トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小林久三

小林久三

小林久三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小林 久三(こばやし きゅうぞう、1935年11月15日 - 2006年9月1日)は、日本の小説家・推理作家。脚本家、プロデューサーとしても活動した。本名読みは、こばやしひさみ。日本推理作家協会元会員。
茨城県古河市で生まれ、古河第一高校、東北大学文学部を卒業した。野村芳太郎監督松本清張原作『張込み』を観て映画の道を志し、大学卒業後1961年に松竹大船撮影所に助監督として入社。シノプシス(原作の要約)作成の仕事を経て、喜劇を中心に多数の映画に脚本家としても名を連ねた。中では『吸血鬼ゴケミドロ』が今日でも有名だが、共同脚本の高久進は、後年『映画芸術』誌上で小林は会社のお目付け役で実際には執筆していないと語っている(小林は高久のSFセンスを絶賛している)。
1965年に松竹の合理化で助監督から脚本部へ、1967年に本社企画室に異動し、脚本執筆から遠ざかっていた1970年に短篇「零号試写室」で作家デビュー。1972年に冬木鋭介名義で書いた「腐蝕色彩」で第3回サンデー毎日新人賞推理部門を受賞し、続いて『黒衣の映画祭』『裂けた箱船』『殺人試写室』の映画撮影所三部作で推理作家として人気を得た。当時プロデュースした映画『狼よ落日を斬れ』の原作者池波正太郎の「新人の間は編集者の注文を断ってはいけません」という助言で多くの作品を執筆。また松竹ではプロデューサーへと昇進する。
1974年には『暗黒告知』で第20回江戸川乱歩賞を受賞した。この作品は足尾銅山鉱毒事件がメインテーマとなっており、社会環境問題を題材に推理エンタテインメント小説に仕上げた腕が高く評価された。自衛隊のクーデター計画を題材にした『皇帝のいない八月』は、自身で監督をすることによって映画界に思い切りをつけるつもりだったが、松竹が山本薩夫監督を推したため、それほどの巨匠に撮ってもらええるならということで身を引いた。
以後も精力的な執筆活動を展開してきた。
1980年には近藤昭二と共に、三億円事件の初動捜査で使用されたモンタージュ写真が別人であったことを、『文藝春秋』8月号に公表。
なお、1981年から1984年にかけて、松竹撮影所時代の思い出を「雨の日の動物園」と題して、雑誌『キネマ旬報』に連載。「キネマ旬報読者賞」を2回受賞した。助監督、脚本家としての小林は巨匠、名匠よりは早撮り職人のような叩き上げ監督につくことが多く、そうした人々の流転や人間性に多くの筆を費やしている。
2006年9月1日、脳梗塞により死去。享年70。

受賞歴

小林久三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2002.9.30 作家の読書道:第13回 東野 圭吾さん

    新作『トキオ』が出たばかりの東野圭吾さんが連載第13回に登場です。1作、1作、モチーフを変えながら、新しさあふれるストーリーで読者を楽しませてくれる東野さん。今回は親子の情愛を核に、タイムスリップや1970年代という時代、浅草という場所などの要素がからまりあって物語が展開します。東野さん自ら「集大成的作品」と呼ぶそんなストーリーには、もちろんこれまで読んでこられた本たちが、流れ込んでいたのでした。

小林久三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

4649tadanoossan若しくは「小林久三の推理」。
charliehatakeya「獣たちの熱い眠り(勝目梓 著)」、「夏の秘密(小林久三 著)」を、お持ちの方、どこかにおられないかな?
gomm1412小林久三『皇帝のいない八月』(’78)読了。九州から東京へ向かう寝台特急が自衛隊過激派により列車ジャックされる。彼らが計画したクーデター事件の顛末を描く政治サスペンス。テーマは大きく重いが、人物がプロトタイプ的で、詳細も曖昧だった… https://t.co/X4fsv2krPF
meihuku2006年に脳梗塞で逝去され、今日で12回目の命日を迎える推理作家、小林久三さんのご冥福をお祈りします。
31104423小林久三が自身の原作の映画「皇帝のいない八月」について書いたものを読んだ。当初は銀行強盗が列車を乗っとるドラマを考えたが松竹のプロデューサーに「クーデターを絡めた方がスケールがでかくて良い」と言われ、そのように改変したらしい。つま… https://t.co/IWwH9MVP2D
noji2207盛林堂書房にてジェームズ・ハリス『暗黒街の群狼』(書肆盛林堂)、「本格力」本格ミステリ大賞受賞記念冊子『目次力と索引力』を購入。あと古本屋にて『推理文学 1971春 通巻6号』(推理文学界)、山田風太郎『棺の中の悦楽』(光文社文庫)、小林久三『むくろ草紙』(中公文庫)を入手。
corosukeo何故か、小林久三が読みたくなった。古書市で探そう。心から読みたいと思う本は、本の方から近付いてくるような気がする。縁、というようなものがあるのかもしれない。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小林久三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)