トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 青木淳悟 > 四十日と四十夜のメルヘン

四十日と四十夜のメルヘン(青木淳悟)

四十日と四十夜のメルヘン(著者:青木淳悟)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:四十日と四十夜のメルヘン (新潮文庫)
  • 著者:青木 淳悟
  • ページ数:246
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101282714
  • ISBN-13:9784101282718

四十日と四十夜のメルヘン関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.3.3 【文芸月評】戦後70年と向き合う

    老いて脈打つ執筆の衝迫

  • 2012.7.18 作家の読書道 第127回:青木淳悟さん

    今年『私のいない高校』で三島由紀夫賞を受賞した青木淳悟さん。デビュー作「四十日と四十夜のメルヘン」から独自の空間の描き方を見せてくれていた青木さんはいったい、どんな本を好み、どんなきっかけで小説を書きはじめたのでしょう。それぞれの作品が生まれるきっかけのお話なども絡めながら、読書生活についてうかがいました。

  • 2012.6.4 三島由紀夫賞・青木淳悟さん 山本周五郎賞・原田マハさん 受賞会見

    第25回三島由紀夫賞(新潮文芸振興会主催)に、青木淳悟(じゅんご)さん(33)の『私のいない高校』(講談社)が、同山本周五郎賞(同)には原田マハさん(49)の『楽園のカンヴァス』(新潮社)が選ばれた。ともにデビューから7~9年、実績のある実力派の2人が5月15日の選考終了後に東京都内で行われた会見で、受賞の喜びと今後の抱負を語った。(海老沢類)

青木淳悟のその他受賞歴(候補含む)

四十日と四十夜のメルヘン関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hiwadataxi青木淳悟『四十日と四十夜のメルヘン』、保坂和志さんの本に書いてあって気になって読んだんだけどわけわからなくて良かった。そして保坂さんの解説が滅法よい!自分は理解力がないと思ってると、励まされます。国語教育はこういうことを教えれば小説読む人もっと増えるのではと思う…。
haikaino反復だと、青木淳悟の『四十日と四十夜のメルヘン』の日記の部分の反復を思い出した。反復というのは非常に文学的な効果のあるものだね。これ品切れだけど今もおそらくある『匿名芸術家』のなかには収録されている。
akutagawadazai2青木淳悟 1979年埼玉県生。2003年「四十日と四十夜のメルヘン」で新潮新人賞を受賞してデビュー。2005年、同作を収めた『四十日と四十夜のメルヘン』で野間文芸新人賞を受賞。2012年『私のいない高校』で三島由紀夫賞受賞。他に『… https://t.co/j9rAPCq4Lv
monokaki_jp「認識するために。伝えるために。残すために。人は文字を会得する。」幼いころに書道教室で書いていた日々を思い出し、人が言葉で残そうとするものに思いを馳せる。≪言葉で残すということ(青木淳悟著『四十日と四十夜のメルヘン』について)… https://t.co/08wupWfs4h
kimura_ayakoこちら更新されてました。monokakiで連載中の「デビュー作を読む」今回は青木淳悟さんの『四十日と四十夜のメルヘン』を読んで書きました。書けてますか? https://t.co/JZ1GWnA24Y
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)