トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 赤川次郎

赤川次郎

赤川次郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

赤川 次郎(あかがわ じろう、1948年2月29日。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一。
3歳の頃に手塚治虫の漫画に影響を受け、小学生の時には漫画を描き始めるも挫折。当時よく読んでいたジャンルに影響され、中世ヨーロッパの騎士の物語などを書いていた。空想好きの少年であったようで、恋愛も自分が空想していたとおりであったとエッセイに書いている。
父・赤川孝一は他に家庭を持っていたので別居しており、幼少時もほとんど顔を合わせていなかったが、転勤によって東京に引っ越したため、赤川は小学校の担任の薦めにより中高一貫教育の私立桐朋学園を受験することになる。無事に合格して進学したが、勉強も運動も苦手でなおかつ金銭的にも困窮していたため、楽しい学校生活ではなかった。高校2年生の時に孝一が退社してしまい収入源が完全に断たれたため、大学進学は諦め就職を決意。卒業後18歳で日本機械学会事務局編修課に就職し、主に機械工学の雑誌に掲載する学術論文を校正する仕事に従事する。しかし休日には誰かに読ませるあてもないまま、自らのために小説を書き続けていた。25歳で結婚し、2年後に娘が産まれる。この頃プロを目指すことを決意し、サラリーマン生活を続けながらシナリオを投稿するようになる。そして天知茂主演のテレビ朝日系テレビドラマ『非情のライセンス』のシナリオ募集に初入選する。ほとんど手直しされないまま放送され、初めて“脚本・赤川次郎”と名前が出て喜んだ反面、会社にはばれてしまった。1976年、28歳の時に「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、小説家デビュー。1978年には当時主に社会派ミステリーを発行していた光文社カッパ・ノベルスから出版された『三毛猫ホームズの推理』が異色作としてヒットし脚光を浴びる。12年のサラリーマン生活を終え、30歳で専業作家となる。その直後に『セーラー服と機関銃』を発表した。1980年、『上役のいない月曜日』が第83回直木賞候補となる。その後も「三姉妹探偵団」シリーズや「杉原爽香」シリーズなど、さまざまな人気シリーズを生み出す。難解な表現をあえて避けた優しい文章と軽妙な表現を得意とし、余人に真似ができないスタイルを構築しており、2015年現在でも年に10冊の執筆をするなど創作意欲は衰えない。推理小説(ユーモアミステリー)のほか、ホラーや青春ものなど作品のジャンルは多岐に及ぶ。
誕生日が2月29日であるために、1988年に刊行された「三毛猫ホームズ」シリーズのカッパ・ノベルスによる著者紹介では「今年で10歳になった、ということになってしまう」と記載されている。多い時には年に20作以上執筆していたこともあり、2006年8月に作家生活30年を迎え、執筆作品は480作に達した。その後も著作数は増え続け、2008年には500作。
オペラや演劇鑑賞を行ない論評するなど、芸術評論も物し、評論集が出版されている。

赤川次郎新刊

  • 発売日
    2019年7月24日
  • 書名
    ひとり暮し (角川文庫)
  • 発売日
    2019年7月19日
  • 書名
    吸血鬼に鐘は鳴る (集英社オレンジ文庫)
  • 発売日
    2019年6月21日
  • 書名
    吸血鬼と生きている肖像画 (集英社文庫)

受賞歴

赤川次郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

赤川次郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mossamossa86#私を構成する9冊ファンタジー、ミステリー、ほのぼの系が好きです(バラバラ)赤川次郎のこの短編集はなんか好きでめちゃめちゃ読み返してた https://t.co/O4jCMUqO2b
misaki_chang日本人一人あたり1.5冊赤川次郎という怖ろしい冊数。金のブロイラーかまちーも、今はペース落ちてるみたいだし、日本人はもう越えられない壁だよなw
agsas_hannzai2≪文化崩壊も右翼の独裁集団が計画的に仕組んだもの≫小説をみても日本の文化の崩壊は深刻です。赤川次郎のあたりから軽すぎる小説が増加し、更に読めば読むほど読者の感性がダメになるようなラノベが増加しています。文化が力を失うと、右翼思想やファシズム思想が簡単に社会にばっこします。
samuraidegozaluタッキー主演の木曜時代劇「鼠(ねずみ)、江戸を疾(はし)る」は1月9日(木)放送開始でござる!! 国民的作家・赤川次郎の巻物(小説)を原作に、鼠小僧が現代に蘇るで候!https://t.co/MjoiLlGDvN https://t.co/iuJT9fppgB
TW_mgs僕のミステリ遍歴は。少年探偵団やホームズやルパンのジュブナイルが最初。『名探偵コナン』『金田一少年の事件簿』等の漫画でミステリに嵌まる。そのあとに赤川次郎や西村京太郎を読んで小説のミステリに嵌まる。その次に『占星術殺人事件』その次に『十角館の殺人』。そして新本格を追うことになる
sonderpauke半藤一利と池上彰の対談『令和を生きる』(幻冬舎新書)。いま鉛筆で原稿を書いているのは赤川次郎、林真理子、西村京太郎、そして半藤氏とのこと。ほかには中野翠と川本三郎も手書き派である。
inogo_na@yokoyoko_osaka そうなのよね。有名作家だしいつかは読もうと思ってたんだけど。赤川次郎著の方が面白いかも。昔よく読んだ〜。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)