トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石田衣良 > 娼年

娼年(石田衣良)

娼年(著者:石田衣良)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:娼年
  • 著者:石田 衣良
  • ページ数:194
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:408775278X
  • ISBN-13:9784087752786

石田衣良新刊

  • 発売日
    2017年8月8日
  • 書名
    逆島断雄 進駐官養成高校の決闘編1 (講談社文庫)
  • 発売日
    2017年5月19日
  • 書名
    短編少年 (集英社文庫)
  • 発売日
    2017年5月19日
  • 書名
    人間は愛でできている 石田衣良のスナック恋愛相談対決 人間は愛でできている 石田衣良の恋愛相談対決 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

娼年関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2011.11.25 石田衣良インタビュー

    『娼年』というタイトルから始まったストーリー ――『娼年(しょうねん)』を執筆されたのが10年前、それから7年を経て、3年前に続編『逝年(せいねん)』が発表されました。どちらもタイトルが印象的ですね。

  • 2007.2.26 ひとインタビュー 難しい〜、恋愛がテーマに思い通りになる人生なら失敗 第二十八回 石田衣良さん

    書くことで壁を越えたい 石田衣良さんが小説を書き始めたのは35歳、コピーライター時代だ。フリーでも、そこそこ働いていれば収入があった。子どものころから描いていた理想の生活を手に入れたのに、満たされなかった。人生に物足りなさを感じている石田さんの背中を押してくれたのは、女性誌の占いのことばだという。翌日から書き始め、今日にいたっている。

  • 2006.6.1 きらら熱烈インタビュー 第11回 石田衣良 さん

    気持ちのいい友人のような小説をこれからも書いていきたい! 次号から「きらら」で新連載小説をスタートさせる石田衣良さん。旺盛な執筆活動のかたわら文学賞の選考委員や公の場での発言など、いまその動向がもっとも注目される小説家のひとりだ。

石田衣良のその他受賞歴(候補含む)

娼年関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

passage_botヴァイオリンはただメロディをなぞるものではなかった。たったひとつの響きで空気の分子ひと粒ずつを磨きあげ、その場の雰囲気を豹変させる魔法の道具だ。嘘ではない。その瞬間、ぼくには金の粉でもはたいたように部屋中が明るく煙って見えたのだから。―「娼年」石田衣良
kotonoha0127ある人が語るストーリーが世間の常識やよい趣味からはずれていくとき、身をひいて心を離してしまうのではなく、それまでよりもっと耳を澄ますようになった。欲望の秘密はその人の傷ついているとろや弱いところにひっそりと息づいているからだ。(『娼年』石田衣良)
necojiita7年前にお客がくれた文庫本を最近になって読んだ。石田衣良さんの『娼年』という作品。何故今頃になって読もうと思ったのかは偶然でも必然でもあると思う。私も作品に出てくる御堂静香と同じような人生を辿るのではないかと思ってしまった。
tai0804【娼年 (集英社文庫)/石田 衣良】を読んだ本に追加 → https://t.co/WWqPjhAOZu #bookmeter
koyuzuno3石田衣良の娼年は神作品ですよ 卒論で扱ってます、、笑
saku_hanken@sasaha__a3 娼年置いてないのは若干謎……石田衣良って有名所じゃないのか……?偶然売れて入荷待ちなのかも?
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)