トップページ > 作家名一覧 > はから始まる作家名一覧 > 早坂暁

早坂暁

早坂暁さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

早坂 暁(はやさか あきら、1929年8月11日 - 2017年12月16日)は、日本の小説家、脚本家。本名、富田 祥資(とみた よしすけ)。
愛媛県温泉郡北条町(現松山市)生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒業。
遍路道の商家で生まれ育ち、幼少の頃からお遍路さんに接した。旧制松山中学校(現在の愛媛県立松山東高等学校)を経て、海軍兵学校在学中に終戦。被爆直後の広島の惨状を目撃している。旧制松山高等学校(現在の愛媛大学文理学部の構成母体)卒業後、東京大学医学部に合格するも、医業に疑問を持ち入学せず、日本大学芸術学部演劇学科に進学し同校卒業。
新聞社編集長を経て、いけばな評論家として活躍。日本テレビで制作・放送された『ノンフィクション劇場』には、放送作家として全作品に関わる。
その後テレビドラマや映画の脚本、小説を手がけ、常に庶民の目線で独自の作風を築く。ドキュメンタリーや舞台戯曲、演出も手がけ、その総数は1000本以上ともいわれる。
代表作は『天下御免』『夢千代日記』『花へんろ』『ダウンタウン・ヒーローズ』『華日記・昭和生け花戦国史』『戦艦大和日記』など。必殺シリーズでは脚本をはじめ、オープニングナレーションも多数手掛けている。なかでも『必殺からくり人』の脚本は史実と虚・世相を織り交ぜながらの巧みなストーリとなっており、既存の必殺シリーズとは一線を画した内容で評価が高い。
生家が遍路みちに面した大きな商家で、幼少より遍路に接してきたこと、また、遍路に置き去りにされ、生家が引き取って「妹」として育った少女が、広島で原爆に遭い死亡したと思われる(8月5日に広島に行ったまま行方不明)ことなどから、遍路(四国八十八カ所)や原爆に関する作品や論評、活動も多く、生家をモデルにした『花へんろ』、胎内被爆者が主人公の『夢千代日記』につながっている。
勉誠出版から『早坂暁コレクション』を刊行。初の単行本化となる長編小説『戦艦大和日記』や主なシナリオ作品を収録する。
2017年12月16日、外出先で体調を崩し搬送、運ばれた東京都内の病院で同日14時、腹部大動脈瘤破裂のため死去。1929|8|11|2017|12|16。
「これだけは未来のために書き残したい」として「春子の人形」の脚本執筆を開始したが未完成だったものを冨川元文が仕上げ、その第1稿が完成した2日後に早坂は急逝し『花へんろ 特別編 「春子の人形」』が、2018年夏に放送された。

受賞歴

早坂暁関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

早坂暁関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

axyumu身の程を知ることの大切さ  早坂暁
OoRpnr藤山寛美物語 1991年 早坂暁:作 https://t.co/H4xT0sLn4T @YouTubeより
aasusukakasaito自分から人にやさしさを放出するのは、決して損ではないんですよ。 いわば心をお風呂へ入れるようなもので、精神がぷわーと柔軟になり、気持ちがやさしくなる。 早坂暁
jydaf01優しい人は想像力がある人なんだよ(早坂暁)
noboxru身の程を知ることの大切さ  早坂暁
010asukadeckyou自分から人にやさしさを放つのは、決して損ではないんですよ。わわば心をお風呂に入れるようなもので、精神がぷわーとして、気持ちがやさしくなる。早坂暁
Lin_DeP渥美清「泣いてたまるか」の第63話「ああ無名戦士!」(1967/11/26放送 脚本:早坂暁)もなかなかハードな回だった https://t.co/c2xk69DsiN
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)