トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 東川篤哉 > 謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで(東川篤哉)

謎解きはディナーのあとで(著者:東川篤哉)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:謎解きはディナーのあとで
  • 著者:東川 篤哉
  • ページ数:255
  • 出版社:小学館
  • ISBN-10:409386280X
  • ISBN-13:9784093862806

東川篤哉新刊

  • 発売日
    2018年11月10日
  • 書名
    世にもふしぎな動物園 (PHP文芸文庫)
  • 発売日
    2018年7月12日
  • 書名
    ライオンの歌が聞こえる 平塚おんな探偵の事件簿2 (祥伝社文庫)

謎解きはディナーのあとで関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.10.29 「サスペンスの女王が犯人候補!? これは事件だ!」東川篤哉『探偵少女アリサの事件簿』が豪華キャストでドラマ化決定

    「謎解きはディナーのあとで」シリーズや「烏賊川市」シリーズなど、数々の傑作ミステリー小説を生み出してきた作家・東川篤哉の大人気作品『探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて』。同作が今冬、「探偵少女アリサの事件簿」のタイトルでドラマ化されることが決定した。キャストには本田望結や名取裕子、田中圭といった豪華な面々が名を連ね、原作ファンからは「望結ちゃんが天才探偵ってめっちゃハマり役じゃん!」「サスペンスの女王・名取裕子が犯人候補!? これは事件だ!」と期待の声が上がっている。

  • 2016.7.25 「こち亀」40周年記念小説で、両さんが「おそ松さん」や「ガルパン」と激突

    秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の連載40周年と、単行本200巻の発売を記念したアンソロジー小説「VS.(バーサス)こち亀 こちら葛飾区亀有公園前派出所ノベライズアンソロジー」が、9月17日に刊行されることが決定した。

  • 2015.5.7 小説とラノベを分けるのはナンセンス!? 人気の「キャラ文芸」とは何か?【識者解説】

    「ライト文芸」「キャラ文芸」と呼ばれるエンタメ小説のレーベルが次々と創刊されている。これは「ライトノベル」や一般文芸のエンタメ小説といったいどこが違うのか? そんな基本的なことから、このジャンルが注目されている理由、今後の展開についてまで、『ライトノベルから見た少女/少年小説史』の著者で辰巳出版が2月に創刊したライト文芸レーベル「T-LINEノベルズ」の監修も務める大橋崇行さんに聞いた。

東川篤哉のその他受賞歴(候補含む)

謎解きはディナーのあとで関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mys_sus_bot【スロット】実は世界的な企業グループの令嬢という設定の、東川篤哉の小説『謎解きはディナーのあとで』シリーズに登場する女刑事は?→宝生麗子
life_gro_bot[エフェ]『謎解きはディナーのあとで』で本屋大賞を受賞した作家です 東川篤哉 →ひがしがわとくや
wimper0425haru@kkkattso 東川篤哉さんが執筆されてるミステリーが好きです(*´∀`*)謎解きはディナーのあとでは有名ですよねー!
minku_5@kyanother ホラー(スプラッタ)が大丈夫でしたら綾辻行人先生がおすすめです(Anotherを書いた方です)コミカルなミステリーだと東川篤哉さん(謎解きはディナーのあとでなど)が読みやすいかなぁと思います☺️
sindouharuhito2東川篤哉の、櫻井翔と北川景子主演でドラマ化映画化もした「謎解きはディナーのあとで」で初めて推理小説を読んで、そこから推理小説全般を読むようになった人って結構いるんだろうなあ。
book_beans2011年本屋大賞は、『謎解きはディナーのあとで』 著/東川篤哉(小学館)だったね。執事:櫻井翔君、お嬢様:北川景子でドラマ化されたよね。2位は『ふがいない僕は空を見た』 著/窪美澄(新潮社)で、3位は『ペンギン・ハイウェイ』 著/森見登美彦(角川書店) だったよ。
dRjLAV5jK8lVjKj@keematsubokkuri えー、なんで急にいじわるですかー!!笑みーやさんのプロフィール欄にミステリ寄りって書いてあったので、ミステリーで言うと、綾辻行人さんの館シリーズとか、東川篤哉さんの謎解きはディナーのあとでとか… https://t.co/3EwpAhYYkq
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)