トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石田衣良 > 娼年

娼年(石田衣良)

娼年(著者:石田衣良)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:娼年
  • 著者:石田 衣良
  • ページ数:200
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:408775278X
  • ISBN-13:9784087752786

娼年関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2011.11.25 石田衣良インタビュー

    『娼年』というタイトルから始まったストーリー ――『娼年(しょうねん)』を執筆されたのが10年前、それから7年を経て、3年前に続編『逝年(せいねん)』が発表されました。どちらもタイトルが印象的ですね。

  • 2007.2.26 ひとインタビュー 難しい〜、恋愛がテーマに思い通りになる人生なら失敗 第二十八回 石田衣良さん

    書くことで壁を越えたい 石田衣良さんが小説を書き始めたのは35歳、コピーライター時代だ。フリーでも、そこそこ働いていれば収入があった。子どものころから描いていた理想の生活を手に入れたのに、満たされなかった。人生に物足りなさを感じている石田さんの背中を押してくれたのは、女性誌の占いのことばだという。翌日から書き始め、今日にいたっている。

  • 2006.6.1 きらら熱烈インタビュー 第11回 石田衣良 さん

    気持ちのいい友人のような小説をこれからも書いていきたい! 次号から「きらら」で新連載小説をスタートさせる石田衣良さん。旺盛な執筆活動のかたわら文学賞の選考委員や公の場での発言など、いまその動向がもっとも注目される小説家のひとりだ。

石田衣良のその他受賞歴(候補含む)

娼年関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ririsometime@skmt3104n 今自分で読み返してみましたが…ぜんぜんひらがなだしぼくだしすきなように改行しているなぁ
passage_bot悪趣味でちぐはぐな衣裳だと人をあざけることは、ほんとうは誰にもできないはずなのだ。この世界では誰もが、手近なボロ隠しをまとっている。黄金の心を持つ正しい人間だけ裸で外を歩けばいい。ぼくは裸は嫌だからボロを着る。―「娼年」石田衣良
pH2GUv5Ve8Y9kDr好きなのは石田衣良さんの娼年シリーズ、東野圭吾さん、湊かなえさんあたりも読みます。コバルト文庫だと夢の宮シリーズが好き。彩雲国物語となんて素敵にジャパネスクも好き。偏りはひどい
complex_clusterなんで娼年観たかというと、昨日お会いしたPさんと池袋ウエストゲートパークの話が出たからです☺️石田衣良の小説、中学生の頃から読んでたくらい好き。語彙力が無いので小説また読みたい。ジャンル問わず。ね。
hayami_sousaku石田衣良の娼年逝年と沼田まほかるユリゴコロを……読んでください……
m_light_00日が暮れて街灯が点灯するまでベンチで待機。今日の本は石田衣良著の娼年。読むのは2回目だが、映画はまだ見ていない。 https://t.co/0FNAYuWo3Y
bl_fjoshi【BLの香りがする小説】石田衣良「娼年」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)