トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 島田荘司

島田荘司

島田荘司さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

島田 荘司(しまだ そうじ、1948年10月12日 - )は、日本の小説家、推理作家。ロサンゼルスと吉祥寺に居を構えていたが、現在は日本にほぼ在住している。
広島県福山市に生まれる。広島県立福山誠之館高校、武蔵野美術大学商業美術デザイン科を卒業。ダンプカーの運転手、ライター、ミュージシャンなどを経て、1981年に名探偵御手洗潔が登場する『占星術殺人事件』(投稿時の題名は『占星術のマジック』)が江戸川乱歩賞最終候補作品となり小説家としてデビューする。本作は2014年1月、イギリスの有力紙『ガーディアン』で「世界の密室ミステリーベスト10」の第2位に選ばれた。
主な作品には、この御手洗潔シリーズの他に、吉敷竹史シリーズがある。吉敷竹史シリーズはTBS系で『警視庁三係・吉敷竹史シリーズ』としてドラマ化されている。その他死刑、冤罪、日本人論、文明論を扱った作品も執筆している。2015年12月現在、御手洗潔シリーズの国内累計総部数は532万5千部に到達している(海外翻訳版、コミカライズ、角川書店分はノーカウント)。
近年は本格ミステリーにおける新人の推薦にも力を入れている。松本清張などの社会派推理小説が優勢だった当時のミステリー界に「新本格」推理のジャンルを切り拓き、綾辻行人、歌野晶午らを世に出すなど、1980年代後半から現在のミステリー隆盛に繋がる流れを創った。このことから「新本格」ミステリーの祖とされ、稀に「新本格のゴッドファーザー」「ゴッド・オブ・ミステリー」として称される機会もある。2007年からは、出身地である広島県福山市が開催する「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」の選考委員を務め、本格推理小説の書き手を発掘している。
また近年では、日本のみならずアジア全体に視野を広げ、本格推理小説の発展を支えている。2008年からは台湾の出版社皇冠文化出版と、日本の文藝春秋、中国、タイの出版社がタッグを組んで開催する「島田荘司推理小説賞」の募集が開始され、その最終選考を本人自ら行っている。2009年には、講談社より刊行される「島田荘司選 アジア本格リーグ」の選者となり、アジア各地域の良質な本格推理小説を紹介している。また日本国内でも2011年3月スタートの南雲堂の本格ミステリー・ワールド・スペシャルというシリーズにおいては二階堂黎人と共に日本国内の新人作家の推理小説を多数編纂・監修、講談社発「本格ミステリー『ベテラン新人』発掘プロジェクト」では講師として60歳以上のベテラン新人を発掘。
2015年3月には御手洗潔シリーズ初の映像化となる『傘を折る女』が単発ものとしてフジテレビ系で放送された。さらに翌2016年6月には、出身地である福山市制100周年を記念して地元福山を舞台に映画化の為に書き下ろした『星籠の海』が全国公開された。このように還暦を過ぎても今尚旺盛な作家活動を展開しており、現在日本の本格ミステリー界を代表する巨匠であり、重鎮的存在でもある。

島田荘司新刊

  • 発売日
    2017年8月10日
  • 書名
    名探偵傑作短篇集 御手洗潔篇 (講談社文庫)
  • 発売日
    2017年8月4日
  • 書名
    幻肢 (文春文庫)

受賞歴

島田荘司関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

島田荘司関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sunset_koni短編が読みたいなあ。後味悪いやつ。モヤモヤしたい。『頼子のために』『鬼の跫音』短編ちゃうけど『向日葵の咲かない夏』『隣の家の少女』この辺りが好きなんですが、なんかないかしら。文体は島田荘司がしっくり。入院中は色んな纏足のご本読んで、なんかちょっとした纏足マスターになりました。
flow2005yob「数字錠」から始まって「SIVAD SELIM」で終わると聞いたから、島田荘司『名探偵傑作短篇集 御手洗潔篇』(講談社文庫)買ってきた。熱い紅茶と一緒に読むなら冬なんだろうけど、今日はまだ涼しいからいいか。 https://t.co/SMX0TxBKNU
DXYUZU同人作家さんに送られたファンブックを自作で登場人物に読ませた上に、「10代の青少年みたいに描いてくれるの嬉P」とか台詞を言わせてしまう島田荘司先生ほど寛大な作家はいないのではないだろうか。
nana_west島田荘司のツイッターが怖い。。
AYAKO_cyan金田一少年は島田荘司の星占術殺人事件のトリックを盗作した前科があるからあまりいい印象がないです。
Nenmaku_島田荘司の次回作は癌の消失トリックか?
torezubook「吉敷竹史、十八歳の肖像」は、島田荘司さんの吉敷刑事の若かりし頃のお話。 「お前、警察官になったらどうだ?」この一言が、吉敷の人生を変えた? https://t.co/D7QWi09HqW
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)