トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 落合恵子

落合恵子

落合恵子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

落合 恵子(おちあい けいこ、1945年1月15日 - )は、作家・元文化放送アナウンサー。
栃木県宇都宮市出身。実父の矢野登は参院議員(自民党)。婚外子として母子家庭で育つ。異母弟に参院議員の矢野哲朗がいる。小学校一年から東京都中野区育ち。
明治大学文学部英文学科卒業後、1967年、文化放送にアナウンサーとして入社(同期にみのもんたなど)。「日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲」や「セイ!ヤング」のパーソナリティを担当。特に「セイ!ヤング」では、リスナーから「レモンちゃん」の愛称で親しまれ、歌手としてもデビュー。同番組のパーソナリティは、作家に転身した後も1978年まで務めた。1971年には「こんばんは、落合恵子です」がスタート(-1975年)し、ゆったりと静かに語りかけるその話術と優しさで、幅広い年齢層に人気を博す。
30歳を前にした1974年退社、作家活動に入り、1976年に児童書籍専門店「クレヨンハウス」を開く。その経営のほか、フェミニストとしての視点から女性や子供の問題についての評論・講演活動、1995年からは週刊金曜日の編集委員を務めている。1986年 - 1990年には文化放送で、日曜夜に女性だけのスタッフによる硬派生情報番組である、「ちょっと待ってMONDAY」のパーソナリティを担当。 1988年度の日本女性放送者懇談会賞を受賞する。また、2005年からはTBSラジオ日曜日の早朝番組「おはようございます 落合恵子です」で、15年ぶりにラジオ番組のパーソナリティに復帰した。
明治大学文学部在学中は英語部(ESS)に所属。この時の同窓に原田大二郎および井崎脩五郎がいる。井崎は出演中のラジオ番組の中で、「落合先輩からRとLの発音が甘いと注意された」と回顧談を披露していた。
1975年11月21日に発売された南沙織のシングル「ひとねむり」の作詞を担当している。

受賞歴

落合恵子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.3.6 第27回小川未明文学賞、受賞作決定!

    新潟県上越市と小川未明文学賞委員会が主催し、株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研プラス(東京・品川 代表取締役社長:碇秀行)が協賛する、第27回小川未明文学賞の受賞作品が決まり、2月22日(金)、発表されました。

  • 2013.4.22 「新潟県内からもっと応募して」 小川未明文学賞

    「日本のアンデルセン」と呼ばれる新潟県上越市出身の児童文学作家、小川未明(1882~1961)にちなんで創設された「小川未明文学賞」の作品を、主催の同市と文学賞委員会が募集している。

  • 2012.3.12 被災児童を描いた「パンプキン・ロード」が大賞 小川未明文学賞

    20回目を迎えた児童文学の登龍門「小川未明文学賞」(新潟県上越市などの主催)で、山梨県甲斐市のもりいずみさん(47)=ペンネーム=の作品「パンプキン・ロード」が大賞を受賞した。

落合恵子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

incest_taboo02愛するということは、愛されないかもしれない覚悟も含めた上に、成立する感覚なのよ。 (落合恵子『自分にごほうび』)
9K9gqtt42oocf#原発#原発ゼロ#原発事故落合恵子福島の中学生高校生に聞く「私たちは原発を選んでいない大人達が選んで大人達が作った」そしてそのツケは未来へと続いて行く若者たちこども達低線量被爆内部被曝放射能が… https://t.co/uYXx7Gk40q
muryou12愛は決して”大舟”ではない。絶えず危機を孕んだ”子舟”でしかないのだ。 落合恵子
sayonara_n2011明日(21日)です!さようなら原発全国集会3月21日(木・祝) 代々木公園 11時〜 ブース開店12時30分〜 コンサート 李政美さんほか13時30分〜 発言 鎌田慧、落合恵子、人見やよい、熊本… https://t.co/MI9Dp8Bq61
mieko1103a使い捨てにされる前に、使い捨てにされる前に、捨てるべきものは私から捨ててやる。(落合恵子)⇒ https://t.co/czicWZwxJZ
renaisukidesu現実よりも記憶の中の女のほうが美しい。(落合恵子)
aochin_1愛は決して”大舟”ではない。絶えず危機を孕んだ”子舟”でしかないのだ。 落合恵子
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)