トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石田衣良 > 娼年

娼年(石田衣良)

娼年(著者:石田衣良)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:娼年
  • 著者:石田 衣良
  • ページ数:200
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:408775278X
  • ISBN-13:9784087752786

石田衣良新刊

  • 発売日
    2019年2月15日
  • 書名
    不死鳥少年 アンディ・タケシの東京大空襲
  • 発売日
    2018年9月14日
  • 書名
    七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV
  • 発売日
    2018年9月4日
  • 書名
    西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII (文春文庫)

娼年関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2011.11.25 石田衣良インタビュー

    『娼年』というタイトルから始まったストーリー ――『娼年(しょうねん)』を執筆されたのが10年前、それから7年を経て、3年前に続編『逝年(せいねん)』が発表されました。どちらもタイトルが印象的ですね。

  • 2007.2.26 ひとインタビュー 難しい〜、恋愛がテーマに思い通りになる人生なら失敗 第二十八回 石田衣良さん

    書くことで壁を越えたい 石田衣良さんが小説を書き始めたのは35歳、コピーライター時代だ。フリーでも、そこそこ働いていれば収入があった。子どものころから描いていた理想の生活を手に入れたのに、満たされなかった。人生に物足りなさを感じている石田さんの背中を押してくれたのは、女性誌の占いのことばだという。翌日から書き始め、今日にいたっている。

  • 2006.6.1 きらら熱烈インタビュー 第11回 石田衣良 さん

    気持ちのいい友人のような小説をこれからも書いていきたい! 次号から「きらら」で新連載小説をスタートさせる石田衣良さん。旺盛な執筆活動のかたわら文学賞の選考委員や公の場での発言など、いまその動向がもっとも注目される小説家のひとりだ。

石田衣良のその他受賞歴(候補含む)

娼年関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

onthepaper_botあなたのいつも難しそうな顔をして悩んでるところも、ほかの人から見ると魅力的だったりする。(娼年 石田衣良)
Souya_onakama11 池袋ウエストゲートパーク(石田衣良先生)中学生の頃からずっと読んでいるシリーズ。少年計数機とか骨音とかも好き。去年舞台やってたの行きたかった…。石田衣良先生の本ばかり家にある。娼年とか下北サンデーズとかアキハバラとかも好き。本が東京出るきっかけかもしれない
quietword_bot人生のなかばにして暗い森に迷ったとダンテはいうけれど,ぼくが迷いこんだのは極彩色の花や果実が乱れ散る熱帯雨林だった。 [娼年/石田衣良]
Harizou_kr同僚『昨日映画見たんだ、めっちゃよかったよー』僕「珍しいですね?何見たんですか?」同僚『うん。…【娼年】ってやつ見たんだ。』僕「石田衣良のですよね、池袋ウエストなんちゃらの。」同僚『…そっちが曖昧なの?』僕「あの人の小説あんま読まないんでー(…詰めが甘い!)」
passage_botヴァイオリンはただメロディをなぞるものではなかった。たったひとつの響きで空気の分子ひと粒ずつを磨きあげ、その場の雰囲気を豹変させる魔法の道具だ。嘘ではない。その瞬間、ぼくには金の粉でもはたいたように部屋中が明るく煙って見えたのだから。―「娼年」石田衣良
tw_asai_ng「石田衣良」さん著書『娼年』『逝年』『爽年』主人公が娼夫となり、姓の中味を追求していく物語。石田衣良さんが描く、エロスの世界を存分に楽しむことの出来る作品でした。ちなみに私はエロく読むのではなく、1つの作品として読んでました。
pgdc247読了ツイート娼年/石田衣良去年R18指定で映画化もされた小説。体を売り、娼年として生きる男の姿を描く。映画がR18なのもわかるなってくらい刺激的な話だった。主人公に都合よすぎじゃない?って感じの展開は好き嫌い分かれるかも… https://t.co/YicKdHbzvj
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)