トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 東野圭吾 > 超・殺人事件

超・殺人事件(東野圭吾)

超・殺人事件(著者:東野圭吾)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:超・殺人事件―推理作家の苦悩 (新潮文庫)
  • 著者:東野 圭吾
  • ページ数:301
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101395225
  • ISBN-13:9784101395227

東野圭吾新刊

  • 発売日
    2018年10月11日
  • 書名
    沈黙のパレード
  • 発売日
    2018年8月9日
  • 書名
    HEADS(ヘッズ)(1)【期間限定 無料お試し版】

超・殺人事件関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.12.4 【今週はこれを読め! SF編】ガンマ線バーストでも終わらない世界のために

    第六回ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞作。六篇の連作からなり、遠い未来が舞台だ。もはや人間は肉体にしばらておらず、思うがままに精神をアップロードできる(これが表題の「トランスヒューマン」たる所以)。「童話」をうたっているのは、誰もが知っているような童話を下敷きにしているからだ。

  • 2018.11.28 【今週はこれを読め! エンタメ編】予想もつかない物語〜藤谷治『燃えよ、あんず』

    どんな展開になっていくのか想像もつかない、という読書体験を久しぶりに味わった気がします。だいたいの小説は、読む前からどのような話なのかということは予想できるものではないでしょうか。『吾輩は猫である』→「猫が出てくるんだろうな」、『1973年のピンボール』→「1973年のピンボールの話なんだろうな」と、題名からでも見当がつくものもあります。

  • 2018.11.13 【今週はこれを読め! SF編】ITによって変貌しゆくアクチャルな未来を描いた連作集

    ITの発展、およびそれを取りまく文化によって、変わりゆく近未来を描く連作。作中で用いられるのは空想的な超テクノロジーではなく、いま現実にあるツールやメソッドであり、主題となるのも、いまの世界が直面している(あるいは、これから不可避に直面するであろう)アクチャルな問題だ。そして、もっとも注目すべきは、それに取り組む主人公たちの行動原理である。

東野圭吾のその他受賞歴(候補含む)

超・殺人事件関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ruru201155家にある小説(文庫本)でまだ読んでないの村上春樹しかない〜!1Q84超長編だから今は読む気分じゃない、ということで父の本棚覗いたら東野圭吾と池井戸潤と有川浩がいたので最近は有川浩祭り開催しております。
Ko_archer東野圭吾さんの手紙がドラマ化するのか!これは超楽しみ!
mami_hosokawaなんやもろたで読むでなこういうぼろぼろの本適当にもらってざっくり読むの超好きかまえないから気分転換になっていいんだろね東野圭吾自分では買ったことないのになにかと読んでるかもしれん読みやすきな! https://t.co/PK657Q4Jvm
XXq6mq5ZvvnUbxBラプラスの魔女東野圭吾ずっと積んでたけどやっと読めた超能力があったラプラスの悪魔についての知識がついたちょっと面白かった
kokoyu731これは納得のラインナップ彡(^)(^) 不連続殺人事件は書き方の癖が強いから慣れるまで読みにくいですが間違いなく超名作(あと登場人物がやたら多いw)もう少し選べるなら、ベタだけど どちらかが彼女を殺した/東野圭吾 も入れたいで… https://t.co/o4FwXdqiJ7
kalinacamo和牛の靴箱の札が「にー」だったの超笑った。東野圭吾も。 https://t.co/39PzYoU21m
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)