トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 多和田葉子 > 容疑者の夜行列車

容疑者の夜行列車(多和田葉子)

容疑者の夜行列車(著者:多和田葉子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:容疑者の夜行列車
  • 著者:多和田 葉子
  • ページ数:163
  • 出版社:青土社
  • ISBN-10:4791759737
  • ISBN-13:9784791759736

多和田葉子新刊

  • 発売日
    2019年4月25日
  • 書名
    文学2019
  • 発売日
    2019年4月12日
  • 書名
    雲をつかむ話/ボルドーの義兄 (講談社文芸文庫)

容疑者の夜行列車関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.6.12 【書評】雲をつかむ話 [著]多和田葉子

    ■「犯人」たちに入り込んでいく 「物事の漠然としてとらえどころのないさま」。「雲をつかむ」の語義として広辞苑にはこう書かれている。そんなタイトルにふさわしく、本書にはふわふわと浮遊するような不思議なエピソードが盛りだくさんだ。一方で、雲のようにもくもくとわき出す妄想から、地上にいてはけっして見ることのできない、新しい風景が広がっていく印象もある。

多和田葉子のその他受賞歴(候補含む)

容疑者の夜行列車関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

future_college_『本の世界』(2)『容疑者の夜行列車』多和田葉子読むことの愉楽を味わう。戦慄と陶酔の夢十三夜。旅人のあなたを待ち受ける奇妙な乗客と残酷な歓待。宙返りする言葉を武器にして、あなたは国境を越えてゆけるか。―稀代の物語作者による… https://t.co/ekdM4nc8Yu
mikoshi15月に買った多和田葉子さんの『容疑者の夜行列車』を最近ようやく読めまして。ページの端に記される章題(所謂る“柱”)の位置が不統一なのは、旅をモチーフにした短篇連作だから、紙の上を移動してるって解釈でいいんでしょうかね?ちなみに… https://t.co/5m5tCkDiGu
SYumio_Bot夜行列車で、頭から足の先まで明らかに吸血鬼と分かる相手にでくわすことなど滅多にない、むしろ、魔は細部に宿るものだ、とベック氏は言うのである。(『容疑者の夜行列車』多和田葉子)
ds_5_bot【連】①『球形時間』②『ヒナギクのお茶の場合』③『容疑者の夜行列車』④『犬婿入り』で芥川賞→多和田葉子
chim_donchu多和田葉子『容疑者の夜行列車」読んだ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)