トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青木淳悟 > 四十日と四十夜のメルヘン

四十日と四十夜のメルヘン(青木淳悟)

四十日と四十夜のメルヘン(著者:青木淳悟)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:四十日と四十夜のメルヘン (新潮文庫)
  • 著者:青木 淳悟
  • ページ数:246
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101282714
  • ISBN-13:9784101282718

四十日と四十夜のメルヘン関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.3.3 【文芸月評】戦後70年と向き合う

    老いて脈打つ執筆の衝迫

  • 2012.7.18 作家の読書道 第127回:青木淳悟さん

    今年『私のいない高校』で三島由紀夫賞を受賞した青木淳悟さん。デビュー作「四十日と四十夜のメルヘン」から独自の空間の描き方を見せてくれていた青木さんはいったい、どんな本を好み、どんなきっかけで小説を書きはじめたのでしょう。それぞれの作品が生まれるきっかけのお話なども絡めながら、読書生活についてうかがいました。

  • 2012.6.4 三島由紀夫賞・青木淳悟さん 山本周五郎賞・原田マハさん 受賞会見

    第25回三島由紀夫賞(新潮文芸振興会主催)に、青木淳悟(じゅんご)さん(33)の『私のいない高校』(講談社)が、同山本周五郎賞(同)には原田マハさん(49)の『楽園のカンヴァス』(新潮社)が選ばれた。ともにデビューから7~9年、実績のある実力派の2人が5月15日の選考終了後に東京都内で行われた会見で、受賞の喜びと今後の抱負を語った。(海老沢類)

青木淳悟のその他受賞歴(候補含む)

四十日と四十夜のメルヘン関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sukinabunshouこのあたりの事情について作家本人は、「パンを得るべく」「広い意味での文筆家になった」などと書いているが、その通過儀礼だとでもいうように、名前の方も平成元年付で「はいじま みのる」と改めている。青木淳悟「四十日と四十夜のメルヘン」
hmr_akm青木淳悟の名前間違えてる。かたやAmazonの「四十日と四十夜のメルヘン」のページでは、島田雅彦の名前を間違えている。めちゃくちゃだ。 https://t.co/xLb5TeIKRF @Sankei_news
mi04327568【四十日と四十夜のメルヘン (新潮文庫)/青木 淳悟】を読みたい本に追加 → https://t.co/BgtvYCfai3 #bookmeter
l__picnic青木淳悟の四十日と四十夜のメルヘンもそういうところがある。
em11wiu9Sl0aHLH『四十日と四十夜のメルヘン』青木淳悟A面B面それぞれ1曲ずつのプログレとかスピリチュアルジャズ盤のよう。フルートが似合う。表題作はバージョン違いが複数あり、謎が多い。「わたし」は男性のつもりで読んだが最終的にわからなくなった。あ… https://t.co/qwvDcQc5dw
missio1985光文社古典新訳文庫のホフマンスタール『チャンドス卿の手紙/アンドレアス』、他に何収録するんだろうと気になっていたが青木淳悟の「四十日と四十夜のメルヘン」の題名元ネタと思しき「六七二夜のメルヘン」は入ってるようで何より。これ結構良いので。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)