トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石田衣良 > 娼年

娼年(石田衣良)

娼年(著者:石田衣良)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:娼年
  • 著者:石田 衣良
  • ページ数:200
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:408775278X
  • ISBN-13:9784087752786

娼年関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2011.11.25 石田衣良インタビュー

    『娼年』というタイトルから始まったストーリー ――『娼年(しょうねん)』を執筆されたのが10年前、それから7年を経て、3年前に続編『逝年(せいねん)』が発表されました。どちらもタイトルが印象的ですね。

  • 2007.2.26 ひとインタビュー 難しい〜、恋愛がテーマに思い通りになる人生なら失敗 第二十八回 石田衣良さん

    書くことで壁を越えたい 石田衣良さんが小説を書き始めたのは35歳、コピーライター時代だ。フリーでも、そこそこ働いていれば収入があった。子どものころから描いていた理想の生活を手に入れたのに、満たされなかった。人生に物足りなさを感じている石田さんの背中を押してくれたのは、女性誌の占いのことばだという。翌日から書き始め、今日にいたっている。

  • 2006.6.1 きらら熱烈インタビュー 第11回 石田衣良 さん

    気持ちのいい友人のような小説をこれからも書いていきたい! 次号から「きらら」で新連載小説をスタートさせる石田衣良さん。旺盛な執筆活動のかたわら文学賞の選考委員や公の場での発言など、いまその動向がもっとも注目される小説家のひとりだ。

石田衣良のその他受賞歴(候補含む)

娼年関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

arika_1104石田衣良先生『娼年』読了。リョウの心の動きを鮮やかに描いていて、読んでいて改めて衣良さんの描写力に感動した。リョウが女性に真摯に向き合う姿勢とかもそう。2004年に文庫化されてるからもっと前の作品だと思うんだけど今読んでも鮮やかだ… https://t.co/wvN19wL3QX
mages01609762#名刺代わりの小説10選かがみの孤城/辻村深月燃えよ剣/司馬遼太郎等身の棋士/北野新太うつ病九段/先崎学聖の青春/大崎善生陽だまりの彼女/越谷オサムAnother/綾辻行人娼年/石田衣良少女/湊かなえ深夜特急1/沢木耕太郎
kotonoha0127横顔を見た。整ってはいるけれど、それだけではない。皮膚や血管や骨格ではなく、傷つきやすい神経だけを針金細工にしてつなぎあわせたような横顔だった。(『娼年』石田衣良)
passage_botヴァイオリンはただメロディをなぞるものではなかった。たったひとつの響きで空気の分子ひと粒ずつを磨きあげ、その場の雰囲気を豹変させる魔法の道具だ。嘘ではない。その瞬間、ぼくには金の粉でもはたいたように部屋中が明るく煙って見えたのだから。―「娼年」石田衣良
sikihito_novel【※R18 娼年(著:石田 衣良)】ライトノベル以外の官能を読んでみようと思って手に取った一冊。文体が綺麗すぎて、住む世界の違いをモロに感じてしまった。あまりにも描写が巧みなので、模写までして勉強するという、もはや参考書になってしまった本。エロいのにエロくない・・・・凄い。。。
b_book_bot夢には足音がある。(娼年/石田衣良)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)