トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 逢坂剛

逢坂剛

逢坂剛さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

逢坂 剛(おうさか ごう、1943年11月1日 - )は、日本の小説家、推理作家。東京都文京区生まれ。本名は中 浩正(なか ひろまさ)|date=2017年9月。父は挿絵画家の中一弥。
開成高校を経て、中央大学法学部へ進学。1966年に卒業、博報堂に勤務する傍ら、執筆活動を行う。17年ほど兼業した後、1997年に社屋が芝浦に移るのを機に31年勤めた同社を早期退職し、神田神保町にオフィスを構える専業作家となった。
17、8歳の頃から独習でクラシック・ギターを弾いていたが、大学時代に限界を感じる、カンテ・フラメンコを聴いてはまる。このことが影響し、作家になってからも『カディスの赤い星』をはじめとしてスペインを舞台にした作品を多く執筆している。また、オフィスにはギターがいくつも置かれているという。
2001年から2005年まで日本推理作家協会理事長を務めた。
愛棋家としても知られ、2008年4月に開幕した第66期名人戦七番勝負では、第一局を対局場となった東京都文京区にある椿山荘で観戦している。日本将棋連盟の会長を務めた米長邦雄とは、中央大学の同期生で旧知の間柄である。
古書と食に精通することでも知られ、行きつけのカレー店を『十字路に立つ女』など自身の作品にも登場させている。

逢坂剛新刊

  • 発売日
    2018年10月6日
  • 書名
    池波正太郎と七人の作家 蘇える鬼平犯科帳 (文春文庫)
  • 発売日
    2018年3月20日
  • 書名
    棋翁戦てんまつ記 (集英社文庫)
  • 発売日
    2018年2月20日
  • 書名
    墓標なき街 (集英社文庫)

受賞歴

逢坂剛関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

逢坂剛関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jun_ito_info逢坂剛さん原作、高島礼子さん主演の『さまよえる脳髄』がtubeで無料で見られるようになりました。礼子様ご本人は「あの作品だけ東映さんのご恩に報いるために…」とのこと。剛爺は「撮影を見に行った時は、高島さんがいなくて会っていないんだ… https://t.co/tAuOF8U7aQ
NovelAwardあと477 日『第12回ちよだ文学賞』〆切:2017年4月30日枚数:40字×40行で30枚以内大賞:100万円、書籍化審査員:角田光代、唯川恵、逢坂剛/https://t.co/9SoNyQVs82
kenkobayashi4百舌の叫ぶ夜(百舌シリーズ)(逢坂剛 )・・・初期の傑作 → https://t.co/oN6Eumy5Ip @さんから
Nils76Whistleマンガならともかく、「小説」の連載ってどうしても読めない私。家でとってる新聞で、持ってる本のシリーズの新作が連載されてるのに!宮部みゆき!逢坂剛!単行本じゃなく文庫派なもんで、私が読めるのはいつになるやら・・・
hit4boy逢坂剛『裏切りの日々』名作『百舌の叫ぶ夜』に先立つ公安警察シリーズ第0弾。『百舌・・・』で魅力的だった人物造形や、会話のキレ、スピード感は足りません。中だるみ感があるけれど、ラストにむかって盛り返してはくれます。まずまずでしょうか。https://t.co/Tnwv5EAw5N
MyDearOldFilms1994年日テレ系『まりえの客』: 原作 逢坂剛,出演:三宅裕司、香坂みゆき、床嶋佳子、山口果林、弥生みつき。主人公は広告代理店課長,自宅にかかる無言電話に悩んでいた。つきまとう契約社員の美女,かつての不倫相手とその妹と周囲に女性が近づく。その不倫相手が急な病で倒れる。
tyughjbn0015百舌の叫ぶ夜(百舌シリーズ)(逢坂剛 )・・・初期の傑作 → https://t.co/vdfQ2dGPA6 @さんから
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
逢坂剛さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)