パフェだね」(『黒猫の遊歩あるいは美学講義』森晶麿)
sontyahanウェイトレスの娘が巨大な苺パフェと、少し小さすぎるカップのキリマンジャロを手にしてやってきた。黒猫がちらとコーヒーのほうを盗み見て言う。「僕なら絶対、苺パフェだね」(『黒猫の遊歩あるいは美学講義』森晶麿)
mys_sus_bot【順番当て】次の推理作家・森晶麿の作品を刊行された順に選びなさい『黒猫の接吻あるいは最終講義』→『黒猫の薔薇あるいは時間飛行』→『黒猫の約束あるいは遡行未来』
nowhere1295そうやって図書館の棚の間をうろうろしてる間に『偽恋愛小説家』を見つけて森晶麿さんの作品を漁るようになったり。その前はダイアナ・ウィン・ジョーンズさんの作品を漁ってた時期もある。
yayoi_read購入確定本:仲町さんの新刊      森晶麿さんの新刊に文庫本      篠原悠希さんの #金椛国春秋 の新刊
horsekrock生存報告15人魚姫の椅子森晶麿いやお前狂ってるわみたいな感想になる
chibikko_ent森晶麿さんの「黒猫シリーズ」、文庫版で読んでいるため、シリーズ2作目は『黒猫の刹那あるいは卒論指導』だと思ってました。『…刹那…』の第一話を読んだ後、何気なく巻末のインタビューを見て、あれ??これ4作目?単行本の刊行順に読むことにしました。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
森晶麿さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)