トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高橋治

高橋治

高橋治さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高橋 治(たかはし おさむ、1929年5月23日 - 2015年6月13日)は、千葉県千葉市出身の小説家、劇作家。
*旧制第四高等学校卒。
*東京大学文学部国文科卒業。大学ではエドワード・サイデンステッカーと友人となる。
1953年 松竹に助監督として入社(同期に篠田正浩、また同年代に山田洋次や大島渚がいた)。同年、新人助監督として、小津安二郎監督の代表作「東京物語」に係わる。
以降、堀内真直に師事。堀内の助監督をつとめながら、その監督作品の脚本を数多く手がける。
1950年代後半から藤原審爾に師事。江國滋、色川武大らを知る。
1960年 「彼女だけが知っている」で監督デビュー。松竹ヌーヴェルヴァーグを担う。また、戯曲も書き始める。
1965年 同社を退社し、作家活動に入る。また、金沢美術工芸大学の非常勤講師を8年間務める。
*1966年、石浜みかると結婚。二児を儲ける。
1977年 シベリア出兵を描いた『派兵』(未完)により泉鏡花記念金沢市民文学賞。
*1979-80年、サイデンステッカーの招きでスタンフォード大学フーヴァー・センターで一年半過ごす。
1982年 小津安二郎の生涯を描いた『絢爛たる影絵-小津安二郎』で直木賞候補。  
1983年 釣師の世界を描いた、『秘伝』で第90回直木賞受賞。
1985年 『風の盆恋歌』(新潮社)
1988年 自然の保護と均衡の取れた発展を模索する人材育成を目的とする「白山麓僻村塾」を石川県白峰村(現:白山市)に設立。
1985年 『名もなき道を』『別れてのちの恋歌』で柴田錬三郎賞受賞。
1996年 『星の衣』にて吉川英治文学賞を受賞。
2015年6月13日、肺炎のため86歳で死去。
刑事ものである「神崎省吾シリーズ」は2時間ドラマの原作として度々映像化されている。
「さすらい波太郎」シリーズなどの釣りに関する小説も多く、また環境や釣り人のマナーについての辛口のコメントも発表し続けている。
また、好角家としても知られ、1990年から2012年まで本場所中には中日スポーツ・東京中日スポーツに観戦記「私は見た!」を連載していた。その中で高橋は近年の力士の大型化を憂い、技能に優れた力士の登場を願うような記述が多い。また、朝青龍の素行にも批判的な立場を取っている。取り口の趣向としては長期戦を好み、その趣向に合致するという意味で把瑠都の相撲振りを取り分け好意的に評価している。
長男の文月涼(1967- )は、元カメラライター、内閣官房職員で、自民党から数回出馬している。
エドワード・サイデンステッカーは東大時代の友人で、しばしば高橋の親戚の九十九里浜の家で避暑をしていた。
1998年「朝日新聞」夕刊に「漁火(いじゃいび)」を連載中病に倒れ、1999年10月再開して2000年9月に完結したが、単行本になっていない。

受賞歴

高橋治関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高橋治関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Tsuri_Meigen他の人に迷惑をかけるな。(高橋治)
neko_tubuyakiメモ。『それはただの先輩のチンコ』(阿部洋一著/太田出版)、『絢爛たる影絵 小津安二郎』(高橋治著/E.G.サイデンステッカー解説/岩波現代文庫)、『岩波科学ライブラリー256 ゾンビ・パラサイト ホストを操る寄生生物たち』(小澤祥司著/岩波書店)。
nonukesnowar「映画の終りが、実は始まりなんだ」小津は口癖のようにそういった。p148『絢爛たる影絵 小津安二郎』高橋治 文春文庫 https://t.co/DFcb3RrbXF
hitoh21小津安二郎に興味を持って、自分で何か本を読んで色々知りたいと思った方にオススメなのが高橋治の『絢爛たる影絵 小津安二郎』(岩波現代文庫)。わずかな期間とはいえ小津の撮影に参加した当事者であり、直木賞作家だけあって文章も非常に読みや… https://t.co/99RRgz7cyt
raisen_bot_qmaNo.687 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒神吉拓郎―私生活、高橋治―秘伝、難波利三―てんのじ村
raisen_bot2_qmaNo.164 次の作家と直木賞を受賞した作品の正しい組み合わせを選びなさい⇒高橋治―秘伝、難波利三―てんのじ村、胡桃沢耕史―黒パン俘虜記
103yen高橋治だと太宰成分があまりになさすぎでしょ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高橋治さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)