トップページ > 作家名一覧 > りから始まる作家名一覧 > 隆慶一郎

隆慶一郎

隆慶一郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

隆 慶一郎 (小説家)
| birth_name = 池田 一朗 (いけだ いちろう)
| birth_date = 1923年9月30日
| birth_place = 東京市赤坂区
| death_date = 1923|09|30|1989|11|04
| death_place =
| resting_place =
| occupation = 脚本家・小説家
| language = 日本語
| nationality =
| education =
| alma_mater = 東京大学文学部仏文科
| period =
| genre =
| subject =
| movement =
| religion =
| notable_works =
| spouse =
| partner =
| children =
| relations =
| influences =
| influenced =
| awards = 1959年 シナリオ作家協会賞
1989年 第2回柴田錬三郎賞
1990年 日本映画プロデューサー協会賞特別賞
| debut_works =
| signature =
| website =
隆 慶一郎(りゅう けいいちろう、1923年〈大正〉12年)9月30日 - 1989年〈平成元年〉11月4日)は、日本の脚本家・小説家(時代小説作家)。本名は池田 一朗(いけだ いちろう)。本名で脚本、隆慶一郎のペンネームで小説を執筆していた。
東京市赤坂区生まれ。旧制同志社中学、第三高等学校を経て、東京大学文学部仏文科卒。
戦時中は学徒出陣で出征、陸軍士官として中国大陸を転戦した。この時期に陣中に持って行った『葉隠』が、作家として『死ぬことと見つけたり』を書くきっかけとなった。終戦後、復学して1948年 東京大学卒業、大学時代に師事していた小林秀雄が参画していた創元社(現:東京創元社)に入社する。短期だが大学講師でも勤務した。1950年頃、立教大学講師、中央大学助教授としてフランス語を、1959年まで教えていた。
1957年 脚本家としての活動を開始する。当初は『陽のあたる坂道』など日活の映画を中心に脚本を手がける。脚本家では、本名の池田一朗で活動しており、隆慶一郎を名乗って活動したのは、晩年の作家活動期となった約5年間だけである。1957年に脚本家としての活動を始めて以降、20世紀後半の日本のテレビ・大衆向けの文芸活動を広く長く支えた存在であった。
脚本家時代は映画、テレビドラマ問わず幅広い作品を手がけ、戦後日本のテレビドラマ史においても1970年代までを代表する脚本家の一人だった。脚本家としての代表作は映画『にあんちゃん』、テレビドラマ『鬼平犯科帳』。他にも『長崎犯科帳』・『破れ奉行』・『隠密奉行』・『大忠臣蔵』など多数あり、携わった作品の多くが、現在でも地方のローカル局・時代劇専門チャンネルなどで繰り返し再放送されている。
また、テレビドラマ版『右門捕物帖』5作品のうち、中村吉右衛門主演版・杉良太郎主演版第1作・同第2作の脚本に山野四郎と共に携わっている。
1984年、『週刊新潮』で小説家として第1作『吉原御免状』を連載する。隆慶一郎は、この時より名乗った筆名である。小説家時代は時代小説を中心に執筆した。代表作として『吉原御免状』、『影武者徳川家康』、『一夢庵風流記』、『捨て童子・松平忠輝』が挙げられる。長らく脚本家として活動しており、小説家生活に入ったのが還暦を過ぎてからと遅く、小説家としては実働わずか5年だった。また急逝したこともあって、未完の作品、構想だけが編集者に語られるなどして残った作品も少なくない。ちなみに、還暦を過ぎるまで小説を手掛けなかった理由については、かつて師事した小林秀雄が存命の間は、とても怖くて小説は書けないと思っていたからという旨のことを語っている。
処女作『吉原御免状』が直木賞候補作となり、結局は選に漏れたものの、下馬評の段階では新聞や文芸系のマスコミなどから最有力候補の一角に挙げられたことをきっかけとして、時代小説で一大センセーションを巻き起こした。隆の小説作品の特徴は、人物描写でもとりわけ男の生きざまや人情を書くのに非常に秀逸な点が第一に挙げられ、その内容も大衆文芸としての要所を確実に抑えつつも極めて良質な仕上がりを見せている。また、網野善彦らの中世近世史研究を大胆に取り入れ、それまで描かれなかった非農業民を中心とした庶民の歴史を描くことに成功している。
その一つの象徴的な作品が『一夢庵風流記』である。「傾奇者(かぶきもの)」という言葉と前田慶次郎利益という歴史上の人物が平成の世でメジャーになった背景を語る際には、この作品とこれを原作とした漫画化作品『花の慶次 ―雲のかなたに―』、そして『花の慶次』のキャラクター群を用いて展開された様々な関連商品の存在を抜きに語ることはできない。
1989年 日本映画プロデューサー協会賞特別賞、『一夢庵風流記』で第2回柴田錬三郎賞受賞。
1996年に新潮社で『隆慶一郎全集』全6巻が刊行された。2009年9月より2010年7月にかけ同社で、新版『隆慶一郎全集』全19巻が刊行された。
2010年10月に『「歴史読本」編 隆慶一郎を読む』(新人物往

隆慶一郎新刊

  • 発売日
    2017年2月3日
  • 書名
    龍馬の生きざま (実業之日本社文庫)

受賞歴

隆慶一郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

隆慶一郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

qma_jidaigeki_bNo.64 (並)隆慶一郎の歴史小説「一夢庵風流記」を原作とする原哲夫の漫画「花の慶次」の主人公は?⇒前田慶次郎利益
shabondamatobu疑って安全を保つより信じて裏切られる方が良い。  隆慶一郎
eikaiwasitai疑って安全を保つより信じて裏切られる方が良い。 隆慶一郎
meigen_ojisan疑って安全を保つより信じて裏切られる方が良い-(隆慶一郎)
ijinmeigen_bot疑って安全を保つより信じて裏切られる方が良い(隆慶一郎)
ijinmeigenbot死は必定のことと思われた(隆慶一郎)
1973_dai②隆慶一郎先生。オイラの文体は、この方を手本にしてる。というか、自然と真似ていた。隆先生の小説も何百回と読み返してる。影武者徳川家康、棄て童子松平忠輝、一夢庵風流記、吉原御免状、かくれさと苦界行、死ぬことと見つけたり、この… https://t.co/PH5ECU5Kes
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)