トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石田衣良 > 娼年

娼年(石田衣良)

娼年(著者:石田衣良)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:娼年
  • 著者:石田 衣良
  • ページ数:200
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:408775278X
  • ISBN-13:9784087752786

石田衣良新刊

  • 発売日
    2019年7月11日
  • 書名
    NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)
  • 発売日
    2019年5月15日
  • 書名
    逆島断雄 本土最終防衛決戦編2 (講談社文庫)
  • 発売日
    2019年4月16日
  • 書名
    逆島断雄 本土最終防衛決戦編1 (講談社文庫)

娼年関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2011.11.25 石田衣良インタビュー

    『娼年』というタイトルから始まったストーリー ――『娼年(しょうねん)』を執筆されたのが10年前、それから7年を経て、3年前に続編『逝年(せいねん)』が発表されました。どちらもタイトルが印象的ですね。

  • 2007.2.26 ひとインタビュー 難しい〜、恋愛がテーマに思い通りになる人生なら失敗 第二十八回 石田衣良さん

    書くことで壁を越えたい 石田衣良さんが小説を書き始めたのは35歳、コピーライター時代だ。フリーでも、そこそこ働いていれば収入があった。子どものころから描いていた理想の生活を手に入れたのに、満たされなかった。人生に物足りなさを感じている石田さんの背中を押してくれたのは、女性誌の占いのことばだという。翌日から書き始め、今日にいたっている。

  • 2006.6.1 きらら熱烈インタビュー 第11回 石田衣良 さん

    気持ちのいい友人のような小説をこれからも書いていきたい! 次号から「きらら」で新連載小説をスタートさせる石田衣良さん。旺盛な執筆活動のかたわら文学賞の選考委員や公の場での発言など、いまその動向がもっとも注目される小説家のひとりだ。

石田衣良のその他受賞歴(候補含む)

娼年関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

popowakisaitama石田衣良さんの“娼年”に代表みたいな深層に迫る世界観がリリックに落とし込まれていて、かつメロディアスなので結構何度も聴いてしまう。20歳前半からずっと聴いてて、んで今曲名と同じコーポレートカラーの会社にいるというところに、な… https://t.co/p76YUE7Oz8
tanmenchan_nkmt@hattchi_m 昔、石田衣良さんの「sex」をコソコソ読んでムハムハしてました
hattchi_m石田衣良ってさ、IWGP書いてるかと思ったら、娼年みたいなどエロいのも書くし、かと思ったらエッセイも楽しいし、ブルータワーみたいなSFもいけるし、言わずもがな恋愛小説はどれも最高。これまでどれだけ楽しませてもらったかな。本当に大好き。最高。
quietword_bot人生のなかばにして暗い森に迷ったとダンテはいうけれど,ぼくが迷いこんだのは極彩色の花や果実が乱れ散る熱帯雨林だった。 [娼年/石田衣良]
Rtentyo#名刺がわりの小説10選娼年/石田衣良MAZE/恩田陸虐殺器官/伊藤計劃博士の愛した数式/小川洋子マチルダは小さな大天才/ロアルドダールレインツリーの国/有川浩チョコレートアンダーグラウンド/アレックスシアラーきみ… https://t.co/rtAQbOOBI0
namagaki_gyoranアジトで石田衣良の娼年を上映した大人数で観るといろんな視点で観れて面白かった笑った
karasawakarasu石田衣良の「娼年」読了。石田衣良の小説は読んだことなくてドラマの池袋ウエストゲートパークしか知らなかったから、こんな美しい文書く人だとは思わなかったわ。知識が深くて凄いなあ。内容は性的な事も多いけどスッキリと読めました。続きも買ってあるので楽しみ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)