トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 難波利三

難波利三

難波利三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

難波 利三(なんば としぞう、男性、1936年9月25日 - )は日本の小説家である。日本文芸家協会、日本ペンクラブ、各会員。
島根県邇摩郡温泉津町(現・大田市)の宮大工の家に生まれる。苦学して、1960年 関西外国語大学英米語学科中退。
大阪で流しのギター弾きをする。プラスチック業界新聞に勤務。病気に倒れ結核で療養所にいた時、「小説新潮」の懸賞に2度入選(1964年の「夏の終わる日」等)。1965年退院すると、英語塾を開く傍ら、本格的に書き始める。
1970年からオール読物新人賞に応募し、「地虫」で1972年受賞、同作で直木賞候補となる。「雑魚の棲む路地」で同候補。1974年「イルティッシュ号の来た日」、1975年「天を突く喇叭」、1978年「大坂希望館」と、五回直木賞候補となる。
黒岩重吾に半ば師事し、官能小説などを書くが、1984年、下積みの芸人たちを描いた『てんのじ村』で直木賞受賞。
堺市南区在住。

受賞歴

難波利三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

難波利三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

JJaPopC3iH8Vflp大阪を知るには「難波利三」さんの小説を読むのが一番、てんのじ村記念碑が寂しそうだった。 https://t.co/ICc3FINdhs
raisen_bot_qmaNo.82 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒難波利三―てんのじ村、村松友規―時代屋の女房、胡桃沢耕史―黒パン俘虜記
raisen_bot2_qmaNo.164 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒高橋治―秘伝、難波利三―てんのじ村、胡桃沢耕史―黒パン俘虜記
ds_5_bot【並】1984年に第91回直木賞を受賞した、難波利三の小説のタイトルは?→てんのじ村
hanabusakannon「西成山王ホテル」は、ちくま文庫から復刊された黒岩重吾の飛田もの第二弾で、第一弾の「飛田ホテル」の解説は難波利三さん!https://t.co/uabMPjBoAz
toroneiこの三年ぐらいずっと亡くなった人扱いしていた難波利三さんが、存命ということを今日気付かされた。
kokura80直木賞作家の難波利三先生も審査されます。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
難波利三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)