トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青木淳悟 > 四十日と四十夜のメルヘン

四十日と四十夜のメルヘン(青木淳悟)

四十日と四十夜のメルヘン(著者:青木淳悟)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:四十日と四十夜のメルヘン (新潮文庫)
  • 著者:青木 淳悟
  • ページ数:246
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101282714
  • ISBN-13:9784101282718

四十日と四十夜のメルヘン関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.3.3 【文芸月評】戦後70年と向き合う

    老いて脈打つ執筆の衝迫

  • 2012.7.18 作家の読書道 第127回:青木淳悟さん

    今年『私のいない高校』で三島由紀夫賞を受賞した青木淳悟さん。デビュー作「四十日と四十夜のメルヘン」から独自の空間の描き方を見せてくれていた青木さんはいったい、どんな本を好み、どんなきっかけで小説を書きはじめたのでしょう。それぞれの作品が生まれるきっかけのお話なども絡めながら、読書生活についてうかがいました。

  • 2012.6.4 三島由紀夫賞・青木淳悟さん 山本周五郎賞・原田マハさん 受賞会見

    第25回三島由紀夫賞(新潮文芸振興会主催)に、青木淳悟(じゅんご)さん(33)の『私のいない高校』(講談社)が、同山本周五郎賞(同)には原田マハさん(49)の『楽園のカンヴァス』(新潮社)が選ばれた。ともにデビューから7~9年、実績のある実力派の2人が5月15日の選考終了後に東京都内で行われた会見で、受賞の喜びと今後の抱負を語った。(海老沢類)

青木淳悟のその他受賞歴(候補含む)

四十日と四十夜のメルヘン関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sukinabunshouこのあたりの事情について作家本人は、「パンを得るべく」「広い意味での文筆家になった」などと書いているが、その通過儀礼だとでもいうように、名前の方も平成元年付で「はいじま みのる」と改めている。青木淳悟「四十日と四十夜のメルヘン」
monokaki_jp今回のデビュー作は『四十日と四十夜のメルヘン(著:青木淳悟)』。木村綾子さん(@kimura_ayako)が思いを馳せた、言葉で残すということとは?▶︎https://t.co/tqlOZZDwCy#monokaki
InfoJunktion青木淳悟『四十日と四十夜のメルヘン』(新潮社、2005)青木玉『小石川の家』(講談社、1994)阿川弘之『春風落月』(講談社、2002)浅倉卓弥『雪の夜話』(中央公論新社、2005)朝吹真理子『きことわ』(新潮社、2011)
Horopc9379新刊で買ってから九年近く積んであった青木淳悟の『四十日と四十夜のメルヘン』の文庫版を読み始めたんだけど、十何年か前に単行本で何が何だか分かんなくて、やっとで通読した時よりは読めるようになってるようである
haikainoやっぱりヌーヴォー・ロマンあたりの横に青木淳悟の『四十日と四十夜のメルヘン』(『匿名芸術家』)を置いてみても違和感がない。なによりおもしろかった。土地も好きな住宅街だし、チラシのバイトの変な感じとかも。
sasakiatsushi早稲田大学院現代文芸、青木淳悟の巻、面白かった。『四十日と四十夜のメルヘン』と『私のいない高校』を読んできた学生が多かった。細部を読み込んだ読解が幾つも提出され、ほお!とかああ!とか思うことが多かった。小説家というより「小説」の製作者、物語化を躱す作家という評言になるほど!と。
manie_okmt保坂和志/プレーンソング沢木耕太郎/深夜特急國分功一郎/暇と退屈の倫理学青木淳悟/四十日と四十夜のメルヘン江國香織/ホリーガーデン柴崎友香/星よりひそかに町田康/告白カフカ/審判森見登美彦/夜は短し歩けよ乙女大槻ケンヂ/グミチョコパイン#名刺代わりの本10選
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)