トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 逢坂剛

逢坂剛

逢坂剛さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

逢坂 剛(おうさか ごう、1943年11月1日 - )は、日本の小説家、推理作家。東京都文京区生まれ。本名は中 浩正(なか ひろまさ)|date=2017年9月。父は挿絵画家の中一弥。
開成高校を経て、中央大学法学部へ進学。1966年に卒業、博報堂に勤務する傍ら、執筆活動を行う。17年ほど兼業した後、1997年に社屋が芝浦に移るのを機に31年勤めた同社を早期退職し、神田神保町にオフィスを構える専業作家となった。
17、8歳の頃から独習でクラシック・ギターを弾いていたが、大学時代に限界を感じる、カンテ・フラメンコを聴いてはまる。このことが影響し、作家になってからも『カディスの赤い星』をはじめとしてスペインを舞台にした作品を多く執筆している。また、オフィスにはギターがいくつも置かれているという。
2001年から2005年まで日本推理作家協会理事長を務めた。
愛棋家としても知られ、2008年4月に開幕した第66期名人戦七番勝負では、第一局を対局場となった東京都文京区にある椿山荘で観戦している。日本将棋連盟の会長を務めた米長邦雄とは、中央大学の同期生で旧知の間柄である。
古書と食に精通することでも知られ、行きつけのカレー店を『十字路に立つ女』など自身の作品にも登場させている。

逢坂剛新刊

  • 発売日
    2019年6月12日
  • 書名
    日本推理作家協会賞受賞作家 傑作短編集(9)-冒険と謀略と (双葉文庫)
  • 発売日
    2019年6月1日
  • 書名
    対談 戦争とこの国の150年: 作家たちが考えた「明治から平成」日本のかたち
  • 発売日
    2019年4月4日
  • 書名
    フラメンコに手を出すな!

受賞歴

逢坂剛関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

逢坂剛関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

wanabe_botミステリは体操と同じで着地を誤ると、それまでどんなに良くてもまずくなる。ミステリ応募作の欠点のひとつがそれで、三分の二くらいまでは抜群のペースでおもしろく読ませるのに、最後にガタガタッと崩れてしまうケースが多い。結末の処理の仕方にこそプロとアマの差が大きく出ると思う。【逢坂剛】
b_effect_bot2Q701.息子に作家の逢坂剛を持った主に時代小説を手がけた挿絵画家【中一弥】A.なかかずや
osamu70641037幻の翼(百舌シリーズ) (逢坂剛)・・・「百舌の叫ぶ夜」の続編になっています。 https://t.co/FW1gMSBqjE @さんから
Munekyun_Novels「おれの辞書では、そういうのを山勘というんだ」 「おまえが辞書を持ってるなら、おれは死海文書を持ってるよ」【梢田威・斉木斉/おれたちの街/逢坂剛】
kanmeito0618 <RT 作家・逢坂剛さんの話に圧倒されました https://t.co/QoqGjD4Y1L
m65sm百舌の叫ぶ夜(百舌シリーズ)(逢坂剛 )・・・初期の傑作 → https://t.co/OiefpQOSeW @さんから
hit4boy逢坂剛『斜影はるかな国』スペイン内戦に身を投じた日本人義勇兵を追うミステリ。1936年と現在が錯綜しながら物語は進みます。謎の殺し屋、隠された財宝、洞窟内での死闘という冒険小説の趣もありラストの驚きの真相まで一気に読ませてくれます。https://t.co/WadCayRbNv
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
逢坂剛さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)