トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 浅田次郎 > 蒼穹の昴

蒼穹の昴(浅田次郎)

蒼穹の昴(著者:浅田次郎)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:蒼穹の昴(上)
  • 著者:浅田 次郎
  • ページ数:352
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:97840620749
  • ISBN-13:9784062074971

浅田次郎新刊

  • 発売日
    2018年10月5日
  • 書名
    わが心のジェニファー (小学館文庫)
  • 発売日
    2018年9月28日
  • 書名
    天子蒙塵 第四巻
  • 発売日
    2018年9月11日
  • 書名
    作家たちのオリンピック 五輪小説傑作選 (PHP文芸文庫)

蒼穹の昴関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

浅田次郎のその他受賞歴(候補含む)

蒼穹の昴関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chimakijump@saxblue13 浅田次郎が好きです(と言っても全部読んでないのですが……)。大学生の時に『蒼穹の昴』を読んで大泣きしました。他には三浦哲郎、東野圭吾、伊坂幸太郎も好きです。
meigendream運命などとは 所詮そんなものだ。 人間の力をもってしても 変えられぬ宿命など、 あってたまるものか。 by 蒼穹の昴、浅田次郎
kakidasibot大清国光緒十二年•西暦一八八六年 冬梁家屯の貧しき寡婦の倅、李春雲よ。畑もなく鍬もなく、舟もなく網もなく、街道に凍てたる牛馬の糞を拾いて生計となす、卑しきやつがれ、小李よ。「蒼穹の昴」浅田次郎
raiittabotQ.次のうち作家・浅田次郎が書いた中国を舞台とする歴史小説を全て選びなさい A.蒼穹の昴/中原の虹
softark浅田次郎の小説が無茶苦茶面白い。面白いったら面白いんだ。誰でもいいから聞いて欲しい。浅田次郎の『蒼穹の昴』に始まる小説はどれもこれも無茶苦茶面白いから是非読んで欲しい。こんなに面白いのに何でみんな大騒ぎしないのか訳が分らない。みんな浅田次郎を読め。
rusalkamoon834@lynxhare 浅田次郎さんの「蒼穹の昴」シリーズに「龍玉(ロンユイ)」がキーワードで出てきます。でもそれは清国皇帝に受け継がれたという設定なので、実物が日本製だと興醒めですね(^-^;
37yhz1s64y運命などとは 所詮そんなものだ。 人間の力をもってしても 変えられぬ宿命など、 あってたまるものか。 by 蒼穹の昴、浅田次郎
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)