トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石田衣良 > 娼年

娼年(石田衣良)

娼年(著者:石田衣良)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:娼年
  • 著者:石田 衣良
  • ページ数:200
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:408775278X
  • ISBN-13:9784087752786

石田衣良新刊

  • 発売日
    2020年3月13日
  • 書名
    池袋ウエストゲートパーク IWGP 第6話【単話版】 池袋ウエストゲートパーク IWGP 【単話版】 (コミックレガリア)
  • 発売日
    2020年3月13日
  • 書名
    眠れぬ真珠(1)【期間限定 無料お試し版】 (フラワーコミックススペシャル)
  • 発売日
    2020年2月7日
  • 書名
    池袋ウエストゲートパーク IWGP 第4話【単話版】 池袋ウエストゲートパーク IWGP 【単話版】 (コミックレガリア)

娼年関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2011.11.25 石田衣良インタビュー

    『娼年』というタイトルから始まったストーリー ――『娼年(しょうねん)』を執筆されたのが10年前、それから7年を経て、3年前に続編『逝年(せいねん)』が発表されました。どちらもタイトルが印象的ですね。

  • 2007.2.26 ひとインタビュー 難しい〜、恋愛がテーマに思い通りになる人生なら失敗 第二十八回 石田衣良さん

    書くことで壁を越えたい 石田衣良さんが小説を書き始めたのは35歳、コピーライター時代だ。フリーでも、そこそこ働いていれば収入があった。子どものころから描いていた理想の生活を手に入れたのに、満たされなかった。人生に物足りなさを感じている石田さんの背中を押してくれたのは、女性誌の占いのことばだという。翌日から書き始め、今日にいたっている。

  • 2006.6.1 きらら熱烈インタビュー 第11回 石田衣良 さん

    気持ちのいい友人のような小説をこれからも書いていきたい! 次号から「きらら」で新連載小説をスタートさせる石田衣良さん。旺盛な執筆活動のかたわら文学賞の選考委員や公の場での発言など、いまその動向がもっとも注目される小説家のひとりだ。

石田衣良のその他受賞歴(候補含む)

娼年関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

qt_gvc2荻原規子さん『勾玉三部作』、石田衣良さん『娼年』シリーズ、恩田陸さん『蜜蜂と遠雷&祝祭と予感』『ドミノ&ドミノin上海(2020年4月にin上海が発売)』『七月に流れる花&八月は冷たい城』、阿部智里さん『烏に〜』シリーズ、柚木麻子さん『BUTTER』#5巻くらいまでの好きな作品
onthepaper_botぼくは真実も深部も見たくはない。表面を飾ろうとする気もちだけで、ぼくにはどの女性も魅力的に思えた。悪趣味でちぐはぐな衣装だと人をあざけることは、ほんとうは誰にもできないはずなのだ。(娼年 石田衣良)
eir_continued職場の人が、松坂桃李が主役した娼年見てショックを受けたと言ってたので、娼年読み返してます。これってR18の映画だったの???何故僕がこの本持ってるかというと、石田衣良さんの小説が好きだったからです。池袋ゲートパークが好きだった… https://t.co/16JRa2ZsZ6
saya0913アマプラ登録したし映画でも観るか〜。オススメに出てる石田衣良の娼年て本読んだことあるぞ〜って何気なく流したら、大音量で喘ぎ声が響いてまじでビックリした
Tumugu_Maktubそして私が愛してやまない石田衣良『娼年』文中の「ーー哲学の全てを生んだプラトンの最初のスタートがあんなに気楽なお喋りだというのに、僕は感心したんです。プラトンの作品は哲学で小説でお芝居の脚本でら科学書でもレトリックの教科書でもある。
71r0283おすすめは…リゼロと盾の勇者~は個人的安定&いつか手元に…な本←なのでおいといて←リカシリーズは皆さん、お好きなのでおいといて←死神 余見シリーズ(勝手に名付けたけど
fndHe2ajO6VSWL5Paraviに入ったので映画見よ~とチェックしてみたら、娼年があった!石田衣良さんの大好きな小説、娼年。本を先に読んでいたのでどんなものかとじっくり観てみた。十人十色な女性の奥深さに触れて、冷めた大学生だった主人公が色づくよ… https://t.co/mNu6PR6hsm
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)